世界中のノベルゲームをひとつのアプリに

Kinue (キヌー)

プロジェクト概要

現在ノベルゲームユーザーには以下の課題があります。
・一本1万円近くしたりと高価で気軽に購入できない
・動作環境がPCだとゴロゴロしながら遊べない。
・セーブデータの引き継ぎなどゲームの管理が面倒

わたしたちが開発するKinue(キヌー)は、これらの課題を解決できると考えています。Kinueとは、たくさんのノベルゲームをプレイすることができるサブスクリプション方式のサービスです。アンケートや聞き込みを行いながら、まずはアプリから開発したいと思います。

  • 食エンターテイメント
  • 02絶滅寸前で救われた文化が未来の豊かさの源泉になる
  • #ゲーム
  • #テクノロジー
  • #ノベルゲーム
  • #オタク
  • #クリエイティビティ
  • #サブスクリプション
  • #45期

動機

昔のWindowsやゲーム機でしか動作しない名作ノベルゲームが、自然消滅してしまうことに危機感を抱きました。また、Windowsでノベルゲームをプレイするにあたり、ゴロゴロしながらできないことや、セーブデータの引き継ぎ作業に不満を抱いていました。 それを解決する方法がないかと考え始めたことがきっかけです。

仮説

たくさんのノベルゲームを、インターネットを通じてひとつのアプリで遊べるようにすることで、以下の課題が解決されるのではないかと思います。

・電車や車の移動中も楽しみたい

・ゴロゴロしながらプレイしたい

・セーブデータの引き継ぎなどゲームの管理が面倒

・操作性が各ゲームバラバラで毎回覚えるのが大変

実験

・ノベルゲームユーザーにアンケートを行い、現状のノベルゲームの課題やニーズを明確にする

・ノベルゲーム配信サービスを提供するアプリのプロトタイプを開発する

・ノベルゲーム制作会社様、同人サークル様に聞き込みを行う

目標

1.アプリのプロトタイプを開発する。

2.アンケートを通してユーザーの皆様のニーズや課題を明確にする。

3.ノベルゲーム制作会社様や同人サークル様への聞き込み結果をまとめる

未来

ノベルゲームのような形式でないと表現できない想いや想像力を発信する魅力的なプラットフォームを開発することで、ノベルゲームの表現媒体としての社会的な確立を目指す。

プロジェクトリーダーへ一問一答

  1. あなたはどんな風に育ちましたか?
    小さい頃は土日はかかさず友達と遊んでいました。また、人を笑わせることが好きで芸人に憧れていました。
    ニート時代は、ノベルゲーム、プログラミング、電子工作に打ち込みました。
    今は、何かをつくるというだけでなく、そのつくったもので誰かの役に立ちたいといつも考えています。
  2. 渋谷の街のエピソード
    芸人時代、ネタ合わせ等でよく訪れました。渋谷のハチ公前で恋人を待つふりをしながら相方を待っていたのはいい思い出です。また、魅力的な香りをはなつケバブのお店を何度も素通りすることで忍耐力を鍛えました。
  3. メンバーたちの意外な一面
    鯉沼さんは聡明かつ勇気のある人物です。また、自分の哲学がある人なので信頼できます。褒めるところばかりですが、本人は謙虚です。あと意外と料理上手でまめです。たまに奇行に走ります。
  4. 意気込みをお願いします!
    ノベルゲームのよさをひとりでも多くの人に広め、この業界を活気づかせたいです。従業員の皆様、ユーザーの皆様、ノベルゲーム制作会社の皆様、全員が笑顔になれる共通の道があると信じ、精進して参ります。

プロジェクトメンバー

  • 代表取締役竹田賢太

    ニート、芸人を経てプログラマーとして就職。ニート時代はクリッカーと呼ばれる教育系機器、芸人時代はNSCの出席簿システム、会社員時代はアプリ開発をする。その後、ノベルゲーム配信サービスを実現するため、株式会社Kinueを設立する。

  • 開発担当鯉沼海太

    長崎県出身。電気通信大学 情報理工学域 情報系 経営・社会情報学プログラム中退。現在IT企業にてWEBエンジニアとして勤務中。

メンター

  • 一般社団法人マンガナイト代表理事
    山内康裕

    1979年生まれ。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了(MBA in accounting)。2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し、2020年に法人化し「マンガと学び」の普及推進事業や拠点営業(日本財団助成)、展示事業等を展開。マンガが領域の企画会社レインボーバード合同会社代表社員、さいとう・たかを劇画文化財団代表理事、文化庁メディア芸術連携基盤等整備推進事業有識者タスクチーム員、東京工芸大学芸術学部マンガ学科非常勤講師、国際マンガ・アニメ祭ReiwaToshim共同委員長他を務める。

    山内康裕さんのページを見る

Kinue (キヌー)をシェアする

  1. TOP
  2. PROJECTS
  3. Kinue (キヌー)

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

8月入居の募集期間

5/28 Tue - 6/24 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方