世界の”SENSE”をつなぐ

SENSE

プロジェクト概要

SENSE groupは世界中のアーティストを繋いで、コラボレーション、プロジェクトを生み出すコミュニティです。
日本、中国、イギリス、マレーシア、オーストラリアなどから、約40名の芸術家が所属しており、その領域は映像、写真、ファッションデザイン、建築など様々です。

  • 食エンターテイメント
  • 05異質同士でコミュニケーションしている
  • #アーティスト
  • #クリエイター
  • #コミュニティ
  • #コラボレーション
  • #アート
  • #25期

動機

私はこれまでの人生で、日本国内外問わず才能やアイデアを持つ多くの人とのつながりに恵まれてきました。しかし文化的な壁や経済的な制約などの現実的な問題から、彼らがやりたいことがなかなか進められないケースを目の当たりにしてきたのです。そのような人とつながりを持つ自分が、SENSEというコミュニティ・プラットフォームを作ることで、彼らの力が最大限に社会で価値を成すための触媒になりたいと考えるようになりました。

仮説

社会的、文化的な背景の異なる人々によるコミュニティを醸成し、彼らの持つスキルとSENSEが社会の中で形にしていく仕組みを作ることで、見る人の社会に対する意識に影響を与え、彼らの新たな行動を生むことができるのではないか、と私たちは考えています。

実験

同じ芸術作品だとしても、違う文化バックグランドをもつ人が作品に対する眼差しには違いがあります。そこで、国境を越えて展示をして回ることによって、作品の生じた多様な文化的、社会的効果が生まれることが期待できます。

目標

SENSE groupを通して、言語と文化と分野の壁を超えて、人々の最大限の可能性を見出し、考え事もないような異なる分野、国の人々との斬新なコラボレーションする機会とリソースを提供して行きます。

未来

SENSEのコミュニティを世界で広め、 projectを通して総合芸術への探求を深めていく。そして、蓄積した経験をコミュニティに還元することで相乗効果を生んでいく。

プロジェクトリーダーへ一問一答

  1. 「あなたはどんな風に育ちましたか?」
    1歳半から寮生活を始め、週末と休みだけ実家に過ごし、日曜の夜また学校に戻るの循環だった。
    5年生の時、「犬と私の10の約束」というドラマの影響で、中学校から日本語を専攻を目指し、多言語クラス設置している外国語学校に進学することになった。
    中高一貫制寄宿学校で、同学年同クラスではなくでも友達になれる最高な環境の下で、友達と成長しながら楽しく過ごした中高時代だった。私のクラスでは、日本語、ドイツ語、フランス語三つの言語を選べるクラスで、今みんな世界各地に散らばっている。周りの友達も約9割以上海外へ留学している。
    私たちは母校出身することが誇りとし、学校で友達と過ごす時間は家族より長く、まるで兄弟みたいの存在で付き合った。空間と時差の壁を越え、その絆を大切にしたいのはSENSEを始めたきっかけだった。
  2. 渋谷の街のエピソード
    渋谷は多元化、自由度高い、東京一番自分らしさが出ていい街。
  3. メンバーたちの意外な一面
    Luka:憲法やりながら、写真を撮る。
    Xiaoya:猫より犬。サイリ:理系ダンサー。
  4. 意気込みをお願いします!
    世界を変える

プロジェクトメンバー

  • Founder呉夢瑶(Laurence Ng)

    中国武漢生まれ。早稲田大学先進理工生命医科在学中。 三年前、一人で30万円と30kgのスーツケース3つを持って日本へ来た。学費以外全部自分で稼ぐしかない状況なので、学校以外の時間も最大限に利用したいから、今まで飲食店、バー、古着屋、撮影現場のスタッフ、病院助手、GUCCI通訳、babysitter、model、塾講師など様々な職種で生活を豊かにしてきた。其々な職場で得られた経験とネットワークもSENSEを立ち上げることにも役立った。入学以来一人旅でHong Kong、Taiwan、Bangkok、Penang、Kuala Lumpur各地に行った。現地に昔様々な偶然で出会った友達とまた会え、それに様々な偶然でまた新しい友達もできた。人って本当に不思議だと感じられ、人生の偶然と必然、縁とタイミングを更に大切したいと思った。今まで出会った素敵な人々は、言語、文化、分野其々違ったりするけど、必ずある形を融合できると思い、SENSEのことを立ち上げた。

  • manager孟小雅(Xiaoya MENG)

    中国昆明生まれ、慶應義塾大学 文学部美学美術史専攻三年在学。マネージャーとしてSENSE GROUPに所属している。趣味は芸術、文学、映画、音楽、ファッション。好きな映画監督はクエンティン・タランティーノ、アンドレイ・タルコフスキー、エドワード・ヤンなど。2014年に日本に留学に来て、2019年は来日5年目に入る。不思議なきっかけでSENSEと出会ったのは本当に良かった。

  • manager李夢璐(Menglu LI)

    中国北京生まれ、慶應義塾大学 法学研究科 公法専攻修士2年在学。7年間ずっと法律を専攻とし、パッと見ると絶対アートと関係なさそうな人だと思われたが、実際写真を撮ることが趣味として今までずっと続けてきた。その趣味のお陰で、ステキな友達と出会えた。「法」は私の論理的な一面を構成させ、感性的な一面や人生への理解は「写真」で表現している。ギャップが感じられる二つの分野が私の所に融合し、更に私を構成されているのも言えるじゃないかと思ってる。SENSEの中に私みたいに、専攻と趣味のギャップが大きいの人々がいて、SENSEとの出会うことで、きっと何か面白いことが起こるんだろうと期待している。

  • manager田中栽理(Sairi TANAKA)

    慶應義塾大学 化学科三年在学 #ダンス #音楽 #KPOP #ブロックチェーン #化学 ダンスが好きでHIPHOP中心に踊っています。 KPOPを愛し、カバーダンスで世界大会に出たりしてました。 面白い思想や感性、技術にすぐ飛びつきます。去年はブロックチェーンまわりの思想に興味を持って、1年間メディアを作ってました。 普段は大学で化学やってるので、活かせそうなテーマがあったら教えてください!

メンター

  • 世界株式会社 / CEKAI 共同代表加藤晃央

    武蔵野美術大学4年在学中にクリエイティブマネジメントカンパニーである株式会社モーフィングを設立。美大生やクリエイター向けメディアの立ち上げや、企業との共創によるプロジェクトマネジメントを行う。2013年、独立した個が集結できるアソシエーションCEKAIおよび世界株式会社を共同設立。日米を拠点としてグローバルに活動する組織において、自律分散的な仕組みづくりや場づくりに従事。クリエイターの可能性を高め、繋げ、拡張させることをミッションとし、究極の裏方を目指す。

    加藤晃央さんのページを見る

SENSEをシェアする

  1. TOP
  2. PROJECTS
  3. SENSE

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

9月入居の募集期間

6/25 Tue - 7/22 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方