2021.12.21 Tue

わからないことを「わからない」と受け止められる尊さ [21日目]

  • #100BANCH ADVENT CALENDAR 2021

INDEX

100BANCH事務局の澤田です。

昨年4月に100BACH事務局の仲間入りをし、20カ月経ちました。今日はふだん一緒に過ごすことの多い事務局メンバーの「ここがすごい!」と感じていることを書いてみます。

わからないことを「わからない」と受け止めて応援

すごいことはいろいろあるのですが、一番すごいのは、「わからない」ことへの向き合い方です。

あのプロジェクト、あのメンバー、やっていることはよくわからないけど「楽しそうにやってていいよね」という見守り方とか、「どうなるかわからないけれどやってみよう!」というパワーとか、わからないことでも「わからない」といって受け入れたり応援したり楽しめる器量。

そんな人間性こそが、100BANCHの活動を支える全基盤といっても過言ではないんじゃないかと思います。

そんなのは100BANCHにいたら当たり前なのかもしれませんが、これは外の世界では当たり前のことではありません。

たとえば、未来を先取りしすぎて「よくわからない」人や活動の話を聞いて、それを社内向け報告書にまとめるとき、「わかりやすく」流行のバズワードに置き換えたり、関連事例(新しい未来の話にそもそも先行事例など存在しないはずですが)を添えたり、「世界的オピニオンリーダーの○○氏も同じことを言っている」ともっともらしい権威付けを加えたりしないと話が通じないというのは、一般社会でよくあることです。

「わからない」を「わかりやすく」することで失われる大切なエッセンス

「わかりにくい」ことを「わかりやすく」説明するのは、コミュニケーションの効率やスピードを上げるのかもしれませんが、その変換作業の過程で「わかりにくい」ことが本来持っていた、ぷりぷりとした何か大切なエッセンスがこぼれていってしまう気がするのです。それは世界の複雑さや曖昧さや豊かさを裏切る行為になるのではないでしょうか。

そしてわかりにくいことが排除され、わかりやすいことばかりで構成された世界が人類の発展にとって善いとも思えません。

そもそもそんな世界をつくることなど可能なのでしょうか? 自然界なんて未知だらけだし、自分という存在すら不可解なのに?

そんなやり場のないもやもやをかかえていた私にとって、わからないことで溢れた100BANCHはこの世の最後の秘境のように思えたし、「自分たちにも100BANCHはわからないことだらけですが、この世界にはわからないことがあるのだとまずは知ってください、そしてそんなわからないことを一緒に応援しませんか?」という姿勢で、100BANCHの可能性や価値を発信している100BANCHの人たちの人間性が尊い。

たぶん、わからないことを怖がる心理のほうがヒトにとっては自然ではあるのです。わからないことを恐れず、見たことのない虫を食べたり、暗闇に入って行ったり、藪に棒を突っ込んだりしたら、命を落としまうことにもなりかねない。わからないことを回避したい願望はヒトの防衛本能なんだと思います。

「わからない」を恐れず前に進もう

でももう2022年。いうなれば未来。いつまでも「わからないからこわい」と反応している場合ではありません。わからないことを楽しめるのは、未来の人間性だとも思います。

100BANCH事務局に入って100BANCHのことがわかるようになったかと言われると、むしろわからないことは増えている気がしますが、それが楽しい。

ですが、わからないから良いんだ、わからないままで良いんだと居直るつもりもありません。

わかるとは何か? 説明するとは何か? 伝えるとは何か? 

そんなことを考えつつ、「わからないけどわかりたい」という荷物を背負いつつ、未来をつくっていく100BANCHメンバーのみなさんと一緒に歩いていける体力と青さを持った事務局の一員でありたいとも思っています。来年もよろしくお願いいたします。

この記事は100BANCHにまつわる様々なストーリーをメンバーやスタッフが紹介するリレーブログ企画です。他の記事はこちらのリンクからご覧下さい。

100BANCH ADVENT CALENDAR 2021
https://100banch.com/magazine/advent/2021/

Twitterではプレゼント企画も実施中!
https://twitter.com/100BANCH

WRITER

100BANCH事務局

澤田美奈子

民間の未来研究所にて、未来社会における人の生き方、人と機械の理想的な関係性をテーマとした、民族誌学的アプローチによるリサーチ活動に約10年間従事。国内外の先進的な未来の兆しを探索している折に交流した100BANCHのことが頭から離れず、気づけばその門戸を叩き、2020年4月にパナソニック入社、100BANCH事務局に仲間入りさせてもらう。100BANCHから見えてくる未来の兆しの可視化・体系化の活動等に取り組む。

#100BANCH ADVENT CALENDAR 2021