まちの中の感性を可視化し、若者の居場所をつくりたい

emobby

プロジェクト概要

私たちは人々の行動と趣味嗜好を可視化し、若者の居場所づくりを目指すプロジェクトです。
若者の声がなかなか届かないまちづくり。若者はまちの中に居場所を持たず、学校内のみやインターネットに居場所を見出している。emobbyでは、まちで起こっている人々の行動と趣味嗜好を可視化し、居場所になり得る場所の発見の機会を生み出すことで若者の居場所づくりを目指す。

  • 食コミュニケーション
  • 13シブヤでは、公私・内外・自他などあらゆる境界が消滅する
  • #街
  • #都市
  • #若者
  • #中高生
  • #感性
  • #地域交流
  • #71期

動機

社会実験として設置された駅前の芝生広場に大量の中高生が集まる光景を見かけ、まちの中に若者は自由に過ごせる居場所をあまり持たないのではと思った。
問題解決のためには若者に居場所発見の機会を与え、行政に若者の声を拾う媒体を提供することが重要であると考え、まちの中に存在する感性の可視化を目指すことの大切さに気付く。
この気づきからマイナビキャリア甲子園にて街での若者の居場所不足という課題と、まちの中にある感性の可視化というアイデアを組み合わせたビジネスアイデアを提案し受賞したことをきっかけに本プロジェクトを立ち上げた。

仮説

まちの感性の可視化による居場所発見の機会と新たな居場所の創造は、若者に新たな居場所を与え、街のなかに世代を超えた多様な交流を生み出すと考える。

実験

  • まちでの若者の実態調査
  • 若者とまちの関係性の考察
  • まちの中での小さな居場所設計、若者の行動,意識の変化を観察

目標

小さな居場所づくり

未来

都市の中のどこでどのような人がどんな音楽を聞いているのか、まちの感性の可視化によって都市に存在する無限のパラメーターを可視化し、新たな都市体験を生み出したい。 若者が学校の外、地域社会に出向き、より多くの居場所を持つことで多種多様な人々と交流しながら生きる社会をつくりたい。そして、失われてしまったのかもしれない人々の感性を取り戻したい。

プロジェクトリーダーへ一問一答

  1. あなたはどんな風に育ちましたか?
    千葉の郊外にて木登りやドッジボール、体を動かし伸び伸びと育つ。工務店を経営する祖父の影響と中学の入学面接にて建築家になりたいと言ったのを機に、建築に強く興味を持ち、現在に至る。
  2. 渋谷の街のエピソード
    少し気を張って歩くまち。
    用事ついでに立ち寄って、Google Mapを見ながらご飯屋さん、古着屋さんを目的地に歩きます。大学生になったらもっと開拓したい!!!
  3. メンバーたちの意外な一面
    礒津さんは常にポジティブなのに、ピッチ前はアイデアemobbyの構想を5日連続夢でも練ってしまうくらい自分に厳しくストイックな面もある素敵な人!最高のチームメイト。
  4. 意気込みをお願いします!
    自分のうちに柱を、世界軸を立てるべく努め、自分の言葉が事物、人間、社会、世界とついには和解することを信ぜよ。

プロジェクトメンバー

  • プロジェクトリーダー林 愛子

    千葉生まれ千葉育ち。高校在学中にアメリカ, コロラドにて一年間の交換留学。都市の均質化を研究中。中学生の頃から建築学に興味を持ち、Odomos,UDC2アーバンデザインカイギを始めとする建築, アーバンデザイン関連のプログラムに多数参加。研究成果を社会実装する建築家を目指す。現在は感性の定量化に心を砕く。

  • 礒津 恵凛

    2005年、東京生まれ。中学一年生の時に全寮制のマレーシアのインターナショナルスクールに入学し、高一で帰国。現在はインターナショナルスクールに通い、ビジネス、経済学などを専攻中。第二回高校生まちづくりコンテストで準優勝し、近頃では交通弱者へライドシェアのサービスを提供するため、行政や多数のステークホルダーと協働している。

メンター

  • (株)KESIKI代表取締役CDO/(株)ウッドユウライクカンパニー代表取締役/多摩美術大学TCL特任教授石川 俊祐

    デザインアプローチの実践者。企業のパーパス経営から、人材育成プログラム、新規事業開発まで、数々の価値創造プロジェクトを主導。Central St. Martins卒。英PDD Innovations UKのCreative Lead を経て、IDEO Tokyoの立ち上げに従事。2018年よりBCG Digital VenturesにてHead of Designとして組織の立ち上げに従事したのち、2019年、KESIKI INC.設立。D&ADやGOOD DESIGN AWARDなど様々な審査委員を歴任するほか、数々のセミナー、カンファレンスにてキーノートを務める。Forbes JAPAN世界で影響力のあるデザイナー39名に選出。著書に『HELLO,DESIGN日本人とデザイン』

    石川 俊祐さんのページを見る

emobbyをシェアする

  1. TOP
  2. PROJECTS
  3. emobby

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

9月入居の募集期間

6/25 Tue - 7/22 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方