WHAT IS ナナナナ祭

ナナナナ祭は「未来をつくる実験区 100BANCH」の夏の文化祭です。

文化祭の主役は未来をつくる野心的な若者たち。彼らのビジョンと個性が入り混じる、試作展示やイベントなど、実験的プログラムが繰り広げられます。

なかには、何度見ても何度聞いても理解できないものもあるでしょう。考えたことのないもの、フィクションと思えることもあるかもしれません。そんな不可解で非常識な実験を、間近で体験してください。

http://100banch.com/nanananasai/2019

2018のナナナナ祭ダイジェスト

開催概要

  •  イベント名:100BANCH ナナナナ祭
  • 開催期間:2019年7月6日(土)〜7月14日(日)
  •  開催場所:100BANCH(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1) 1F LAND/2F GARAGE/3F LOFT 
  • 入場料:無料(一部有料、チケット制)
  •  主催:100BANCH ナナナナ祭実行委員会
  •  協力:パナソニック株式会社/株式会社ロフトワーク/カフェ・カンパニー株式会社

SHARE

サンゴ礁を人工的に飼育し、海に返す体験をー。100BANCHで『渋谷にサンゴ礁を作ろう!』を開催

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区 100BANCH」で活動している『イノカ』がサンゴ礁ウィーク2019に参加し、『渋谷にサンゴ礁を作ろう!』を開催します。
「人と魚が寄り添う社会」を目指すイノカが実施するこのイベントはサンゴの小さいかけら『フラグ(fragment)』 を人工的に大きく育てて海に返すという、サンゴ礁の保全活動を体験するもの。参加者には親株のサンゴを折ってできたフラグを岩にくっつけ、 イノカが100banchで管理している水槽に入れていただきます。
水槽に入れたサンゴのかけらたちは、100BANCHの水槽で大きく育てて海に返すことで渋谷で育ったサンゴたちが自然にかえっていくまでを体験。参加者の方は、水槽でのサンゴの成長過程をオンラインでいつでもご鑑賞いただけます。
 
 
イベント開催にあたって

綺麗な海から離れた、東京という場所に住む方たちに、サンゴの生体を身近に感じてもらい、サンゴがどのように育つのか、どれほど「成長が遅いのか」を実感してほしい。サンゴ礁を破壊すると、元に戻すにはとても時間がかかるということを知っていただき、環境への意識を少しでも変えるきっかけになればとこのイベントを企画しました。ぜひご参加ください。

詳細はこちらご覧ください

http://100banch.com/events/15466

 

SHARE

様々な視点から「昆虫食」を見つめる5プロジェクトによる発表、展示、実食で「食」をアップデート!

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区 100BANCH」で冬籠りした虫が這い出る「啓蟄の日」に昆虫食がもつ隠された魅力や可能性、社会的な影響を複眼的に考える『昆虫食解体新書 #啓蟄祭』を開催します。
いまだにゲテモノ料理として食べることに違和感や抵抗を持たれることが多い昆虫食ですが、様々なジャンルのクリエイターが「昆虫」という未知な食材をそれぞれの視点から解体し、様々なカタチへとデザインされています。
3月6日の「啓蟄の日」は冬籠りしていた虫が這い出るとされる日。昆虫にとっての「生誕」、「目覚め」、「出発」の区切りとなる日に昆虫食をテーマに活動する5プロジェクトを招き、発表&展示・実食や交流を行うMeetUpイベントを実施。
実験的なアプローチでそれぞれが取り組むプロジェクトの展示&実食や今後の活動内容の発表と交流を通し新しいアイディアが生まれる場となることを目指します。

 
詳細はこちらのページをご覧ください。

SHARE

100BANCHで活動するORQUESTをはじめ、“映画館ではない場所” での映画の楽しみ方を提案する7団 体が登壇

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来 をつくる実験区 100BANCH」で活動している『ORQUEST(株式会社ポルトレ)』が“映画館ではない場所” での新しい映画の楽しみ方を提案するフォーラム型イベント「ニューシネマサミット~オープンイノベーショ ンで作る新しい映画体験~」を、株式会社ビジュアルボイスとの共催で開催します。 このイベントでは砂浜や森の中のキャンプ場、博物館や老舗レストラン、ドライブインシアターなど映画館で はない場所での上映イベントを企画している7団体の主催者による活動紹介やクロストークを通し、新しい映 画体験の価値や課題を共有するとともに、新しい映画体験の更なる発展を目指します。 さらに登壇するフロントランナーの皆さんと、これから上映活動を始めようとされている方や、上映ができる 場所をお持ちの方、何かの形でコラボレーションを考えている方々との間につながりを作るネットワーキング セッションも実施。コミュニティ運営に課題をお持ちの皆さん、「映画上映会」というアプローチを考えてみ ませんか?

