アーカイブ
  • 100BANCHプレゼンツ

2024年5月|GARAGE Program 応募相談会

  • 場所100BANCH 3F
  • 時間19:00~21:30
  • 値段無料
  • 人数30名まで

常識にとらわれない若者達が集う、未来をつくる実験区100BANCH

これからの100年をつくる若手リーダーのプロジェクトを推進するアクセラレーションプログラム「GARAGE Program」の応募相談会を開催します。

入居したプロジェクトが100BANCHでどんな活動をしているのか、具体的に知ることのできるメンバーピッチを開催。3カ月間、試行錯誤を重ねた実験の軌跡から多くのヒントが得られるはずです。
その後の応募相談会では、GARAGE Programへの応募に関するガイダンスのほか、皆さんからの質問もお受けします。
また、プロジェクトのデザインに役立つワークシートや100BANCHの活動を記録したアニュアルブック「100BANCH BOOK」もプレゼント!
応募に関して気になることがある方や、応募するか否か迷っているという方はぜひご参加ください!
100BANCHに入居しているメンバーとの交流会も設定していますので、メンバーと直接話していただくことも可能です。

百聞は一見に如かず。
ぜひご自身の目で、耳で、リアルな100BANCHメンバーの熱量と100BANCHの場の雰囲気をご体感ください。

 

■概要

日程:5/23(木)
時間:19:00 – 21:30 (開場18:45)
会場:100BANCH 3F
参加費:無料(1ドリンク付き)
参加方法:Peatixでチケットをお申し込みの上、当日100BANCHへお越しください

 

■タイムテーブル

19:00〜19:05:OPENING
19:05〜19:15:100BANCH紹介
19:15〜19:45:GARAGE Program OB/OGプロジェクト活動紹介トーク
19:45〜20:00:質疑応答
20:00〜20:40:GARAGE Program 現役プロジェクト 報告ピッチ
20:40〜20:45:今後のイベント紹介
20:45〜 :ネットワーキング
21:00~ :応募相談会
21:30 :イベント終了・閉場

ご希望の方は相談会終了後に施設見学も可能です。遠慮なくお申し付けください。

 

■こんな方にオススメ

・自分自身が理想とする未来を実現させたい
・全力で取り組みたいことがある
・GARAGE Programに応募したい
・GARAGE Programに応募しようか迷っている
・プロジェクトメンバーと直接話してみたい
・一度応募して不採択だったが再チャレンジしたい

 

■登壇者紹介
・MUJO:前田陽汰  #死 #無常観
「渋谷で死と出会う」


・OKINA大野宏#竹 #ものづくり
竹専用の接合部「OKINA」で、あり余る地域資源を「宝の山」にする

 

・LifehackMaterial五月女健翔  #アップサイクル #ものづくり
「世の中にあふれている素材を見つめ直し、素材が持つ可能性を示していく」

・ARES Project阿依ダニシ  #火星探査ローバ #宇宙
「宇宙を目指して世界の舞台に挑戦し、地球に還元することで新たな可能性を示したい」


・Trash lens
山本虎太郎  #アップサイクル #サスティナビリティ
「かざして探そう! モノの新たなスタートライン」

 

※本イベントページは、GARAGE Programへの応募を検討している方々が対象のページとなっております。
実験報告会のみの参加をご希望の方は以下のページよりお申し込みください。

▼申し込みはこちらから

https://100banch2024-5.peatix.com/

Hosted by

  • 100BANCH

  1. TOP
  2. EVENTS
  3. 2024年5月|GARAGE Program 応募相談会

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

9月入居の募集期間

6/25 Tue - 7/22 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方