• メンバーズボイス

渋谷の“人間用ビニールハウス”100BANCHについて [19日目]

皆さんこんにちは。

今日は、100BANCHでPS*として働いている私から見た100BANCHについてお話ししたいと思います。

*PSとは、プロジェクト・スタッフの略で、100BANCHを利用するメンバーとコミュニケーションと取りながら、メンバーが過ごしやすい環境を整える仕事

 

100BANCHは“人間用ビニールハウス”

ファッションショー準備真っ只中のNOVA

100BANCHは、”人間用ビニールハウス”のような場所だなと思います。プランターの中で育っているのは個性豊かな”珍種”たちです。笑

100BANCHには、育つ為に必要な環境が整っていると思います。育つために必要な適度な刺激や、居心地の良いゆるさが備わっています。

 

適度な刺激を与え合う

メンバーと事務局に相談するなっとう娘

分からないことや悩んでいることがあればメンバー同士や100BANCHを運営する事務局に相談して助け合っています。

写真は、納豆の商品開発をしているなっとう娘さんがメンバーと事務局にサンプルを試食してもらっている様子。味をどう工夫すればやみつきの味になるか、足すべきまたは引くべき調味料について話し合っていました。

 

来たいときに来て、帰りたいときに帰るゆるさ

一緒に銭湯に行った後に100BANCHに来たWaQ 安田さん(一番左)とEraflewの3人

100BANCHは、メンバーが来たいときに来て、帰りたいときに帰るのが基本です。メンバーからは「起業家コミュニティーによくある”この日は集まらなければいけない”という縛りがほとんどないので、とても利用しやすい」という声もあがっています。

また、メンバー同士や事務局は友達に似た関係性を築いているメンバーも多く、冗談を言い合っている姿もよく見かけます。100BANCHのメンバーと話していると、みんな100BANCHが大好きなことが伝わってきます。「みんな否定しない」「何を言っても応援してくれる」——。そんなところに私も居心地の良さを感じています。

写真に映っているのは、銭湯帰りのWaQの安田さんとEraflewの3人。WaQが企画したイベントにEraflewも参加してきたそうです。イベント終了後4人で銭湯に行き、その足で100BANCHに来ていました。あと直近のエピソードだと、100BANCHに落ちていたスケートボードでメンバーと事務局が一緒に遊んでいました(写真がないのが残念…!)。

 

多様性に溢れ、集う人みんなが成長できる場所

楽しそうなLangerhans 細目さん(左)、遊びに来てくれたQWS渋谷肥料 清水さん(真ん中)、GEKI 作左部さん

年齢や仕事の業種など立場関係なく、関わりあっている様子は、私から見ると社会の理想のあり方です。互いが違いを認め合い、違いを否定せずに尊重する、それが100BANCHには暗黙の了解で存在します。

また、このようなビニールハウスの中で仕事をしているので、私も少しずつですが、成長しているなと感じます(大変恐縮ですが…)。思いついたことを行動に移す時間が短くなり、相手から話しを聞き出すことが出来るようになりました。

多様性に溢れ、集う人みんなが成長できる場所。それが100BANCHです!

 

この記事は100BANCHにまつわる様々なストーリーをメンバーやスタッフが紹介するリレーブログ企画です。他の記事はこちらのリンクからご覧下さい。

100BANCH ADVENT CALENDAR 2021
https://100banch.com/magazine/advent/2021/

Twitterではプレゼント企画も実施中!
https://twitter.com/100BANCH

  1. TOP
  2. MAGAZINE
  3. 渋谷の“人間用ビニールハウス”100BANCHについて [19日目]

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

8月入居の募集期間

5/28 Tue - 6/24 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方