100BANCHが、2018年3月28日(水)、29日(木)に東京ビッグサイトで開催される「Slush Tokyo 2018」に出展します。

Slush Tokyoでは、100BANCHのコアプログラムである「GARAGE Program」に参画しているプロジェクトの中から、以下の9チームの活動を紹介します。

【Slush Tokyo 2018出展プロジェクト】

▼Fukidashi
http://100banch.com/projects/fukidashi/
言語の文化の壁によって自然なコミュニケーションが生まれにくい外国人観光客と日本の関わりの中に、相手に話しかける”きっかけ”を提供することで何気ないカジュアルな会話や交流を生む「吹き出し」型翻訳機です。

▼RGB_Light
http://100banch.com/projects/rgb_light/
赤、緑、青の「光の3原色」を別々に照射することで、白い光の中に、7色のカラフルな影が現れるという不思議な体験を可能にします。

▼Fundoshi Hack Project
http://100banch.com/projects/fff/
日本の伝統的肌着”ふんどし”を「表現者のためのファッションウェア」と位置付け、アートやテクノロジーとのコラボレーションによって、日本文化の「次の100年」のアウトプットを目指します。

▼KISABURO KIMONO Project
http://100banch.com/projects/kisaburo-kimono-project/
伝統的な裁断や縫製によって培われてきた着物に、現代の技術を掛け合わせることで、新しい着物の生地開発や未来型の着物を制作し、着物文化を次世代に紡いでいきます。

▼NODOKA
http://100banch.com/projects/nodoka/
日本茶をまるごと「食べる」ことが出来るオーガニック日本茶・抹茶パウダーNODOKA(ノドカ)を使ってワークショップや新しいお茶レシピの考案を行い、現代の感覚で伝統ある日本茶に新しい魅力を発見していきます。

▼HACO Project/Teenet
http://100banch.com/projects/haco-robot/
様々な拡張性と低コストを可能にするパーソナルロボット「HACO」の開発を行います。

▼Future Insect Eating
http://100banch.com/projects/future-insect-eating/
根本的に昆虫食をデザインしていくために、料理の前段階の下処理の方法の発見や昆虫の部位ごとのリサーチ、新しい昆虫ならではの肉の制作、昆虫食の新しい食べ方の提案・制作、その他にも昆虫を食材にするための試行錯誤を行います。

▼SHIITAKE
http://100banch.com/projects/shiitake/
植物性の出汁にも動物性の出汁にも含まれない「グアニル酸」という菌類独自のうまみ成分を多く含むしいたけを使って、菜食主義の人に対して日本流のうまみの掛け合わせを広めることを目標にしています。

▼Now Aquaponics!
http://100banch.com/projects/now-aquaponics/
アクアポニックスとは、水産養殖と水耕栽培をかけあわせ、魚と植物を同じ環境で育てる農法のこと。ひとつの小さな生態系そのものであるこの農法を大都会・渋谷で実践することで、私たちが食べているものがどのように作られているかを可視化し、地方と都市を繋ぐ媒体とします。

【Slush Tokyo 2018 開催概要】
日時:2018年3月28日(水)、29日(木)
会場:東京ビッグサイト (東京国際展示場)〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11−1
公式サイト:http://tokyo.slush.org/

SHARE

2018年3月10日(土)~3月13日(火)にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで開催される、デジタル・インタラクティブや映画・音楽の分野での世界的規模の大型展示会「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)2018」のインタラクティブ部門・Panasonic House内に、100BANCHが出展します。

【出展概要】

日時:2018年3月10日(土)~3月13日(火)9:30~20:00(最終日のみ17:00に終了)

出展場所:301 East 6th St., Austin, TX 78701

 

出展プロジェクト:

100BANCHで活動する50以上のプロジェクトの内、以下の4つを展示します。

 

▼Fukidashi

世界共通のコミュニケーションアイコン「吹き出し」を翻訳機にし、言語の壁によって自然なコミュニケーションが生まれにくい外国人との関わりの中に、話しかける”きっかけ”を提供します。
http://100banch.com/projects/fukidashi/

 

▼RGB_Light

赤、緑、青の「光の3原色」を別々に照射し、3原色が重なるところは白、ずれる部分には無数の色のグラデーションが現れる不思議な体験を可能にしてくれる照明器具を提案します。

http://100banch.com/projects/rgb_light/

 

▼Fundoshi Hack Project

日本の伝統的肌着”ふんどし”を「表現者のためのファッションウェア」と位置付け、アートやテクノロジーとのコラボレーションによって、日本文化の「次の100年」のアウトプットを目指します。

http://100banch.com/projects/fff/

 

▼KISABURO KIMONO Project

伝統的な裁断や縫製によって培われてきた着物に、現代の技術を掛け合わせることで、新しい着物の生地開発や未来型の着物を制作し、着物文化を次世代に紡いでいきます。

http://100banch.com/projects/kisaburo-kimono-project/

 

プレスリリース:

http://news.panasonic.com/jp/topics/159095.html

SPOTLIGHT ON SXSW 2018 VIDEO

SHARE

100BANCHを利用して活動するプロジェクトチームを募集しています。
審査を通過したプロジェクトチームはプロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。
あなたのプロジェクトアイデアに共感・共鳴した各分野のトップランナーたちとともに
新たな価値の創造に挑戦してみませんか?
100BANCHの利用を希望される方は、募集要項をご確認の上、エントリーしてください。
未来への「出発点」となる活動すべてが対象です。
100年先の世界を豊かにする、志ある若者からの挑戦を待っています。

