KOKORO

ストレス社会に 「こころの体操」を普及させる

KOKORO

プロジェクト概要

何かとストレスの多い現代では、精神的なバランスがどうしても崩れがち。それを健康的に自己管理するための「こころの体操」を提案します。アメリカで提唱され、GoogleやFacebookなどの企業でも仕事効率化のために取り入れられているストレス低減法「マインドフルネス」を実践する会を100BANCHにて開催。その前後に精神的な充足度のアンケートを行う事で参加者のセルフレポートも可能にします。同時に、慢性的に負荷の高い環境にいる医療従事者や患者さん向けのプログラム開発も行う予定です。この活動を通じてより効果的なセルフケアの方法を検証し、近い将来、全ての人が身体の健康を保つと同様に、こころの健康を日常的に自己管理する世の中を創ることが本プロジェクトの最終目標です。

  • 食メディカル
  • 10自然(じねん)の生き方が追求され、健康の多様なあり方が広がる
  • 07家(ウチ)は心身を癒すサンクチュアリとなる
  • #マインドフルネス
  • #働き方
  • #ヘルスケア
  • #プログラミング
  • #メンタルヘルス
  • #1期

プロジェクトのスケジュール

  • 7月 呼吸によるマインドフルネスの実践/データ解析
  • 8月 ワシントンD.C. ジョージタウン大学医学部にてmind-body connectionの研修/ジャーナリング
  • 9月 ジャーナリング&ボディ・スキャンによるマインドフルネスの実践/データ解析
KOKORO

プロジェクトメンバー

  • リーダー宮川 紫乃

    慶應義塾大学病院 研修医。全米ヨガアライアンス認定 ヨガ・マタニティヨガインストラクター。20歳の時にヨガに出会い、導き出される穏やかな心の静けさに感動し、インストラクターの資格を取得いたしました。将来は精神科医として、西洋医学と食事療法・運動療法を組み合わせた統合医療により、心と体の予防医療を提供できるよう、精進して参りたいと思います。

  • 野田 莉香子

    慶應義塾大学 医学部5年。学生時代に、祖母がうつ病になったことをきっかけにメンタルヘルスに興味を持ち始めました。「病は気から」というように、こころと身体は繋がっています。将来は、メンタルを中心とした予防医学に関わる医師になるため、現在マインドフルネスと漢方の勉強をしています。

メンター

  • カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長楠本 修二郎

    1964年福岡県生まれ。リクルートコスモス、大前研一事務所を経て、2001年カフェ・カンパニーを設立。 コミュニティの創造をテーマに「WIRED CAFE」など約80店舗の企画・運営や地域活性化事業、商業施設プロデュース等を手掛ける。 2021年「日本の愛すべき食を未来につなぐ」ことを目的にグッドイートカンパニーを設立。 その他、内閣府クールジャパン等の政府委員や東日本の食の復興を目的とした「東の食の会」、「おいしい」を軸に新たな循環や仕組みを生み出し持続可能な未来への貢献を目指す「おいしい未来研究所」の代表理事等も歴任。

    楠本 修二郎さんのページを見る

KOKOROをシェアする

  1. TOP
  2. PROJECTS
  3. KOKORO

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

9月入居の募集期間

6/25 Tue - 7/22 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方