コオロギの大量繁殖技術と
養魚飼料としての普及で食料問題を解決

LESS THAN 39 DAYS

ECOLOGGIE

プロジェクト概要

世界の食料需要が増加し、水産養殖の重要性が高まるなか、養殖魚の飼料である魚粉の価格高騰が課題(ここ10年でその価格は3倍近く高騰)となっています。
本プロジェクトは、栄養豊富で、国連も次世代の食糧資源として注目する昆虫のコオロギを人工的に大量繫殖させるシステムを確立し、コオロギを養魚飼料として活用することで経済的にも環境的にも持続的な水産養殖の新しい形を目指します。
100BANCHでは、温度や湿度をセンサーでモニタリングするIoT生産システムを構築し、未来へと繋がる大量養殖システムのプロトタイプ制作を行います。

TAG

  • #食

  • #昆虫/生物

  • #IoT

  • #水産養殖

  • #食糧問題

  • #2F:GARAGE

プロジェクトのスケジュール
  • 7月 昆虫コオロギの飼育箱を持ち込み飼育を実施/制作準備/材料調達
  • 8月 制作を実施
  • 9月 昆虫コオロギの大量生産を可能とする飼育装置のプロトタイプを発表・展示

PROJECT TEAM

葦苅 晟矢│リーダー

大分県出身。現在早稲田大学商学部4年に在学中。学部2年の頃からの自身の「昆虫コオロギを活用した養魚飼料としての開発・販売事業」の事業化を目指して奮闘している。本事業案における今までの既存実績には東京都主催の「Tokyo Startup Gateway 2016」における最優秀賞&オーディエンス賞、日刊工業新聞社主催「キャンパスベンチャーグランプリ全国大会2016」におけるテクノロジー部門大賞・文部科学大臣賞などがある。

mentor岩田 洋佳

1969年生まれ。タイ、インドネシアで幼少期を過ごす。東京大学 農学部卒。東京大学 大学院農学生命科学研究科で博士号を取得。農業と情報科学の融合をテーマに、農研機構(農林水産省系の研究機関)などで研究に従事後、2010年より東京大学 生物測定学研究室 准教授。現在は、ゲノム科学と情報科学の融合による品種改良(育種)の高速化に主眼をおき、中米やアフリカにも研究を展開中。