About 100BANCH

前へ

What’s 100BANCH

100年先の未来は、どんな景色だろう。
まだ誰も見たことのない世界をつくるのは、いつの時代も若者達だ。

100BANCH(ヒャクバンチ)は、パナソニックが創業100年を迎えることを機に構想がスタート。2017年7月7日、渋谷に誕生しました。

100BANCHのミッションは常識にとらわれない野心的な若者たちと共に「100年先を豊かにする未来」を創造すること。
その象徴ともいえる「GARAGE Program」を通じて、エネルギー溢れる若者達が集まり、昼夜を問わず活動を繰り広げています。

多種多様な実験を、100BANCHから渋谷の街へと滲ませ、世界に拡げる。
百のプロジェクトと共に、100年先の未来の景色をつくっていきます。

百(たくさん)の実験が
交差し混じり合う

100BANCHという名前は、日本語の「番地」と、「束」「束になる」を意味する英単語「BUNCH」に由来します。ロゴを構成する120度に傾いた線は、交差したり束になったりしながら、100BANCHのさまざまなシーンで使われています。これからの100年をつくる個性が交差し、渋谷から世界を動かす特異点をつくり出していこう。そんな思いが込められています。

100BANCHの7原理

100BANCHが「未来をつくる実験区」となるために、場の根本をなす視点と視座を関わる人に共有するのが「7つの原理」です。100BANCHが、どのようにしてユニークで創造的なプロジェクトを集積させているか、場の運営で大切にしている原理を紹介します。

施設概要

「ハレ」の舞台にも「ケ」の日々にも、活動内容のいろいろな動きや変化、その時々の文化にフレキシブルに対応できる自由度の高いスペース。

詳細はこちら
3F LOFT 新たな知との交流を生むイベントスペース / 未来創造拠点
新たな知との交流を生むイベントスペース / 未来創造拠点
2F GARAGE 多彩なプロジェクトのためのワークスペース
2F GARAGE - 多彩なプロジェクトのためのワークスペース
1F KITCHEN カフェ・カンパニーが手がける未来の食体験のテストキッチン
1F KITCHEN - カフェ・カンパニーが手がける未来の食体験のテストキッチン
3F LOFT - パナソニックの未来創造拠点 / イベントスペース
2F GARAGE - プロジェクトメンバーのワークスペース
1F KITCHEN - カフェカンパニーが手がける次の未来をつくる実験店舗
詳細はこちら

運営体制

グローバルにもビジネスを展開するエレクトロニクスカンパニーのパナソニック、「食」を通して新しい生活提案を行うカフェ・カンパニーをはじめ、100BANCHに集う多様な会社、個人のネットワークを提供し、プロジェクトの新たな活動の機会をつくっている。

主催:パナソニックグループ 
運営協力:一般社団法人百番地

100BANCH BOOK
ナナナナ祭

7/1 Fri - 7/10 Sun

ナせばナるナさねばナらぬ、
ナナナナ祭

100BANCHの周年を記念して開かれるナナナナ祭は、実験の成果やさらなる挑戦を対外的に発信する、年に一度の大舞台。ナナナナ祭での発表から、たくさんのプロジェクトが進化・成長する機会を得ています。

詳細はこちら

100BANCH BOOK

100BANCH BOOK

100BANCHを
もっと知りたい方へ

100BANCHでは年に1回、1年の活動を凝縮した100BANCH BOOKを制作しています。
「未来をつくる実験区」で日夜繰り広げられる活動と、そこで生まれた価値観や感性、そして描く未来まで、膨大な日常のプロセスの中でしかとらえられない未来へのエッセンスが詰まっています。
100BANCHとはいったい何なのか――。そのエネルギーと創造性の根源を100BANCH BOOKでご覧ください。

100BANCHおよびShopifyでも販売しています。
100BANCH SHOP
  1. TOP
  2. ABOUT
  3. About 100BANCH

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

2月入居の募集期間

11/29 Tue - 12/26 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方

1 たった一人でも応援したら

「これからは電気の時代や」

松下幸之助が創業したのは、23歳のとき。
青年が起こしたベンチャーは、無謀とも言える小さなスタートを切ったが、100年たった今、世界で社員27万人を抱える大企業に成長した。

幸之助は1世代が活躍する期間を「25年=1節」として、それを「10節=250年」にわたって繰り返し、理想的な世界を実現していこうと説いた(「250年計画」)。
「次の100年」を創造するとき、100年が4節であるならば、その1節、1節を担う若い世代に寄り添い、彼らを応援しながら、ともに未来をつくるべきではないか。

若さとは、荒削りで未完成だ。ときに誰にも見向きもされず、理解されず、無謀と捉えられる者もいるかもしれない。だが、それがいい。
野心や情熱をたぎらせる若者が活躍する場があれば、未来の幸之助が生まれるかもしれない。100BANCHは若者がつくる未来を信じる。
彼らの良いときにも悪いときにも寄り添って、ともに未来をつくりたい。

この画面を閉じる

2 思う存分できる場

「これからは電気の時代や」

松下幸之助が創業したのは、23歳のとき。
青年が起こしたベンチャーは、無謀とも言える小さなスタートを切ったが、100年たった今、世界で社員27万人を抱える大企業に成長した。

幸之助は1世代が活躍する期間を「25年=1節」として、それを「10節=250年」にわたって繰り返し、理想的な世界を実現していこうと説いた(「250年計画」)。
「次の100年」を創造するとき、100年が4節であるならば、その1節、1節を担う若い世代に寄り添い、彼らを応援しながら、ともに未来をつくるべきではないか。

