チームの情報収集をAIで最適化!
メンバー間の情報格差もなくす

LESS THAN 42 DAYS

Anews

プロジェクト概要

日々、膨大なニュースが流れているWEB空間において、そのとき本当に必要な情報を見極めるのは至難の業。自分1人でもそうならば、ましてや会社やプロジェクトのチームでそれらを共有するのはさらに難しいものです。本プロジェクトは、AIのディープラーニングを用いてチームの構成員一人ひとりの情報収集行動を解析し、国内外の3万はくだらないと言われるメディアが発信する30万以上の記事からチームに最適であると判断された情報をピックアップ。企業や部署単位で一斉に配信することで、組織の情報収集の効率化・最適化を実現し、同時にメンバーの情報感度の底上げを担うサービス「ANews」の運営を行っています。

100BANCHを拠点にその開発・改善をしていく予定です。

TAG

  • #メディア

  • #ニュース

  • #AI

CONTACT

PROJECT TEAM

林 達 │CEO

東京大学文学部宗教学科卒業伊藤忠商事入社学生時代アジアの富裕層向けのインバウンドサービスを提供するベンチャーをスタートさせ都内市区町村共同事業実施また学生時代よりコンサルティング会社にてIT産業のコンサルティング業務従事

有馬 幸介 │CTO

東京大学大学院情報理工学系研究科にて、機械学習・ディープラーニングを研究。新日鉄住金ソリューションズにて大企業へのAI導入を推進。

谷本 龍一 │ チーフエンジニア

慶應義塾大学大学院理工学研究科にて、最先端のバイオ研究に対し、画像のディープラーニングによるアプローチで高い研究成果を残す。

原部 智哉 │ チーフストラテジスト

東京工業大学大学院物理情報システムにて、機械学習を研究。新日鉄住金ソリューションズではCTO同様AI案件に従事。

森住 裕介 │ チーフアルケミスト

東京工業大学大学院物理情報システムにて原部同様機械学習を選考し、IBMにてクラウドエバンジェリストとしてスタートアップ支援に従事。

真嶋 博巳 │ セールスマネージャー

早稲田大学文学部卒業後、新日鉄住金ソリューションズにて官公庁向けの大規模開発のコンサルティング業務に従事。営業マネージャーとして、200名規模の開発チームを率いて、営業から開発、保守運用まで複数プロジェクトを成功に導く。

mentor林 千晶

株式会社ロフトワーク代表取締役

1971年生、アラブ首長国育ち。早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間530件を超える。 書籍『シェアをデザインする』『Webプロジェクトマネジメント標準』『グローバル・プロジェクトマネジメント』などを執筆。2万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。MITメディアラボ 所長補佐(2012年〜)、グッドデザイン審査委員(2013年〜)、経済産業省 産業構造審議会製造産業分科会委員(2014年〜)も務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称ヒダクマ)」を岐阜県飛騨市に設立、代表取締役社長に就任(2015年4月〜)。