・イベント概要

■日時:2月15日(金)18:30~21:30(開場18:00)
■会場:100BANCH 3F LOFT(渋谷区渋谷3-27-1/JR渋谷駅新南口から徒歩約2分)
■参 加 費:事前申込 2,000円/当日券 2,500円 ※満席の場合は立ち見でのご案内となります
■申込方法:https://sst-online.jp/magazine/3557/
■主催:株式会社ビジュアルボイス/ ■共催:株式会社ポルトレ

・タイムテーブル

18:30〜19:00 イントロダクション・ショートフィルム上映
19:00〜20:20 セクション1:ゲスト活動紹介
20:30〜21:00 セクション2:クロストーク
21:00〜21:30 セクション3:ネットワーキングセッション

 

・ゲストプロフィール

有坂塁(ありさか・るい)/移動映画館「キノ・イグルー」代表

フィンランド映画界の鬼才アキ・カウリスマキから直々に名付けられた「キノ・イグルー(kinoiglu)」、日本語訳で「かまくら映画館」の意。2003年に中学校の同級生である渡辺順也とともに設立。映画館やカフェ、本屋、雑貨屋、学校など様々な空間で、世界各国の映画を上映。映画のイメージにあわせた、コース料理やデザート、ライブ、写真展、イラスト展なども開催し、作品から広がる世界を表現している。
http://kinoiglu.com/ 

石原 弘之(いしはら・ひろゆき)/(株)ポルトレ「オフィスDEえいが」代表

1987年生まれ。愛知県江南市出身。フィルムメーカー。2015年(株)ポルトレを設立。2017年に浅草の老舗パン屋の商売哲学に迫った『74歳のペリカンはパンを売る。』を企画製作・配給し全国22館ロードショーを実現。中国での配給を実現。2018年にウガンダの子供達がミュージカルに挑戦する『シンプル・ギフト はじまりの歌声』を配給宣伝。好きな言葉は「故きを温ねて新しきを知る」好きな食べ物はうなぎ。
http://portrait-c.com/ode/

 

伊藤 大地(いとう・だいち)/株式会社ハッチ シアターイベント事業部

「Do it Theater」代表 “あたらしいシーンは、Theaterからはじまる”をテーマにイベントを企画プロデュース。累計3万人以上が来場する「品川 オープンシアター」や横浜赤レンガ倉庫を舞台とした「シーサイドシネマ」、ロックバンドSuchmosとタッグを組んだ 「DRIVE IN THEATER Suchmos」など、あらゆるスタイルの体験を意欲的に作り出している。
https://www.ditjapan.com/

 

唐品 知浩(からしな・ともひろ)/「ねぶくろシネマ」実行委員長

2015年12月より日本全国の遊休空間を活用して38回開催している「ねぶくろシネマ」の実行委員長。別荘専門の不動産 サイト「別荘リゾートネット」の運営をしながら、「ねぶくろシネマ」を主催する地元・東京都調布市の父親たちで結成 した街をリデザインする会社・合同会社パッチワークスのアイディア係長兼営業担当。
https://www.nebukurocinema.com/

 

ちゃっぴー(祖山 裕史)/「旅する映画館 café de cinéma」主宰

映画業界に憧れ、文化施設のコンサルタントからデジタルビジネスを経て、幾つかの企業で映画を中心としたVODサー ビスの立ち上げや企業の立ち上げに参画。現在はsimplpelplus合同会社を設立、主に映画のデジタル関連のライセンスやビジネスに携わる。café de cinémaはライ フワークとして、もっと映画を楽しみ語らうサロン的な雰囲気と場所を目指し、映画だけではなく上映場所や“何か”を合 わせた、気軽な上映会を日々開催している。
https://www.facebook.com/cafedecinema/

 

長島 源(ながしま・げん)/逗子海岸映画祭実行委員長、CINEMA AMIGO館長

1978年神奈川県逗子市生まれ。モデル、ミュージシャンとしても活躍。2009年、30歳の時に志津野雷(CINEMA CARAV AN 代表)と生まれ育った逗子にカルチャー発信型の映画館CINEMA AMIGOを立ち上げる。開館9年目のCINEMA AMIG Oは映画だけでなく逗子、葉山、鎌倉エリアの音楽、食、アートの発信基地として地元に愛される存在となっている。
https://zushifilm.com/

 

三宅 恭平(みやけ・きょうへい)/株式会社Construct film works代表取締役

香川県にてミニシアターの再建に従事し、2013年上京。2014年に上映企画宣伝配給会社として Construct film worksを個人事業としてスタート。野外シネマフェス『MUJINTO cinema CAMP』、イベ ント『NEW CINEMA DINING』などをスタート。2016年12月1日株式会社Construct film worksを設立。 代表取締役に就任。2017年11月に池尻大橋にてWhims coffee and barをオープン。『映画の生態系を つくる』をテーマに活動中。
http://constructfilmworks.com/

 

志津野 雷(しずの・らい)/CINEMA CARAVAN代表

1975年生まれ鎌倉育ち。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。幼い頃より自然に囲まれ、いつしかその尊く美しい様子 にファインダーを向け始める。近年、活動の場を国内外に拡げ、訪れた場所の背景にある文化やそこで暮らす人々に着目 し独自の視点で写真を撮り続けている。ANA機内誌「翼の王国」等雑誌、Ron Herman等広告撮影の他、現代美術作家栗 林隆氏、騎馬劇団『ZINGARO』ドキュメンテーションの撮影などARTISTとのコラボレーション制作にも力を注ぐ。201 6年には初の写真集「ON THE WATER」を発表。2017年には初監督作品「Play with the Earth」発表。逗子海岸映画祭を 立ち上げ移動式野外映画館『CINEMA CARAVAN』を主宰し、国内外で活動するなど、その活動は写真家の域を超えて多 岐に渡る。
https://www.raishizuno.jp/
http://playwiththeearth.com

