INFORMATION

ゴミからはじまるモノづくり

100BANCH 3F

2022.Jul.04(Mon)

無料

70人

Jul.

04(Mon)

100BANCH 3F

#トーク

#トーク

ゴミからはじまるモノづくり

19:00 - 21:00 
無料
定員70名

「ものの役に立たず、ないほうが良いもの」とされるゴミ。生活の中で使わなくなってしまったものや、もともと使い道がないとされるものまで、あちこちでゴミの山に出くわします。

できれば見ないふりをしたいゴミの山を直視し、ゴミからモノゴトを考えはじめてみる。すると、未活用資源を活用した新商品や新たなサービスも誕生してきました。

本イベントでは、そんな挑戦をする100BANCHのプロジェクトリーダーとともに、ゴミとの付き合い方や次の時代のモノづくりを再考するシンポジウムです。リサイクルという言葉が日本で使われるようになって約50年。いっこうに小さくならないゴミの問題をポップに解いていく鍵を、一緒に探していきましょう。

本会場では、プロジェクトが手掛ける新商品やサービスも体験いただけます。

 

《イベント詳細》
日にち:2022年7月4日 (月)
時間 : 19:00~21:00(開場 18:30) 
会場:100BANCH 3F
(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1)
参加費:無料
人数:70人(100BANCH現地参加)、100人(オンライン視聴)

 

《プログラム内容》
・オープニング
・インプットトーク ~ゴミの山~
 株式会社fog 代表取締役  大山 貴子
・プロジェクト 活動紹介
  ・natto pack2.0
  ・パナソニックのサステナブル素材「kinari」
  ・アイカサ
・登壇者によるクロストーク
・来場者とのダイアローグ
・商品・サービス体験会&ネットワーキング

 

GUEST

Kinari×100BANCH プロジェクト

山本英郎

パナソニックホールディングス株式会社 技術部門 マニュファクチャリングイノベーション本部成形技術開発センター 成形技術開発・事業 企画責任者

2007年生産革新本部入社。家電や電池などのモノづくり・商品開発を経て、現在の役職およびセルロースエコマテリアルの事業推進を担当。ナナナナ祭2022に向け、高濃度セルロースファイバー成形材料「kinari」を使った100BANCHカップを制作。

▼参考記事 植物由来のサステナブルなプラスチック「kinari」。誕生の裏にあった「逆転の発想」とは?| Make New Magazine 
https://makenew.panasonic.jp/new/articles/006/

natto pack2.0

鈴木真由子

代表

1995年横浜生まれ。B型。身長166cm。「納豆を食べることが仕事」の新卒フリーランス。【”自分の存在価値”を実感しやすい社会づくり】を目指し納豆を切り口として、日々活動中。納豆に関する企画プロデュースが主な事業内容。

iKasa

丸川照司

CEO

台湾と日本とのハーフで4割ほどシンガポールなど東南アジアで育ち中国語と英語が話せる。18歳の時にソーシャルビジネスに興味持ち社会にいいビジネスをしたいと志す。19歳の時に子ども目線の反抗期カウンセラー、20歳に株式会社ノジマでセールストップ10、その後マレーシアの大学へ留学した。在学中に中国のシェア経済に魅了され、アイカサを立ち上げる。

Food Waste Chopping Partyプロジェクト

大山 貴子

リーダー

EarthommUnity 代表。東新宿の実験トライアングルコミュニティスペース&自然派カフェ「みせるま」ディレクター。 米ボストンサフォーク大にてゲリラ農村留学やアフリカで人道支援に従事、卒業。ニューヨークにて新聞社、EdTechでの海外戦略、広告代理店コピーライターを経て、「みせるま」に参加。小さな街角スペースから発信する平和活動を食を通じて行っている。2017年春よりEarthommUnityを立上げ、サステイナブルな暮らしの提案を行う。

HOSTED BY

100BANCH

INFORMATION

ゴミからはじまるモノづくり

2022.Jul.04(Mon)

100BANCH 3F

無料

70人

100BANCH 
〒150-0002 
東京都渋谷区渋谷3-27-1 
JR渋谷駅 新南口 徒歩2分

TICKET

事前にPeatixより参加チケットに申込みください。
Peatixチケットは2種類あります。
・100BANCH会場参加チケット
・オンライン視聴チケット

UPCOMING

Oct.

09(Sun)

100BANCH 3F

#ワークショップ

#ワークショップ

Shibuya gapcap!

【渋谷のまちを瓶詰めする】

参加者にとっての渋谷の様々なお気に入りの場所を散策し、そこに落ちているものを瓶詰めします。各自が瓶詰めしてきたものを見せ合いながら、なぜその場所が好きなのか、どんな使い方をしているのかを発表し合います。
【こんな方におすすめ】
・まち歩きが好きだ
・渋谷にお気に入りスポットがある
・瓶詰めに興味がある

【イベント概要】
日程:10月9日(日) 
時間:第一部13:00-15:00 第二部16:00-18:00 (※どちらの参加でも可!)
会場:100BANCH 3F
参加費:無料

【タイムテーブル】
〈第一部〉
13:00 チェックイン
13:10 瓶詰め開始
14:00 瓶詰め終了 ワークシート記入
14:20 シート記入終了、発表開始
14:50 発表終了
15:00 チェックアウト

〈第二部〉
16:00 チェックイン
16:10 瓶詰め開始
17:00 瓶詰め終了 ワークシート記入
17:20 シート記入終了、発表開始
17:50 発表終了
18:00 チェックアウト

※どちらか一方にご参加ください。

【実施について】
・参加希望の方は、本イベント申し込みページより申し込みをお願いします。
・イベント説明を100BANCH 3Fにて行います。チェックイン時は100BANCH 3Fにお越しください。
・イベント中は実際にまち歩きを行います。動きやすい服装でお越しください。

【主催者情報】
していいシティ
「都市のタブーを打破し、人々を都市の制限から解放する」を目的としたアーバニスト・コレクティブ。デザインリサーチの手法を活用して都市や地域を読み解き、制作や表現活動を行う。
私たちは都市に対する正解的解釈と、クリエイティブで自分らしい介入による一種の脱却的解釈にギャップがあると考え、そんな可能性に溢れた”素敵なまちの使いこなし方”を閉じ込めます。小さな透明な瓶に、お気に入りの場所を閉じ込めることで、人々の都市に対する均質化した解釈と介入の方法に可能性を与えて、自分なりの都市の使いこなし方が軽やかに爆発するような社会を描いていきます。