主張を表現する”ステイトメントファッション”で皆が社会について考える世の中を!

Raipons

プロジェクト概要

ファッションによって、これまで“社会”を考えることを敬遠していた人々もみんなで一緒に“社会”について考えられるような社会を作る。

  • 食ファッション
  • #自分らしさ
  • #アップデート
  • #デザイン
  • #クリエイティブ
  • #ダイバーシティ&インクルージョン
  • #ステイトメントファッション
  • #17期
動機

もともと社会が生み出す機会格差の解消のために活動をしていた成田・深澤がロンドンを訪れ、ゲリラガールズの作品に出会い、彼女らのように社会に対するバイアスの排除のためにはクールでかっこいいエンターテイメントを手段とするべきだと確信する。

仮説

社会にあるバイアスを変えようとした時に「多様性が大切だ!」などのイデオロギーを持ち出しても、世の中は変化しない。映画、音楽、ファッションのようにかっこよくてワクワクさせるエンターテイメントこそ人々の考え方を変える可能性を秘めているのではないか。

実験
Raiponsが掲げる”ステイトメントファッション”がファッションのメインストリームになるための戦略を実行する
誰もが着たいと思うデザイン性の高いプロダクトの開発、ステイトメントファッションの概念の普及
コンセプトに共感して服を着てくれるファンの獲得、海外市場での販売など
目標
ラインナップの充実、ポップアップストアの実施、海外でのプロダクト販売、ファンとのミートアップ開催
未来

ステイトメントファッションがファッションの一部に、人々が自分の思いを日常的に発信している それを通じて街を歩きながら人々の考え方が常にアップデートされていく

インタビュー(コンセプトクリエイター:成田航平)

  1. 「あなたはどんな風に育ちましたか?」
    ジャーナリストの父の影響で昔から社会の生きづらさというものに触れる機会が多かった。また仕事の関係から転勤も多く、いろんな場所に小さい頃から住むことが多く、新しいものに対する寛容度が高め。
  2. 渋谷の街のエピソード
    高校生時代にはもっぱら塾とバンドの練習をする街という感じで、家から10分程度だったので特別な場所というかリビングみたいなものだと考えていた。大学生になってからは、距離が遠くなって渋谷という街の大きさだったり悲しさみたいなものが感じられるようになった。
  3. メンバーたちの意外な一面
    舜くんはクリエイティブっぽいシティボーイの割にめちゃめちゃ営業トークが上手い
  4. 意気込みをお願いします!
    "ステイトメントファッション"の文字を辞書に載せます!

プロジェクトメンバー

  • コンセプトクリエイター成田航平

    東京大学法学部4年 「社会が作り出す機会格差を地球上から一掃する」ことをライフミッションとし、非大卒支援を行うハッシャダイにて複数事業を立ち上げ、自身としてもエストニアにてソーシャルビジネスのコミュニティGate10 projects OÜを共同創業者として起業。またダボス会議によるglobal shapers yokohama hubのメンバーとしても活動。

  • コンセプトクリエイター/カメラマン小池洋子

    日本大学芸術学部3年 東京生まれ、中国のハーフ。Raipons、国際芸術文化交流舞・HLABで撮影を担当。 J-WAVEにて記事執筆、番組プロモビデオの制作、イベントの手伝いを行う。 長期休みになると国内外問わずアコギを連れてふらりと旅に出る。 ランニングとバスケが好きだが、今までの走りすぎにより最近は膝が弱い。

  • コンセプトクリエーター内矢舜

    日本大学芸術学部4年東京都世田谷区出身。東京生まれ東京育ち。国内外問わず最新のトレンドをキャッチし、そこから繰り出されるアイデアでRaiponsへ尽力。自称ムードメーカー担当。 趣味は人生のパンチライン収集。

  • コンセプトクリエイター深澤まぶね

    早稲田大学社会科学部4年 Gate10 projects OU共同創業者。法人で教育格差や社会の偏見に着目し複数のプロジェクトを行う。ハッシャダイ総合研究所にて社会的再生産メカニズムの研究を通して、ソーシャルビジネスの効果検証や社会課題把握に取り組む。またネパール・熊本大震災の緊急支援などの経験を経て准認定ファンドレイザー資格を取得、以降NPO団体などの資金調達を行う

メンター

  • カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長楠本 修二郎

    1964年、福岡県生まれ。1988年、早稲田大学政治経済学部卒業後、リクルートコスモスを経て、大前研一事務所入社。平成維新の会事務局長に就任。2001年、カフェ・カンパニーを設立し、代表取締役社長に就任。“コミュニティの創造”をテーマに、およそ70ブランドを展開する他、地域活性化事業、商業施設のプロデュース等多様な事業を手掛けている。2010年よりクールジャパン関係の政府委員を歴任。(一社)東の食の会、(一社)フード&エンターテインメント協会、(一財)NEXT WISDOM FOUNDATIONの代表理事、東京発の収穫祭「東京ハーヴェスト」の実行委員長を務める。

    楠本 修二郎さんのページを見る

Raiponsをシェアする

  1. TOP
  2. PROJECTS
  3. Raipons

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

2月入居の募集期間

11/29 Tue - 12/26 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方