 

<司会>
大竹 悠介 (おおたけ・ゆうすけ)/「ブリリア ショートショートシアター オンライン」

編集長 大学院でジャーナリズムを専攻した後、広告代理店勤務を経て現職。「映画体験の現代的な価値」をテーマに全国の取り 組みを継続取材中。ショートショートではWEBマネージャーやクリエイターコミュニティの運営を兼務。
https://sst-online.jp/

—————————————-

当プレスリリースURL
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000034018.html

100BANCHのプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/34018

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
100BANCH事務局 広報担当:則武・小仲
メールアドレス: press@100banch.com

SHARE

100BANCHのGARAGE Programに入居中の『アイカサ』がメガネスーパー都内30箇所にて導入、渋谷を飛び出して都内に進出を果たします。
現在渋谷区を中心に約90箇所で展開している『アイカサ』は1日70円で傘をレンタルできるシェアリングサービス。『アイカサ』を利用することで午後から雨予報の日でも傘を持たずに外出でき、一時的な雨のために傘を無駄に購入するようなこともなくなります。
春先にはメガネスーパー100店舗でのサービス拡大も検討中。好きな時に借りどこでも返せる、傘を持つ必要がない社会を目指します。
このたび、メガネスーパー導入を記念して2/28(木)まで利用料金3日間分(210円)が無料に!この機会にぜひご利用ください。
 
<サービス導入の背景>
ただでさえ視界の悪くなる雨の日。メガネを着用されているお客様からの『雨でメガネが濡れると凄く不快。拭いても水滴が取れず、視界が悪いままで、とてもストレスに感じる』という声をもとに、『アイカサ』の導入を提案し実現に至りました。メガネ着用者は勿論、メガネと普段は縁のない地域の方に向けても、メガネスーパーの店舗を通し『快適な雨の日ライフ』を提供します。
 
<メガネスーパー導入記念!利用料金無料キャンペーン>

2月1日(金)から、2月28日(木)までのアイカサ利用料金3日間分(210円)が無料に!
期間:2月1日(金)〜2月28日(木)
対象スポット:全てのアイカサスポット

<メガネスーパーより>
今回の提携は、お客さまの利便性の更なる向上のため導入いたしました。またメガネ、コンタクトレンズ、補聴器のお買い物やメンテナンスといった目的以外でも近隣の皆様との接点を創出し、お役に立つことで、当社店舗のご利用に繋がればと考えております。

導入店舗
三鷹コラル店/阿佐ヶ谷パールセンター店/高円寺パル店/MSCL大宮DOM店/永福町店/三軒茶屋店/溝ノ口本店/武蔵小杉店/吉祥寺ダイヤ街店/横浜西口店/新宿メトロピア店/池袋マルイ店/五反田エキナカ店/秋葉原駅前店/神田西口店/新橋外堀通り店/高田馬場本店/王子店店/渋谷松濤店/八重洲日本橋店/水道橋店/上野広小路店/カラール広尾店/麻布十番店/メガネスーパーコンタクト渋谷店/新宿中央東口店/四ツ谷駅前店/門前仲町店/神楽坂店/ビジョナリーホールディングス本社
 

傘のシェアリングサービス『アイカサ』とは


「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の傘のシェアリングサービスです。突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が上がった際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるサービスです。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし「雨の日のモビリティーサービス」としてのインフラを構築し完全に傘をシェアする社会をミッションにしています。
http://100banch.com/projects/13854/
https://i-kasa.com/

メガネスーパーとは
全国約389(グループ連結店舗数平成31年1月末日現在)店舗にて、お客様1人ひとり異なる眼のお悩みや生活環境に応じたアイケアサービス・商品を提供。メガネスーパーの強みは、累計1,000万人を超えるお客様の情報に基づいた「眼」に関する豊富な経験と知識、そして、長年研鑽を重ねてきたスタッフ達の技術水準の高さです。これらを活かして、当社は、お客様1人ひとり異なる眼のお悩みや生活環境に応じたアイケアサービス商品を提供。さらに、お客様のQOL(Quality of life/生活の質、人生の質)の向上につながるアイケアの可能性に挑戦し続けています。
https://www.meganesuper.co.jp

SHARE

100BANCHで活動するプロジェクトから、5つのプロジェクトが最新のプロトタイプを展示!
パナソニック、カフェ・カンパニー、ロフトワークの3社が共同で運営する100年先の世界を豊かにするための価値創造に挑む実験区「100BANCH」が、2019年1月8日から11日の4日間、米国ネバダ州・ラスベガス市で開催される、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「CES 2019」に出展します。100BANCHは、世界中から次世代を担うスタートアップ企業や投資家などが集う場所として年々注目を集める「Sands」にブースを構え、ミレニアル世代が自由な発想でつくる未来のテクノロジーを紹介。IoTティーポット「Teplo」、編み物を使ったデジタルファブリケーション「Solidknit」、影が七色に色づく照明器具「RGB_Light」など、5つのプロジェクトが最新のプロトタイプを展示。東京渋谷を飛び出しグローバルな公開実験に挑戦します。
 
