INFORMATION
私たちは、物々交換によって新しい価値を創出するプロジェクトです。

私たちは、物々交換によって新しい価値を創出するプロジェクトです。

LESS THAN 80 DAYS

BC CLUB

プロジェクト概要

物々交換によって、お金を使わずに、ものそして価値を交換しあえる世の中を渋谷から発信します。
そして、全ての人が参加できるイベントを開催し、物々交換をきっかけに新しい出会いを生み出すコミュニティーを作りたいです。

TAG

  • #コミュニケーション

  • #体験

  • #コミュニティ

CONTACT

動機

SNSなどオンライン上のやり取りが発達している昨今、対面での会話を通じた物のやり取りが少ないと感じている。
イラストレーターである私が、陶芸家の友人と、お互いの作品を物々交換した時に新たな価値を感じた。その体験を、多くの人が集まる場でも体現してみたいと思い、活動を始めた。
流行している「シェアリング」に疑問を抱き、お互いが平等でメリットが得られるモノのやり取りをしてみたいと思った。

仮説

お金を対価にしない、モノや価値のやり取り。
例えば、フリーマーケットのイベントのように誰でもこれるが、お金は発生させずにものの交換、やり取りをし、コミュニケーションを図れるようなイベントを開催する。物々交換をきっかけに新しい出会いを生み出すコミュニティー創りを行うプロジェクトである。

実験

物々交換のイベントを2回行う。お金を対価にしないモノや価値のやり取りを通じて、新しい価値の創出を体現したい。物々交換、それに加えて価値の交換を行う。

例えば、DJは音楽を提供する。見た人がダンサーならばダンスを踊ったり、物を持ってきた人はそれを贈ったりして、価値の交換を行う。

目標

1. イベントの開催
2.メディア掲載
3.物々交換の一般化

未来

創りたい未来の形。理想の将来。
お金とものでは無く、心と心の交換ができる世の中。
価値をお金で買う時代は終わり、カードで払う時代も終わり、その人の価値を自分の価値と交換と交換できる世の中。

リーダーインタビュー(蔵元あかり)

  1. 「あなたはどんな風に育ちましたか?」
    4人家族。父が教師で母が服飾関係の仕事。幼い頃から芸術分野に触れることが多く、ピアノや中高は全国大会常連校で6年間吹奏楽部で鍛えられる地獄の生活を送る。その反発のあり、音楽では無く絵を描き始め、現在はイラストレーターとして活動をする。
  2. 渋谷の街のエピソード
    男の子と会うときはもっぱら渋谷!WWWなどでライブなどに行きます。あとは辛いインターンシップが道玄坂に。。。あったなー。
  3. メンバーたちの意外な一面
    吹奏楽上がりの美術大好き人間!間嶋さんは楽観的な私をサポートしてくれる頼れる存在。なんなら彼女がリーダー向き・・・ですがデザインからメンタルサポートまでしてくれる人です!!!
  4. 意気込みをお願いします!
    お金というものがある時代に物々交換というお金を対価にしないもののやり取りの可能性をイベントで実現させ、ものの大切さやその人の思いなどコミュニケーションを取りながら親睦を深めて、そこから新しい価値を見つけたいです!!!

PROJECT TEAM

蔵元あかり

代表

東京家政大学 家政学部 造形表現学科 4年。現在イラストレーターとして活動。表参道ロケットなどでの展示、イベントなどでのライブペイントを行なっている。

間嶋みのり

副代表

共立女子大学 家政学部
建築・デザイン学科4年
合同会社Colonb’s / Graphic designer

mentor水野雄介

ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO

1982年、北海道生まれ。慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒、同大学院修了。大学院在学中に、開成高等学校の物理非常勤講師を2年間務める。その後、株式会社ワイキューブを経て、2010年、 ライフイズテック株式会社を設立。14年に、同社がコンピューターサイエンスやICT教育の普及に貢献している組織に与えられる “Google RISE Awards ” に東アジアで初の授賞となるなど世界的な注目を浴びている。「日本のIT界にイチロー並みの人材を送り出す!」を目標に世界を駆け回る日々を送っている。