日本語が理解できない「言語難民」に
新しい日本語教育を提供

FINISH!

NIHONGO

プロジェクト概要

日本語が理解できない「言語難民」と呼ばれる外国人の人々が日本中で不当な扱いを受けています。
この状況が続けば治安が悪化するだけでなく、労働力も不足し、日本は低迷します。
その防止策としての日本語教育を提供していきます。

CONTACT

  • 2月 実験授業(学生募集)/新規カリキュラム作成・新規教材作成 
  • 3月 実験授業(学生募集)/新規カリキュラム作成・新規教材作成/教員養成
  • 4月 実験授業(学生募集)/新規カリキュラム作成・新規教材作成/教員養成/サービス提供開始/正規授業/実験授業

PROJECT TEAM

永野 将司

代表

ダブルスクールで日本語教師資格を取得し、大学在学中の2007年から日本語を教え始める。これまでに国内外の大学・日本語学校などで1,000人以上の外国人に日本語を教えてきた。昨今の在日外国人の生活状況に危機を感じTokyo Startup Gareway 2017に応募し、ファイナリストに選ばれた。

Nguyen Thanh Dong|IT・ベトナム事業担当

1984年ベトナム・ホーチミン生まれ。

2008年、Ho Chi Minh Open Universityを卒業し、日本のソフトウエア企業に就職するために来日。現在はデジタルハリウッド大学大学院でデジタルコンテンツマネジメントを専攻している。

ベトナム企業への営業を担当しながら、自身の経験をもとにした日本語学習アプリを開発中。

中村瑠璃葉|英語翻訳担当

幼少期の大半を海外で過ごし、国内の高校を卒業後、オーストラリアの通訳士専門学校へ入学。1年でオーストラリア政府公認の通訳士資格を取得するが諸事情により帰国を余儀なくされる。

2018年4月より神田外語大学でインドネシア語を学び始める予定。