【「CES 2019」100BANCH出展情報】
期間:2019年1月8日(火)~11日(金)(米国時間)
場所:Sands 、Halls A-D(♯42711)
出展場所の詳細は下記URLをご参照ください。
100BANCH, Panasonic
https://ces19.mapyourshow.com/7_0/floorplan/?hallID=X&selectedBooth=booth~42711
 
 
<出展プロジェクト>
 
■ お茶の最適な抽出を自動で行う急須『IoT teapot teplo』
 
 
お茶は、温度や蒸らし時間で味や効能が大きく異なります。『IoT teapot teplo』は、最適な抽出方法を自動で選択し、最もおいしい状態で楽しむことができるIoT急須です。今回はプロトタイプを展示。見た目はよくある電気ポットのようですが、中には球体の茶こしが設置され、その回転を制御することによって茶葉の蒸らしすぎを防ぐという独自の構造。最終的には、人の好みや体調に合わせてお茶を提供できるところまで目指し、食パーソナライゼーションを描きます。
出展プロジェクト詳細|http://100banch.com/projects/11142/
 
■ 編み物を使ったデジタルファブリケーション『Solidknit』
 
 
編み物の要領で中身が詰まった立体物を編む「ソリッド編み」を使った、新たなデジタルファブリケーション「Solidknit」。長い1本の糸を使ってまるで3Dプリンタのように立体物を作ることが可能になれば、変更したい箇所まで解き修復したり、完成品を解いて全く別の構造体を作れたり、今までの3Dプリンタにはない極めてデジタルなものづくりが可能となります。今回は、実際に動く編み機のプロトタイプを展示予定。サスティナブルな未来の製造技術としてご紹介いたします。
出展プロジェクト詳細|http://100banch.com/projects/10126/
 
■ 循環型食料生産システム『Now Aquaponics!』
 
 
水産養殖と水耕栽培をかけあわせ、魚と植物を同じ環境で育てる農法「アクアポニックス」と都市型菜園「Growroom」を組み合わせた食料供給の未来を考えるシンボルを展示。直径は約2.5m。真ん中に置かれた水槽では魚が育ち、そこから水がポンプで組み上げられ、周囲に置いた約700鉢もの植物に給水される構造。多種多様な美しい植物で飾られ、これ1つで地球を表現しているかのように佇みます。地球が抱える環境や食料の問題にどう向き合うのか。未来の食糧供給のあり方を提案します。
出展プロジェクト詳細|http://100banch.com/projects/now-aquaponics/
 
■ 影を楽しむ照明『RGB_Light』
 
 
光の3原色の原理を利用して、普段見ている白い光と対象物の中に、分解された七色の影が現れるという不思議な体験が味わえる照明器具「RGB_Light」。今回は、今までご紹介してきたものからサイズを大型化し直径約1mの巨大「RGB_Light」を展示。自分自身の体が「RGB_Light」の光に覆われ、動く度に七色の影が地面を踊ります。「影は黒」という概念を更新し、光と同時に影をデザインする新しい体験を提案。クリエイティブな空間を演出できる照明器具として紹介します。
出展プロジェクト詳細|http://100banch.com/projects/rgb_light/
 
■ 吹き出し型翻訳機『Fukidashi』
 
 

異文化間のカジュアルなコミュニケーションを促進することを目的として作られた翻訳機「Fukidashi」。漫画の吹き出し型をした形状で、両面にタブレットが搭載されおり、片側で話すと反対側には翻訳された文字が表示される仕組み。両面ディスプレだからこそ、対面での会話を促し、さらに話す人の傍にまるで漫画のように言葉が現れるゆるくカワイイ雰囲気が、何気ない会話を生み出します。現在は日中韓英の4言語に対応。今後、対応言語を増やす予定。今回はプロトタイプを展示し、実際に翻訳機能を体験できます。
出展プロジェクト詳細|http://100banch.com/projects/fukidashi/

—————————————-

 

SHARE

若きエネルギーをぶつけて活動する学生主体の団体を募集!

パートナーシップ団体を認定し、未来に向けた実験の機会を提供

学びのフィールドは学校だけじゃない

100BANCHは「未来をつくる実験区」として、2017年7月7日のオープンから、U35世代のリーダーたちとジャンルを問わない様々な実験を渋谷で行ってきました。今回、そうした実験をより広い学生主体の団体と共同で実施し、互いの実験から得た学びを共有し合える場をつくるために、学生連携プログラム「STUDENT PARTNERSHIP」をスタートすることにしました。学生団体の追求するフィールドと100BANCHのメンバーが追求するフィールドとの化学反応を起こし、参加される団体のみなさんとTryal & Errorを重ねながら、100年先へとつながる面白い取り組みへと進化させていきましょう。

認定基準

 

