「Bady」で、ありそうでなかった出会いを!

『Bady』project

プロジェクト概要

株式会社ポインティのメンバーが一番困っているのは、パートナーと出会う場がないことです。マッチングアプリによって出会える人数は増えましたが、パートナーができて幸せになった〜〜!という人は、あんまりいないように感じます。そこで、いい感じの出会いのサービスがないなら、自分たちでつくっちゃおう!と思いこのプロジェクトが始まりました。

  • 食コミュニケーション
  • 06ネオノマド新遊"動"民が誕生する
  • #マッチング
  • #結婚
  • #ウェルビーイング
  • #家族
  • #恋愛
  • #28期

動機

会社をつくってから、「あれ、恋愛砂漠じゃね…?」と気付きました。 自分たちが「使いたい!」と思った出会いにまつわるサービスがなかったので、 自分たちで突き詰めてつくるっきゃない!となったのが始まりです。

仮説

「もうこの人には二度と会わないから何を言ってもいい」「共通の友人もいないし、どんな態度をとってもいい」「ふだんの自分からかけ離れた自分を演じてもいい」…マッチングアプリは、友達に使ってることが分からないタイプのサービスなので、社会と繋がってない人格を引き出すデザインになっています。そこを変えれば、社会的かつ安心でいい出会いが生まれるのでは???という仮説です!

実験

100BANCHでは、1~2ヶ月でテスト用LPサイトを完成させて、3ヶ月目から、実際にユーザーに使ってもらうテストをしていきたいと思います。そのため、100BANCHにいる、独身で恋人募集中の方で試してみたい!という方にもテストユーザーとして協力して頂き、フィードバックをもとに完成版をつくりたいと思います!

目標

目標:サービスサイトの完成、テストユーザー100組200人登録!

未来

株式会社ポインティが描く未来は、好きな人との出会いから、恋人とより盛り上がるセックス、新しい家族の形の構築、子供への性教育、恋愛や猥談が楽しめる老人ホームなど…性愛にまつわる上流から下流まで、面白い事業がある未来です!なぜ上流から下流までやるかというと、株式会社ポインティのメンバーは、利己的です。他人が望むものではなく、そのときの自分が心から望んだものをつくる、というのが根底にあります。なぜなら自分たちが強烈に熱望して面白いと思っていたら、同じ人類ですから、他の誰かもきっと強烈に面白いと思ってくれるからです。自分たちのライフステージにあわせて、自分たちが面白がれる事業をやっていく、それが株式会社ポインティの未来です♡

プロジェクトリーダーへ一問一答

  1. 「あなたはどんな風に育ちましたか?」
    一人っ子として誕生し、幼少期は母方の家にいた6人(曾祖母、祖母姉妹3人、母と叔母)たちに、何をしてもスタンディングオベーションされながらビッグ・ラブを浴びて育ちました。幼稚園時代は肉体がワンパクで、すべり台から飛び降りて歯を折ったりしていました。その後、父の転勤でオランダ、イギリスに2年ずつ生活し、今思うと“アジア人”として悲惨な目に遭ってましたが、あんまり気にせず元気に通学。転校や環境変化に慣れきって、日本に帰る頃には、初対面での親しみ深さと愛しやすさに溢れる子供になっていました。
  2. 渋谷の街のエピソード
    はじめての彼女と付き合う前。渋谷の「ロックアップ」という監獄居酒屋がコンセプトのお店に行ったのですが、そこは入り口が洞窟みたいになってて、その子が「え、怖い」とピトっと袖を掴んできました。その瞬間好きになりました。ありがとうございます。
  3. メンバーたちの意外な一面
    ヒュジは、意外とうどん好きです。
    テク一郎は、意外と阿波おどりの笛吹いてます。
  4. 意気込みをお願いします!
    最愛老公!

卒業インタビュー(佐伯ポインティ)

  1. どのような実験は行えましたか?またその成果を教えてください。
    ①サイトの完成
    ②2回のbady合コンの実施
  2. 100BANCHはどんな場所でしたか?
    開放的かつ圧倒的に自由で、いろんな目的の団体がこの空間に集っていて、いい空気でした。
  3. これからの仮説/実験/検証を教えてください
    細かな改良の余地は沢山あるが、このbadyの特徴である
    「友人を巻き込んで社会的に出会う」という点をシステムに落とし込み、
    マッチング結果発表時に、“自分とバディ、互いにどの評価を選んだか開示される”
    という機能を加えて「非マッチ時にも互いの好みを覗き見できて盛り上がるのでは?」
    また「◎や☓といった強い評価を選ぶ際に、バディに対して説明責任が必要になるので、
    必然的に◯・△が多くなるのでは?」という仮説を実験しようとしている
  4. 最後に一言どうぞ!
    市原えつこさんと話したときに「ずっと同じテンションで、出会いとかのヒアリングしたり、猥談の取材したりしてて、マジパラメーター狂ってるって感じでいいね👍」と言われたのがウケました😂

プロジェクトメンバー

  • CEO佐伯ポインティ

    株式会社ポインティCEO(チーフ・エロデュース・オフィサー)。1993年、東京生まれ。早稲田大学文化構想学部を卒業後、株式会社コルクに漫画編集者として入社。2017年に独立しエロデューサーとして活動を始め、その後バイブスで起業。2018年に日本初の完全会員制「猥談バー」をオープン。著書に『世界のエリートとか関係なく面白い猥談』がある。赤子体型だが、精神はハッピーギャル!バイブスは高め↑↑

  • COOヒュジワラ彰吾

    1993年、兵庫県生まれの25歳。早稲田大学商学部を卒業後、クックパッド株式会社に新卒で入社。クックパッドに蓄積されたレシピ、ユーザーのトラフィックなどを活かした広告商品、B向けの事業開発をグループリーダーとして担当。主なプロジェクトとして、食品小売店の販売計画に合わせたレシピ動画を店頭にて放映するcookpad storeTVをリーダーとして立ち上げ、全国展開を推進。25歳にして、関心が性愛に偏りきっていることを痛感し株式会社ポインティを共同創業。

  • CTO染谷テク一郎

    1990年、千葉生まれ。東京工業大学大学院 計算工学専攻修士。クックパッド株式会社2016年新卒入社。AWSを中心とした機械学習基盤の整備に従事する傍ら、レシピの画像/テキストデータを利用した機械学習系の研究開発に取り組む。JSAI 2017、AWS Summit Tokyo 2017、AWS re:Invent 2017などに登壇。世界一エロいCTOになりたい27歳。

メンター

  • 予防医学研究者、博士(医学)石川 善樹

    1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。公益財団法人Wellbeing for Planet Earth代表理事。
    「人がよく生きる(Good Life)とは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。
    専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学、概念進化論など。
    近著は、フルライフ(NewsPicks Publishing)、考え続ける力(ちくま新書)など。

    石川 善樹さんのページを見る

『Bady』projectをシェアする

  1. TOP
  2. PROJECTS
  3. 『Bady』project

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

9月入居の募集期間

6/25 Tue - 7/22 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方