渋谷×紙活字。活版印刷の次の100 年の可能性を発信していく。

Papertype × Shibuya

プロジェクト概要

Papertype(紙活字)とは紙製の活版印刷用活字。紙であるがゆえに引っ掻いたりちぎったりすることによってテクスチャをつけられるという特徴がある。このツールで人と関わりながら活版印刷の普及と可能性を探る。

  • 食メイカーズ
  • 02絶滅寸前で救われた文化が未来の豊かさの源泉になる
  • #活版印刷
  • #デザイン
  • #コミュニケーション
  • #紙活字
  • #ものづくり
  • #11期
  • 6月1週目
    おとなりサンデーWS
    紙活字にテクスチャをつけてもらいイメージ採集にも使う

  • 6月2週目
    かざぐるま試作完了

  • 6月3週目
    かざぐるま発注

  • 6月4週目
    かざぐるまナナナナ祭用印刷と組み立て

  • 7月1週目
    ナナナナ祭
    かざぐるまプレ
    WS(テクスチャ採集含む)

  • 7月2週目
    かざぐるま印刷と組み立て

  • 7月4週目
    かざぐるま配布と展示

  • 7月5週目
    活版東京展示、販売、WS
    インキ新色登場
    メタルベース新規素材

  • 8月1週目
    記録をミートアップで報告できたら

  • 8月5週目
    記録や成果物の展示

プロジェクトメンバー

  • プリンター/ タイプデザイナー和田由里子

    多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後スイスバーゼル造形学校在籍中の2009年から紙活字の制作をはじめる。 2015年に紙活字を発表し2016年からPaper Parade Printingとして紙活字作品制作やワークショップなどの活動をしている。 固定概念をこわし、多様なものと掛けあわせながら新しい可能性をつくる冒険中。

  • アートディレクター/プリンティングディレクター守田篤史

    アートディレクターと並行してフリーランスのプリンデングディレクターとしても活動している。 印刷・紙加工とデザインのそれぞれの領域を越境しながら新しい表現を模索していく中で、2016年にPaper Parade Printingに参加。 また2013年からコーヒーとクリエイティブの領域を越境することをコンセプトにしたコーヒーブランド moi coffeeを運営している。

メンター

  • &Co.代表取締役/Tokyo Work Design Weekオーガナイザー横石 崇

    多摩美術大学卒。2016年に&Co.を設立。”個育て”を軸にしたブランド開発や組織開発、社会変革を手がけるプロジェクトプロデューサー。アジア最大規模の働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」では3万人の動員に成功。鎌倉のコレクティブオフィス「北条SANCI」や渋谷区発の起業家育成機関「渋谷スタートアップ大学(SSU)」、シェア型本屋「渋谷◯◯書店」などをプロデュース。法政大学キャリアデザイン学部兼任講師。著書に『これからの僕らの働き方』(早川書房)、『自己紹介2.0』(KADOKAWA)がある。

    横石 崇さんのページを見る

プロジェクトの歩み

  1. 2018/6/1

    入居開始

  2. 渋谷おとなりサンデーに100BANCH が初参加 7つの企画で地域交流を図る

  3. 新たな価値はここから生まれる—— 〜GARAGE Program活動成果報告会〜

  4. 渋谷ストリーム開業!! 渋谷川に滲み出て、100BANCH Street!!を開催

  5. “Emotions~感動の入り口~”をコンセプトにした「DESIGNART TOKYO 2018」に、100BANCHが参加

  6. DESIGNART in 100BANCH “Emotions~感動の入り口~” Gallery tour 第一回レポート

  7. Papertype 和田由里子・守田篤史× 横石崇: 活版文化を未来につなぐ—— 【前編】大衆ウケのためのわかりやすさと、譲れないこだわりとの狭間で

  8. Papertype 和田由里子・守田篤史× 横石崇: 活版文化を未来につなぐ—— 【後編】余白が呼び込む関係性と可能性

  9. Panasonic創業100周年記念フォーラムに出展! NEXT100をわかせたミレニアル世代の展示を紹介

  10. トライ・アンド・エラーの結晶がここに 〜GARAGE Program実験報告会〜

  11. 街を彩った懸垂幕をアップサイクルしたトートバッグを発売 バッグをモチーフにしたパフォーマンスを披露する記念イベント「VIRTUAL FASHIONSHOW」を8月1日に配信【ナナナナ祭2020】

  12. 神紙が映し出す、新時代「VIRTUAL FASHION SHOW」〜社会と地球をつなぐ、ものづくり〜

  13. スパイラル主催の「SICF2020」に100BANCHから4プロジェクトが出展! 新作・オリジナル作品を発表

  14. GARAGE Program メンバーが語る—— “今だからこそ”、未来に向けて大切なキーワード(Vol.3)

  15. 紙と印刷の《無限の可能性》を探求するデザインチーム・Papertype(Paper Parade)がハレの⽇を和紙で彩る「折り紙マスク」を開発・発売

  16. 「紙と印刷の可能性を探りながら、領域を超えたデザインを追求する」100BANCH実験報告会

Papertype × Shibuyaをシェアする

  1. TOP
  2. PROJECTS
  3. Papertype × Shibuya

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

9月入居の募集期間

6/25 Tue - 7/22 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方