審査基準

1.団体としての目指すビジョンが明確であること

2.学生団体としての活動が継続的かつ組織的に行われていること

3.他の団体と連携して、活動を進化させようとする熱意が感じられること

 

応募資格

  • 100BANCHの理念に共感し、新しい価値の創造に挑む学生主体の団体であること
    (※研究室・ゼミ・サークル・学生団体等、形式は問いません。高校生団体でも応募可能です。)
  • 団体の構成員が5名以上であること
  • 団体の代表者が学生であること
  • 責任を持って活動を推進し、社会に向かって意欲と熱意を持っていること

 

認定期間

  • 認定日から、翌年の7月6日まで。(通年募集・随時採択)
  • 更新については、毎年6月に活動実績/活動計画を基に審査を実施して決定

 

得られる機会

 

イベントへの参加

  • 月に1回実施するGARAGE PROGRAM実験報告会への優先/無料招待枠
  • 100BANCHで開催されるイベントへの無料招待枠(募集時に告知)

BANCHメンバーとの交流

  • 毎月開催のBANCHメンバー向けイベントの招待枠(募集時に告知)
  • パートナーシップ団体メンバーとBANCHメンバーのFacebookグループへの参加

活動発表機会

  • 100BANCHの3F Loftでのイベント開催権(審査あり/各団体 半年に1度)
  • 3月に実施予定の100BANCH合同卒展への出展機会(審査あり)

活動相談&出張授業

  • 団体の活動や応募に関する個別相談
  • 100BANCHの活動及びメンバーの活動を聞ける出張講座(要相談)

広報協力

  • 100BANCH認定団体として、パートナー認定ロゴの使用が可能(要申請)
  • 100BANCHのメディア/SNS/PRでの活動の広報協力

 

認定の流れ

応募は下記URLフォームより随時受け付けます。

https://formcreator.jp/answer.php?key=JhH90aKpmL5NOvFGbUHZ0Q%3D%3D

 

合同展の実施

2019年3月にパートナー団体を集める合同卒展(仮称)を100BANCHで実施予定です。詳細につきましては随時100BANCHのWEBサイトでアップデートを共有させていただきます。

 

—————————

<応募を検討している団体の方へ>個別相談のお知らせ

 

毎月100BANCHで開催をしている卒業プロジェクトが活動内容を報告する実験報告会で、Student Partnership応募に関する個別相談を受けつけます。また一般1,000円のところを、応募希望者は無料でご招待するほか、100BANCHの1年間の軌跡をまとめた1/100 BANCH BOOKを団体に1冊までプレゼントさせていただきます。

【日時】 11月28日(水) 19時半~21時 
【会場】100BANCH 3F Loft


【参加費】1000円(以下プロモーションコードで参加費が無料。コード|spticket)


 

【詳細】http://100banch.com/events/13104/

 

本プログラムの問い合わせ
100BANCH事務局 STUDENT PARTNERSHIP担当 加藤宛
メールアドレス:contact@100banch.com

 

 

本資料のPDF版は以下URLからダウンロードください。

https://drive.google.com/file/d/17ynCR3cm6JJuERzTvNH1cxHN9geexJlg/view?usp=sharing

SHARE

100BANCHで活動するプロジェクトから、アートやデザインをテーマに取り組む7プロジェクトが出展!

100BANCHは、10月19日(金)から28日(日)までの10日間、東京の主要エリアを舞台に、デザインシーンの新たなムーブメントとして注目が高まるデザイン&アートのフェスティバル「DESIGNART TOKYO (デザイナート・トーキョー) 2018」に参加出展します。会場は100BANCH(渋谷区渋谷3-27-1)の2F GARAGE。ダウン症のアーティスト・八重樫季良が描くカラフルな建築物を立体として可視化する作品や、世界一薄い和紙を紙活字®︎で印刷した素材を使用したインスタレーション、身の回りの環境音で紡ぐ音楽を体験できる装置、実際に測定した100人分の血糖値と食事のデータから立体作品とアートブックの展示など100BANCHで活動するプロジェクトが”感動の入り口”へと誘います。

日時:10月19日(金)〜28日(日)10:00-22:00

入場無料・予約不要

 

<展示&インスタレーション>
■ MUKU
作家・八重樫季良(やえがし きよし)
作品名・八重樫季良の家

 

るんびにい美術館(岩手県・花巻市)に所属するダウン症のアーティスト、八重樫季良が描く一見抽象的な幾何学パターン。彼が描き出すカラフルな建築物を「模型、グラフィックパース、見積り、工期等」で可視化します。八重樫季良の意識の上で絵は平面図なのか、立面図なのか。あるいはそれらが入り混じったり、そのいずれでも無かったりするのか。彼が描き出す想像の宇宙が、物理法則や空間のルールにとらわれない超次元的な世界であることを他者に共有します。

 

■ Papertype×Shibuya
作品名・Light as Air

Light as Air は世界一薄い和紙「典具帳紙」に紙活字®︎で印刷表現したインスタレーションです。
世界一薄い和紙である典具帳紙。その品質の高さからルーブル美術館などをはじめ様々な美術館で美術品の修復にも使われています。日本が誇るこの技術と紙活字®︎が合わさることで生まれる可能性を作品に落とし込みました。美術品の修復の材料としてだけではなく、世界一薄い和紙そのものを用いたアート作品となり、商業印刷目的の活版印刷が美術印刷になる。そんな価値を創り出して行きたいということをコンセプトとして Light as Air は生まれました。

