• メンバーズボイス

「やりたい」があるなら100BANCHに飛び込め。BGMは THE BLUE HEARTS で [18日目]

100BANCH編集部の船寄です。

突然ですがこの歌詞を知っていますか?

「あれもしたい これもしたい もっとしたい もっともっとしたい」

これはTHE BLUE HEARTSが 1993年にリリースした『』の一節。ボーカルの甲本ヒロトが叫びながら歌うこの曲は、いつ聴いても心にズシンと響く。あのリリースから約30年。今の世の中、この歌みたいに「あれもしたい」「これもしたい」と自分の夢を純粋に叫べる人ってどれだけいるのだろう。

「誰かに否定されるのが怖い」
「そんなのは大それたことだから」
「自分にできるわけがないよ」

自分の「やりたい」とか「好き」という感情に蓋をして、後々「やっぱり、やっておけばよかった」と後悔する。そんなことを僕は何度も繰り返してきたし、まわりにも同じような人は山ほどいた。

どこかで「やらない後悔より、やった後悔の方が悔いはない」と聞いたこともあるけど、「俺はこんなにやりたいんだ!」と、なりふり構わず夢に向かうにはどうしたらいいんだろう。数年前までそう思っていた。

2018年、僕は100BANCHの編集部に入った。「昆虫食で食文化?」「ふんどしのファッションショー?」「しいたけで世界平和?」……。「それ、どういうこと!?」とツッコみたくなるようなプロジェクトに戸惑いながらも、プロジェクトメンバーに触れていくと、みんな他人の目なんて全く気にせず、自分の夢に向かって「こんな世界にしたい!」と目を輝かせている人たちばかりだった。

その姿を見て僕は「ここにいる人たちって、THE BLUE HEARTSの世界じゃん」と思った。みんな「あれもしたい これもしたい もっとしたい」って夢を実現するために突っ走っているなって。

ああ、もっと素直に生きればいいのか。

そんな感情がすとんと腹落ちした僕は、当時「やりたい」と思っていた小さなギャラリーを後先考えず「えいやっ!」と開いた。結局、数年でまた違う方向に進んだけど、その行動に全く悔いはないし、その経験が今の僕を形づくるひとつになっている。

「誰が何と言おうと自分はこれがやりたい」。

そう思っていても一歩が踏み出せない人は、ぜひ100BANCHを訪れ、昼夜活動するプロジェクトメンバーと会話してみてほしい(毎日見学可)。

あなたの「やりたい」を否定することなく、きっとその「夢」を後押ししてくれるはずだ。

 

この記事は100BANCHにまつわる様々なストーリーをメンバーやスタッフが紹介するリレーブログ企画です。他の記事はこちらのリンクからご覧下さい。

100BANCH ADVENT CALENDAR 2021
https://100banch.com/magazine/advent/2021/

Twitterではプレゼント企画も実施中!
https://twitter.com/100BANCH

  1. TOP
  2. MAGAZINE
  3. 「やりたい」があるなら100BANCHに飛び込め。BGMは THE BLUE HEARTS で [18日目]

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

9月入居の募集期間

6/25 Tue - 7/22 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方