EVENT REPORT

2020.09.04 Fri

直接会えなくても、私たちは患者さんを救うことができる。 オンラインホスピタルアートの可能性ーーみんな元気にな〜れ#ホスピタルアートづくり

  • #ナナナナ祭2020

  • #COMMUNICATION

  • #MEDICAL

  • #アート

  • #こころのケア

  • #医療

私たち「 PAIN PAIN GO AWAY」プロジェクトは、参加型アート作品「みんな元気にな〜れ#ホスピタルアートづくり」をナナナナ祭2020で実施しました。(7/24〜7/25)

「患者を救うのは医療従事者だけではなく、アートの力が必要になる」
そう信じているからこそ、このような時に私たちのプロジェクトができることをやろうと企画しました。プロジェクトリーダーの中澤 希公が当日の様子をレポートします。

INDEX


ー当日参加者の元に届けられた実験キット


今回私たちは、ホスピタルアートの魅力を伝えながら、参加者と共に黄色いアート作品を作成するイベントを企画しました。このイベントを企画した理由は、新型コロナウイルスにより、入院患者や福祉施設にいる利用者が面会謝絶を余儀なくされている状況にあるため、PAIN PAIN GO AWAYのプロジェクトを通じて、元気を与えたいと感じたたためです。

 

黄色いアートをSNSに投稿し、閉鎖空間にいる方々に素敵なアート作品と出会う機会を与えるムーブメント「serve the yellow art」からゲストとして、発起人である小林ひかりさんと月村栄理奈さんにお越し頂き、アート作品が人を救ったお話を参加者にして下さいました。

イベントでは、お届けした黄色い画用紙に「エネルギー」をテーマとして参加者のみなさんにお絵描きをしてもらいました。力強い太陽を描く方、笑顔いっぱいの女の子を描く方、参加者の個性溢れる素敵な作品が集まりました。それらの作品を活用し、認知症患者へ届ける動画撮影をしました。zoom上で振り付けや演出を行うのは大変でしたが、参加者の皆様が自然と笑顔になり、一体感を生み出すことができました。

 

 

また、serve the yellow artという黄色いアート作品をSNSに投稿し、閉鎖空間にいる全ての人々に素敵な作品と出会う時間・機会を提供するムーブメントを始めたゲストをお呼びすることによって、アートの力を参加者にお伝えすることができました。これまでに集まっていたserve the yellow artの作品を観覧する時間を提供し、色彩によって心が癒される体験もして頂けたのではないかと思います。

 

@ka_kiiiiku.jp_natto

100banchのナナナナ祭にて、「みんな元気にな〜れ##ホスピタルアートづくり」というイベントを開催致しました。黄色は元気、希望といった明るいイメージを与えることができます。この動画から、多くの人たちが元気になってもらえると嬉しいです。##100banch ##ナナナナ祭 ##zoom撮影

♬ キラキラfeat.カンナ – AI

 

来てくださった方から、「とても楽しかったし、作成したアートによって、誰かが救われると考えると自分まで幸せになった。」という声を頂けました。

イベントを通じて、認知度の低いホスピタルアートの存在を知ってもらえただけでなく、ホスピタルアートの可能性まで体感してもらえたのは良かったと思います。出来上がった作品は、9月に認知症患者へ届ける予定です。

患者さんと直接会えなくても、救える方法があるのだと再発見できました。これまでPAIN PAIN GO AWAYは患者との参加型アートを通じて、医療施設に彩りを加えてきましたが、病院空間をデザインする方法は未知の世界が広がっていると感じることができました。これからも、多くの方々を巻き込んで、力強いアート作品が、人々を救える未来を作っていきたいと思います。

 

 

■関連リンク
・リーダーインタビュー:ホスピタルアートの力で新たな病院像を。:PAIN PAIN GO AWAY 中澤希公さん×鈴木敦子さん対談セッション

「医療と個人の未来」に興味のある方はこちらもチェック!

■「歯」から始まる未来〜セルフ歯型とりで自分を知ろう〜

歯型とりキットで自分の歯型を確認し、歯のメンテナンス方法をより具体的に学ぶことで、健康に生きることができる未来につなげたい。

https://100banch.myshopify.com/products/drips-1

レポート公開中:自分の歯並びを把握して、メンテナンス意識がアップ! 世界初のオンラインで歯型採りでワイワイ歯型をとってみた

 

>その他の未来についてはこちらから:まずはこれをチェック! リアル×オンラインで未来を届ける夏祭り「ナナナナ祭2020」キーワード別おすすめプログラム 

WRITER

PAIN PAIN GO AWAY

中澤 希公

実践女子学園高等学校3年。幼い頃からバレエを習っていたため、中学・高校では創作ダンス部に所属。母の死をきっかけに、医療について関心を持ち始める。

#ナナナナ祭2020