 

■ BrainHackSession
作品名・Day Life

環境音を使用した音楽表現はmusique concrèteというジャンルに代表されるように現代音楽において重要な歴史を持っています。しかし、従来の環境音を利用した楽曲はあらかじめ録音され環境音を楽曲のパーツとして使うことがほとんどでした。 そこで私たちはリアルタイムに環境音を録音、処理し、音楽作品として再構築するという体験を提案したいと考えています。身の回りの音と関係し合いながら、音楽をつくり上げていくという体験を通じて、皆さんの音に対する感性が少しでもアップデートされることがあれば幸いです。

 

■ Tsukuroom
作品名・FREE(future room exhibit events) 〜未来のへやを展示するイベント〜

海外や日本のテレビで話題となっているDIY、家で誰でも簡単に安く自分の好きな物を作るための動画メディアを配信しているのがtsukuroomです。
今回は、狭い空間の中に全く違った部屋を2つ用意し、DIYで作れる物はもちろん、おしゃれな家具やその部屋に合ったアイテムを展示します!
その内容は白を基調とした部屋と男前な落ち着いた部屋ー。こんな狭い空間で違った空間を2つ用意できるなんて凄い!と言われるような部屋をご覧いただけます。
※展示期間:10/19(金)~27(土)

 

■ 180mg/dl
作品名・180mg/dl

皆さんは食事によって自分の血糖値がどれくらい上がるかを知っていますか?それを明らかにするために、9/16(日)に渋谷ストリームの開業に合わせて開催した「100BANCH street!」にて、ワンコイン健康診断・血糖値測定を実施しました。

今回のdesignartでは、「デジタルから生まれるフィジカル」をテーマに、100BANCH street!にて測定した100人分の血糖値と食事のデータから立体作品とアートブックを制作します。
本作を通じて、健康について新しい発見をしていただけたら嬉しいです。
※展示期間:10/19(金)~27(土)

 

■ ふんどし部
作品名・New Phantasm in Tokyo 100 years — Inventing Tradition

「これから100年、どんなテクノロジーが、どんな文化が来ようとも、全てはこの身体が起点となる」結わえて、包むという例をみない日本の伝統衣服、ふんどし。 プロダクト・デザイン、インダストリアル・デザインの観点から、新しいシンプリシティ、新しいフェスティバルアイコンとしての 「ふんどし」を世界流通させるためのアートふんどしを展示。

■ RGB_light
作品名・RGB_light

光の3原色の原理を利用して、普段みている白い光と対象物の中に、分解された七色の影が現れるという不思議な体験が味わえる照明器具が「RGB_Light」です。「影は黒」という概念を更新し、光と同時に影をデザインする新しい概念を提案し、クリエイティブな空間を演出できる照明器具として製品化に取り組んでいます。

 

■ ヘラルボニー(MUKU) x Paper Parade(Papertype×Shibuya)
作品名・Colorful ヘラルボニー

福祉を傘にモノ・コト・バショを編集・企画する「株式会社ヘラルボニー」と、紙や印刷の可能性を探り、既成の関係を壊して再構築するきっかけを作る「Paper Parade Prinitng」がコラボレーション。 ヘラルボニーのロゴデザインを軸に紙製の活版印刷用活字を作成。
福祉施設に所属するアーティスト約30名が、引っ掻いたり、ちぎったり、線を入れたりしながら紙活字に躍動感溢れるテクスチャを施します。

 

  • DESIGNART TOKYO 2018とは
デザインとアートを横断する、感動を与えてくれるモノやコトを新たに定義した言葉で、その素晴らしさを発信、共有していくための活動そのものの名前です。“Emotions~感動の入り口~”をコンセプトに、世界中の感動をもたらしてくれるデザイン&アートなモノ・コトを提供していきます。昨年、その活動の初めての発表の場として、表参道・外苑前エリアを中心に72会場、約200組の展示やイベントが行われました。2回目となるDESIGNART TOKYO 2018(開催期間:2018年10月19日~10月28日)は、そのコンテンツをよりインターナショナルに、さらにパワーアップして、様々な文化が交差する東京の街を舞台に、大規模に開催致します。
http://designart.jp/
 

 

SHARE

100BANCH×NHKの共同事業『プロフェッショナル 子ども大学』開校

100BANCH×NHKの共同事業『プロフェッショナル 子ども大学』開校

第1回は伝説のヒットメーカー・佐藤章さん(株式会社湖池屋 代表取締役社長)を講師に迎え、約60名の子どもたちがスナック菓子の商品開発に挑む!

