INFORMATION
"食"を通じて生まれる、刹那的な『遭逢の連鎖』、『ヒト・モノの往来』を仕掛けるコミュニティーとしてのモバイル空間を目指すPJです。

断片的シーンやムーブメントと共存した、『“4th” place』の設計。

LESS THAN 79 DAYS

Angya+

プロジェクト概要

従来、テイクアウトが主とされていたフードトラックに、最大9人収容できる設計にすることで、偶発的なコミュニティーが生まれる場としての価値を提供します。 またトラックが各地に赴くことにより、その土地特有の価値を活かした食品開発やタイアップ企画などを仕掛けていきます。 そんな空間を私たちは、『“4th” place』と名付け、現社会に対してどう機能するのかを検証します。

"食"を通じて生まれる、刹那的な『遭逢の連鎖』、『ヒト・モノの往来』を仕掛けるコミュニティーとしてのモバイル空間を目指すPJです。

TAG

  • #コミュニケーション

  • #ライフスタイル

  • #カルチャー

CONTACT

動機

映画から得たインスピレーションを友達と青山の銭湯で語ったのを思い出にしていたら、アメリカ滞在時にフードトラックに触れる機会が多々あったことや、音楽などのカルチャー面やコミュニティーの機能などの様々な刺激を受け、現実に起こしたくなった。動き出した今となってはこのプロジェクトに様々な思い入れがあるが、銭湯で話したアノ感覚のままの、”能動的にも受動的にも楽しめる空気感を作る”、という事はブレない。

仮説

ITの進歩に伴い全てのモノ・動きに効率化が図られ、ますます便利になって行く社会。デジタルネイティヴ世代である私たちは、その恩恵をより享受し、無意識的に利用してる。そんな世の中に、アナログなモノとして残るのは、『食』と『リアルなコミュニケーション』であるのは確かである。ミレニアル世代、そして次なる世代は、そういったモノにこそ人間価値を置き始める。

実験
  • 1. できるけ全ての食材を繋がりのある農家さんの元へ訪ね、その本質を知った上で食材を使用する。そのため、トラックが完成次第農場巡り実行。

  • 2. 知り合い農家さんとは、単に『生産者-消費者』という関係ではなく、積極的なタイアップを行うことで、結びつきを強めて行く。そこから生まれる新たな価値の探求。
  • 3. 各シーンやコミュニティ、地域の隔たりがなく横断的なイベント、ないしは空間を提供。
  • 4. 貨幣を通さない交流の(文字通り)実験。

目標

1. DIYで造るフードトラック完成。

2. 農家さんとの関係をできるだけ密にし、実際に契約していただく農場の数を10件以上とする。

3. トラックの製作過程、農場巡り、食品研究、等私たちがオープンに向けて行う全過程を透明化した、web マガジンの運営。

4. お店オープンに掛かる費用をクラウドファンディングにて収集。

未来

場所、時間や個人のバックグラウンドを超越する空間で居心地のいいアトモスフィアが広がる。

リーダーインタビュー
  1. あなたはどんな風に育ちましたか?
    ー "ハーレー乗りの母親に常に自由奔放に生かされていたせいか、先生や周りの言うことにも全てに半疑状態で自分で考えて育ってきた。
    時には一線を超える事もあったが、厳しく指導されることもあって、グレーゾーンではなく、消しゴムで消した後くらいの白いノート色辺りで生きれるようになった。
    近年、行きたい時に行きたいところへ行くことを覚え、かっこいい大人に会いまくって、自分の中の’可能性’がビヨーンと広がって、夏が嫌いなのは’蚊ーのせい〜’になりました。"
  2. 「渋谷の街のエピソードは?」
    ー "渋谷は、ニュージーランド帰りの大学のスケーター友達に宮下公園のパークにつれて行かれ、それ以来カレーかサンドウィッチ食べてスケボーをしていた。帰国後は渋谷を都市として「すっげえ街だ!」と感じた。最近のマイブームはスクランブル交差点で信号待ちの時、スクランブル変人を見つけること(超多い)"
  3. 「メンバーたちの意外な一面は?」
    ー ヤマナカ・シンタロウは、中学校高校大学アメリカと図らずともずっと同じですが、頭がキレる。あと、感性的なものが似てるので言葉にしなくても、「あの感じ」で通じるのがとにかく楽。最近は細かいところにも目がいく面も。
  4. 「意気込みをお願いします!」
    ー この夏、いい波乗りたい!

PROJECT TEAM

松本光貴

企画プロデューサー

山口県光市出身・早稲田大学3年。これまで旅と留学に費やしすぎて、今年は自分も動きたくなった。

山中真太朗

director

山口県周南市出身。早稲田大学社会科学部3年。 飲食店経営の父親の元に生まれ、幼少期からそれとなく食や、それを取り巻く空間に関心はあった。 カリフォルニア州立大学に留学した際に、食料問題を中心に学ぶ。また、趣味でLA周辺についてのwebマガジンを運営していた。

mentor楠本 修二郎

カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長

1964年、福岡県生まれ。1988年、早稲田大学政治経済学部卒業後、リクルートコスモスを経て、大前研一事務所入社。平成維新の会事務局長に就任。2001年、カフェ・カンパニーを設立し、代表取締役社長に就任。“コミュニティの創造”をテーマに、およそ70ブランドを展開する他、地域活性化事業、商業施設のプロデュース等多様な事業を手掛けている。2010年よりクールジャパン関係の政府委員を歴任。(一社)東の食の会、(一社)フード&エンターテインメント協会、(一財)NEXT WISDOM FOUNDATIONの代表理事、東京発の収穫祭「東京ハーヴェスト」の実行委員長を務める。

mentor田中 開

The OPEN BOOK 店主

1991年東京都出身。早稲田大学基幹理工学部卒業、現在は同大学院に在籍中。祖父はゴールデン街をこよなく愛する、直木賞作家の田中小実昌氏。その縁もあり、この街にレモンサワー専門店【THE OPEN BOOK】をオープンする。