若さとは、荒削りで未完成だ。ときに誰にも見向きもされず、理解されず、無謀と捉えられる者もいるかもしれない。だが、それがいい。
野心や情熱をたぎらせる若者が活躍する場があれば、未来の幸之助が生まれるかもしれない。100BANCHは若者がつくる未来を信じる。
彼らの良いときにも悪いときにも寄り添って、ともに未来をつくりたい。

この画面を閉じる

3 若者が未来をつくる

「これからは電気の時代や」

松下幸之助が創業したのは、23歳のとき。
青年が起こしたベンチャーは、無謀とも言える小さなスタートを切ったが、100年たった今、世界で社員27万人を抱える大企業に成長した。

幸之助は1世代が活躍する期間を「25年=1節」として、それを「10節=250年」にわたって繰り返し、理想的な世界を実現していこうと説いた(「250年計画」)。
「次の100年」を創造するとき、100年が4節であるならば、その1節、1節を担う若い世代に寄り添い、彼らを応援しながら、ともに未来をつくるべきではないか。

若さとは、荒削りで未完成だ。ときに誰にも見向きもされず、理解されず、無謀と捉えられる者もいるかもしれない。だが、それがいい。
野心や情熱をたぎらせる若者が活躍する場があれば、未来の幸之助が生まれるかもしれない。100BANCHは若者がつくる未来を信じる。
彼らの良いときにも悪いときにも寄り添って、ともに未来をつくりたい。

この画面を閉じる

4 短期集中、同時多発

「これからは電気の時代や」

松下幸之助が創業したのは、23歳のとき。
青年が起こしたベンチャーは、無謀とも言える小さなスタートを切ったが、100年たった今、世界で社員27万人を抱える大企業に成長した。

幸之助は1世代が活躍する期間を「25年=1節」として、それを「10節=250年」にわたって繰り返し、理想的な世界を実現していこうと説いた(「250年計画」)。
「次の100年」を創造するとき、100年が4節であるならば、その1節、1節を担う若い世代に寄り添い、彼らを応援しながら、ともに未来をつくるべきではないか。

若さとは、荒削りで未完成だ。ときに誰にも見向きもされず、理解されず、無謀と捉えられる者もいるかもしれない。だが、それがいい。
野心や情熱をたぎらせる若者が活躍する場があれば、未来の幸之助が生まれるかもしれない。100BANCHは若者がつくる未来を信じる。
彼らの良いときにも悪いときにも寄り添って、ともに未来をつくりたい。

この画面を閉じる

5 常識にとらわれない

「これからは電気の時代や」

松下幸之助が創業したのは、23歳のとき。
青年が起こしたベンチャーは、無謀とも言える小さなスタートを切ったが、100年たった今、世界で社員27万人を抱える大企業に成長した。

幸之助は1世代が活躍する期間を「25年=1節」として、それを「10節=250年」にわたって繰り返し、理想的な世界を実現していこうと説いた(「250年計画」)。
「次の100年」を創造するとき、100年が4節であるならば、その1節、1節を担う若い世代に寄り添い、彼らを応援しながら、ともに未来をつくるべきではないか。

若さとは、荒削りで未完成だ。ときに誰にも見向きもされず、理解されず、無謀と捉えられる者もいるかもしれない。だが、それがいい。
野心や情熱をたぎらせる若者が活躍する場があれば、未来の幸之助が生まれるかもしれない。100BANCHは若者がつくる未来を信じる。
彼らの良いときにも悪いときにも寄り添って、ともに未来をつくりたい。

この画面を閉じる

6 視点が交差し、混じり変化する

「これからは電気の時代や」

松下幸之助が創業したのは、23歳のとき。
青年が起こしたベンチャーは、無謀とも言える小さなスタートを切ったが、100年たった今、世界で社員27万人を抱える大企業に成長した。

幸之助は1世代が活躍する期間を「25年=1節」として、それを「10節=250年」にわたって繰り返し、理想的な世界を実現していこうと説いた(「250年計画」)。
「次の100年」を創造するとき、100年が4節であるならば、その1節、1節を担う若い世代に寄り添い、彼らを応援しながら、ともに未来をつくるべきではないか。

若さとは、荒削りで未完成だ。ときに誰にも見向きもされず、理解されず、無謀と捉えられる者もいるかもしれない。だが、それがいい。
野心や情熱をたぎらせる若者が活躍する場があれば、未来の幸之助が生まれるかもしれない。100BANCHは若者がつくる未来を信じる。
彼らの良いときにも悪いときにも寄り添って、ともに未来をつくりたい。

この画面を閉じる

7 Will から未来はつくられる

「これからは電気の時代や」

松下幸之助が創業したのは、23歳のとき。
青年が起こしたベンチャーは、無謀とも言える小さなスタートを切ったが、100年たった今、世界で社員27万人を抱える大企業に成長した。

幸之助は1世代が活躍する期間を「25年=1節」として、それを「10節=250年」にわたって繰り返し、理想的な世界を実現していこうと説いた(「250年計画」)。
「次の100年」を創造するとき、100年が4節であるならば、その1節、1節を担う若い世代に寄り添い、彼らを応援しながら、ともに未来をつくるべきではないか。

若さとは、荒削りで未完成だ。ときに誰にも見向きもされず、理解されず、無謀と捉えられる者もいるかもしれない。だが、それがいい。
野心や情熱をたぎらせる若者が活躍する場があれば、未来の幸之助が生まれるかもしれない。100BANCHは若者がつくる未来を信じる。
彼らの良いときにも悪いときにも寄り添って、ともに未来をつくりたい。

この画面を閉じる