2006年にNHKで放送開始したプロの「仕事」に迫るドキュメンタリー番組『プロフェッショナル仕事の流儀』。100BANCHでは今夏、その制作チームとともにこども向けの共同事業『プロフェッショナル 子ども大学』を開校しました。放送開始以来、350名を超える職業人を取材してきた『プロフェッショナル 仕事の流儀』と、『未来をつくる実験区』を掲げ、若者たちの挑戦を応援する100BANCHが、「働く喜び」や「生きる力」を子どもたちに伝えるため、約1年をかけて準備を進めてきました。 そして開校を迎えた『プロフェッショナル 子ども大学』、第1回のテーマは「ものづくりの『ヒットメーカー』になろう」です。日本を代表するスナック菓子を生みだしてきた“伝説のヒットメーカー” 佐藤 章さんを講師に迎え、約60名の子ども たちは「商品開発」について学びます。

佐藤 章さん(株式会社湖池屋 代表取締役社長)

7月14日(土)に行われた佐藤さんの講義を受け、夏休み期間中には100BANCHで活動する若きイノベーターが講師を務める『流儀ラボ』を実施。今回は、『Cricket Ramen』プロジェクトの篠原裕太さん、『SHIITAKE MATSURI』プロジェクトの竹村賢人さん、『The Herbal Hub to nourish our life.』プロジェクトの新田理恵さん、『polca Cafeteria』プロジェクトの前田塁さんが講師となり、子どもたちにそれぞれの流儀を伝授していきました。

締めくくりとなる最終回、8月26日(日)には子どもたちが考案した「新しいポテトチップス」を発表。さて、どのようなポテトチップスが誕生するのでしょうか…?

また、『プロフェッショナル 子ども大学』はNHKにて番組制作され、放送いたします。放送は2018年秋ごろを予定。本物のプロフェッショナルとの出会い、そして「流儀」に触れる経験は、子どもたちに何をもたらすのか。その瞬間をご覧ください。

●放送概要

タイトル:プロフェッショナル仕事の流儀「子ども大学スペシャル」(仮題)

日時:総合テレビ 9月17日(月)午後10時00分〜10時45分(「プロフェッショナル仕事の流儀」放送枠)

放送: NHK総合、国際放送、オンデマンド配信を予定

【流儀ラボ】

夏休み期間中に実施した100BANCHメンバーによる『流儀ラボ』のレポートはこちらに掲載しています。

 

http://100banch.com/magazine/11729/

▼『流儀ラボ』講師メンバー

『Cricket Ramen』篠原裕太さん

http://100banch.com/projects/8771/

テーマ:昆虫食 人の目を気にせず、「自分の好き」を追求する

 

『SHIITAKE MATSURI』竹村賢人さん

http://100banch.com/projects/shiitake/

テーマ:逆転の発想 当たり前の発想を、あえて逆転させてみる

 

『The Herbal Hub to nourish our life.』新田理恵さん

http://100banch.com/projects/the-herbal-hub-to-nourish-our-life/

テーマ:逆料理 料理を食べる人が、どんな気持ちになってほしいかを考える

 

『polca Cafeteria』の前田塁さん

http://100banch.com/polcacafeteria

テーマ:ITとお金 助け合いの文化で生まれたお金は人を幸せにする

 

■最終講義のご取材について 以下の通り、佐藤章さんによる子どもたちへの講義の最終日を開催いたします。当日、メディアの方には、プレゼンや講義を聴講いただき、講師や子どもたちへの取材時間を設けております。取材をご希望される場合には広報担当までお申込みください。

名称:プロフェッショナル子ども大学「佐藤章の講義 最終日」

日時:2018年8月26日(日)13:00-16:00 会場:100BANCH(東京都渋谷区渋谷3-27-1)

参加:佐藤章さん、60名の小学校5・6年生

 

■メディア関係者コンタクト 100BANCH事務局 

広報担当:則武・小仲 メールアドレス: press@100banch.com

SHARE

メンター決定のお知らせ

100BANCH 2期目の更新にあたり、メンターにご就任いただく皆様が決定しました。各分野のトップランナーであり実践者でもある多彩なメンターが、「100BANCH」で展開されるGARAGE Programのプロジェクトの審査とメンタリングを行います。 分野やジャンルに縛られない多様なアイディアやプロジェクトを、社会へ実装するための知恵を次の世代へ渡していきます。

 (敬称略・五十音順)

秋吉 浩気(VUILD株式会社 CEO)

石川 善樹(予防医学研究者/株式会社Campus for H 共同創業者)

市川 文子(株式会社リ・パブリック 共同代表)

伊藤 亜紗(東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 准教授、環境・社会理工学院 社会・人間科学コース 准教授)

岩佐 琢磨(株式会社Shiftall 代表取締役CEO)

岩田 洋佳(東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授)

江渡 浩一郎(国立研究開発法人産業技術総合研究所 主任研究員/ニコニコ学会β交流協会 会長/メディアアーティスト)

大嶋 光昭(パナソニック株式会社 元 理事・技監/京都大学 特命教授/(公財)京都高度技術研究所 フェロー)

加藤 晃央(世界株式会社 / CEKAI 共同代表/株式会社モーフィング 代表取締役)

楠本 修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)

鈴木 敦子(NPO法人ETIC. 理事、事務局長)

関谷 武裕(「トーチweb」創刊編集長)

高宮 慎一(グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP) パートナー、Chief Strategy Officer)

田中 開(The OPEN BOOK 店主)

西村 真里子(株式会社HEART CATCH 代表取締役)

