• メンバーズボイス

広げる。——2022年 今年の抱負!

こんにちは、Bridge Letterです!

Bridge Letterとは、自分の障がいについて話しづらいと感じていたり、将来が見いだせない中高生に対して、幅広い分野で活躍する20代の方々の生き方や価値観をインタビューし、発信するプロジェクトです。

2022年のBridge Letterは、やりたいことが2つあります!

①Bridge Letterの活動について、より多くの人に知ってもらう

1月にvol.1として、一般の学校に通っている聴覚障がいのある高校生に向けたリーフレットが完成し、みなさんに配布しています。今年はまずは1軒でも良いのでカフェなどにリーフレットを置かせていただいて、まだ声が届いてない方達に知ってもらいたいです。

②同じ想いを持っている仲間を集める

今は2人で制作しているのですが、正直、視点と時間が足りなくなってきました…。もし同じような想いを持っていて、活動が気になる!という方がいましたら、ご連絡ください!

bridgeletter2021@gmail.com

ここからは、プロジェクトメンバーの池田と田中のそれぞれの抱負です。

【田中さくら】

2022年は「勝負する」年に。

といっても、何か大きな大会や勝負事があるわけではなく…。日頃のちょっとした提案でも、自分なりに、勝負に出てみる回数を増やしたい。勝つか負けるか分からないからこそワクワクするし、新しい風を吹かせることができるかも、と思っています。今年は攻めの姿勢を大切にします!

【池田優里】

2022年は「大冒険する」年にします!

自分の視野を広げるために、自分のやりたいことが実現できるように、多様な人に出会ってみたり、普段あまり行かないような場所に行ってみたり、ちょっと遠回りしながら、たまには休憩しながらしていきたいと思います。2022年の池田の大冒険、START!

2022年も、Bridge Letterをよろしくお願いいたします!!!

 

この記事は100BANCHのメンバーやスタッフが2022年の抱負を語るリレーエッセイ企画です。他の記事はこちらのリンクからご覧下さい。

100BANCH 2022年 今年の抱負!
https://100banch.com/magazine/resolution/2022/

Twitterではプレゼント企画も実施中!
https://twitter.com/100BANCH

  1. TOP
  2. MAGAZINE
  3. 広げる。——2022年 今年の抱負!

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

9月入居の募集期間

6/25 Tue - 7/22 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方