 詳細はこちらから http://100banch.com/garage-program/

SHARE

2017年10月31日(火)、100BANCH 1FのKITCHENに、カフェ・カンパニー株式会社が企画・運営を手がける、“食”を通じて過去から学び未来へ繋がる新たな価値を創造していくダイニング「LAND Seafood(ランド シーフード)」がオープンします。

カフェ・カンパニー創業店舗である「SUS – Shibuya Underpass Society -」がかつてあった向かい側に位置。かつて、食文化が開花した江戸時代において、新鮮な魚介を運ぶ水路として大切な役割を果たしてきた渋谷川畔であるこの地から、”食”を通じて過去から学び未来へ繋がる新たな価値を創造していく場を目指していきます。100BANCHのプロジェクトともコラボレーションしさまざまな実験が展開されていく予定です。

常に先を見据えた挑戦をし続け、日本の魚食を牽引するリーディングカンパニーである旬を知り尽くした鮮魚店「魚力」とタッグを組み、小田原漁港からの直送をはじめとした日本全国から届く豊富な魚介たちを様々なスパイスやハーブで調理する”地中海料理”スタイルで提供。また、厳選した茶葉のみを使ったティーメニューや白砂糖・卵・牛乳を一切使わないナチュラルスイーツなども揃います。

店舗デザインはカフェ・カンパニー設計デザインチーム。築41年の元倉庫の持つ力強く無駄のないソリッドな面影と、ダイニングとして食事を堪能することができる温かさと機能を同居させるデザインを施した空間に。

約100坪 / 100席の店内には、シェフの活気を感じられるオープンキッチンを中央に配置。ゆったりくつろげるソファ席、気軽に使いやすいテーブル席、お食事利用もバー使いもできるカウンター、ミーティングやミニイベントにもぴったりなラウンジゾーンも。

「LAND Seafood」店舗概要

■店名   : LAND Seafood(ランド シーフード)

■オープン日: 2017年10月31日(火)

■電話番号 : 03-6427-9315

■客席数  : 100席

■営業時間 : 11:00~23:00

        ランチ11:00〜15:00 / ティータイム15:00〜17:00 / ディナー17:00〜 

        ※L.O.フード22:00、ドリンク22:30

■WEBサイト: http://www.landseafood.jp ※10月31日(火)アップ予定

 

※以下プレスリリース

http://www.cafecompany.co.jp/news/2017/10/land-seafood100banch.html

SHARE

NHK WORLD『great gear』にて100BANCHで8月に実施した「アップサイクル・ハッカソン」が紹介されます。https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/

■番組名・内容
NHK WORLD『great gear』
100BANCHが8月に実施した「アップサイクル・ハッカソン」を中心に100BANCHの概要を紹介。テーマに掲げた「アップサイクル」は、製品のリユース・再循環を生み出すリサイクルではなく、アイデア、デザイン、テクノロジーの力で、既存の製品に、より高い次元の新たな価値を与えるサステナブルなものづくりとして、今注目を集めているアプローチです。パナソニックの創業の商品である「アタッチメントプラグ」もその一例として登場します。

■放映日・視聴方法
10月12日(木) 0:30- 0:58/6:30- 6:58/12:30-12:58/18:30-18:58 (すべて日本時間)
※NHK WORLDホームページでもライブ放映
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/
<日本国内での放映>
NHK BS-1にて
10月14日(土) 3:30- 3:58
※オンエア後は、オンデマンドで2週間程度、ご覧いただけます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/latest
アップサイクル・ハッカソンの模様については100BANCH WEBサイトでもレポート掲載していますのでぜひご覧ください。
http://100banch.com/magazine/eventreport/upcycle

SHARE

9/26(月)24:00で第四期のGARAGE Programのプロジェクト募集を締め切りました。

次回の募集期間は9/26(火)~10/23(月)24:00です。 

9/25までの応募の審査結果は10月下旬に事務局よりご連絡いたします。
詳細はこちらからご確認ください。

これからの100年をつくる野心的なプロジェクトのご応募をお待ちしています。

SHARE

8/29(火)~9/25(月)24:00までにGARAGE Programにご応募頂いた方には

10/5(木)に開催される審査会でピッチをして想いを直接ぶつけることができます!

文字で伝えるより面と向かって直接想いを伝えたい方、資料作りの時間がなく応募をためらっていた方、以前応募したけれど再度チャレンジしたい方。応募は何度でも可能ですので是非このチャンスを使ってGARAGE Programにエントリーください。応募者の方に当日の参加方法をご連絡します。

これからの100年をつくる野心的なプロジェクトのご応募をお待ちしています。

SHARE

7/24(月)24:00で第二期のGARAGE Programのプロジェクト募集を締め切りしました。

次回の募集期間は7/25(火)~8/28(月)24:00です。 

8/28までの応募の審査結果は9月上旬に事務局よりご連絡いたします。
詳細はこちらからご確認ください。

これからの100年をつくる野心的なプロジェクトのご応募をお待ちしています。

SHARE

GARAGE Programのプロジェクト募集を再開しました。

今回の募集期間は7/7(金)〜7/24(月)24:00です。
審査結果は8月上旬に事務局よりご連絡いたします。
詳細はこちらからご確認ください。

これからの100年をつくる野心的なプロジェクトのご応募をお待ちしています。

SHARE

本日7月7日、ついに100BANCHがオープンします!

JR渋谷駅新南口から徒歩2分、かつて倉庫として使われていた3階建てのビルが、未来をつくる実験区として生まれ変わりました。

100年先の世界をおもしろい方へと動かすために、これから様々な活動を行っていきます。オープンに参加可能なイベントも開催していきますので、ぜひご参加ください。

SHARE