長谷部 健(渋谷区長)

林 千晶(株式会社ロフトワーク 代表取締役)

廣川 玉枝(SOMARTA Creative Director / Designer)

水野 雄介(ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO)

宮城治男(NPO法人ETIC. 代表理事)

米良 はるか(READYFOR株式会社 代表取締役CEO)

山内 康裕(マンガナイト/レインボーバード合同会社 代表)

横石 崇(「TOKYO WORK DESIGN WEEK」発起人、オーガナイザー/&Co.Ltd代表取締役)

詳細はこちらのページをご覧ください。

http://100banch.com/garage-program/

SHARE

100BANCH 1周年記念文化祭 / 2018年7月1日(日)〜 7月8日(日)

『100BANCH ナナナナ祭 〜未来をつくる公開実験〜』

ナせばナるナさねばナらぬ 8日間

未来をつくる実験区100BANCHが1周年を記念して、7月1日より8日間の夏の文化祭を開催!

2018年7月7日に1周年を迎える100BANCHでは、7月1日より8日間に渡り100BANCHの今とこれまでの軌跡をまとめた複合型イベント『ナナナナ祭』を開催します。文化祭の主役は100BANCHを舞台に「未来をつくる実験」に取り組む若者たち。彼らが核となり「次の100年へ」を表す多様なテーマをそれぞれのスタイルで一般公開いたします。プログラムは8日間で30を超え、1周年記念日となる7月7日(土)には和田永さん率いるエレクトロニコス・ファンタスティコス!はじめ注目のアーティストによるナイトイベント「PHANTASM TOKYO」も計画中。また、100BANCHのメンターである各界のトップランナーも交えたシンポジウムも予定しています。

『ナナナナ祭』では、何かに「発症」したように、ひたすらつくりたい未来を追求している次世代リーダー達の熱気とその活動内容を体験いただけます。ぜひお気軽にお越しください。

SHARE

100BANCHが、2018年3月28日(水)、29日(木)に東京ビッグサイトで開催される「Slush Tokyo 2018」に出展します。

Slush Tokyoでは、100BANCHのコアプログラムである「GARAGE Program」に参画しているプロジェクトの中から、以下の9チームの活動を紹介します。

【Slush Tokyo 2018出展プロジェクト】

▼Fukidashi
http://100banch.com/projects/fukidashi/
言語の文化の壁によって自然なコミュニケーションが生まれにくい外国人観光客と日本の関わりの中に、相手に話しかける”きっかけ”を提供することで何気ないカジュアルな会話や交流を生む「吹き出し」型翻訳機です。

▼RGB_Light
http://100banch.com/projects/rgb_light/
赤、緑、青の「光の3原色」を別々に照射することで、白い光の中に、7色のカラフルな影が現れるという不思議な体験を可能にします。

▼Fundoshi Hack Project
http://100banch.com/projects/fff/
日本の伝統的肌着”ふんどし”を「表現者のためのファッションウェア」と位置付け、アートやテクノロジーとのコラボレーションによって、日本文化の「次の100年」のアウトプットを目指します。

▼KISABURO KIMONO Project
http://100banch.com/projects/kisaburo-kimono-project/
伝統的な裁断や縫製によって培われてきた着物に、現代の技術を掛け合わせることで、新しい着物の生地開発や未来型の着物を制作し、着物文化を次世代に紡いでいきます。

▼NODOKA
http://100banch.com/projects/nodoka/
日本茶をまるごと「食べる」ことが出来るオーガニック日本茶・抹茶パウダーNODOKA(ノドカ)を使ってワークショップや新しいお茶レシピの考案を行い、現代の感覚で伝統ある日本茶に新しい魅力を発見していきます。

▼HACO Project/Teenet
http://100banch.com/projects/haco-robot/
様々な拡張性と低コストを可能にするパーソナルロボット「HACO」の開発を行います。

▼Future Insect Eating
http://100banch.com/projects/future-insect-eating/
根本的に昆虫食をデザインしていくために、料理の前段階の下処理の方法の発見や昆虫の部位ごとのリサーチ、新しい昆虫ならではの肉の制作、昆虫食の新しい食べ方の提案・制作、その他にも昆虫を食材にするための試行錯誤を行います。

▼SHIITAKE
http://100banch.com/projects/shiitake/
植物性の出汁にも動物性の出汁にも含まれない「グアニル酸」という菌類独自のうまみ成分を多く含むしいたけを使って、菜食主義の人に対して日本流のうまみの掛け合わせを広めることを目標にしています。

▼Now Aquaponics!
http://100banch.com/projects/now-aquaponics/
アクアポニックスとは、水産養殖と水耕栽培をかけあわせ、魚と植物を同じ環境で育てる農法のこと。ひとつの小さな生態系そのものであるこの農法を大都会・渋谷で実践することで、私たちが食べているものがどのように作られているかを可視化し、地方と都市を繋ぐ媒体とします。

【Slush Tokyo 2018 開催概要】
日時:2018年3月28日(水)、29日(木)
会場:東京ビッグサイト (東京国際展示場)〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11−1
公式サイト:http://tokyo.slush.org/

SHARE