EVENT REPORT

2021.05.21 Fri

自家製フレッシュチーズとお茶のマリアージュ! teplo 監修、ティーペアリング体験

  • #温故創新

  • #ENTERTAINMENT

  • #FOOD

  • #食

  • #GARAGE Program

  • #IoT

4月24日、JR大阪駅と直結する商業施設「グランフロント大阪」の南館内にある「パナソニックセンター大阪」のカフェ「Re-Life ON THE TABLE」で、「teplo監修ティーペアリング体験 自家製フレッシュチーズとお茶のマリアージュ」のイベントが開催されました。

「teplo」プロジェクトによる新しいお茶の体験を提供したこのイベント。当日の様子を100BANCH事務局がレポートします。

2020年にリニューアルしたカフェ「Re-Life ON THE TABLE」の担当者が、カフェをさらに活性化するために新しい取組みを模索している中で、100BANCHで活動する「teplo」プロジェクトに目が留まった。

 

「teplo」はお茶とIoTで食のパーソナライゼーションを実現するプロジェクトだ。このプロジェクトのリーダーでもあり、株式会社LOAD&ROADの代表を務める河野辺和典さんは「teploティーポット」のプロダクト開発・販売を行っている。このプロダクトは茶葉の魅力を最大限に発揮する独自の抽出テクノロジーと、飲み手の体調や気分にあわせて最適な状態のお茶を淹れる世界初の「パーソナライズ抽出機能」が特徴だ。

 

teplo抽出ステップ詳細動画

 

自家製チーズを売りにするカフェと茶葉の良さを最大限に引き出すことができるスマートティーポット「teplo」。この2つが交わることで、今までになかった新体験が生まれるのではないか。そんな仮説からこの企画はスタートした。

 

パナソニックセンター大阪2Fのカフェ「Re-Life ON THE TABLE」

 

「Re-Life ON THE TABLE」は、「食」を通じて新しい暮らしのヒントを発見できるカフェ。地産地消の食材やサステイナブル・シーフードを提供したり、プラスチックごみ低減に貢献する食器を使用するなど、環境にも優しい食のライフスタイルの提案・発信を行っている。

はじめに、カフェの担当者からチーズを使用したメニューの提案があった。

 

提案されたチーズメニュー

 

このメニューはブッラータ、ボッコンチーニ、リコッタチーズの3種類のチーズをのせた贅沢なプレート。チーズだけでクリーミーで濃厚な味わいを楽しむもよし、ブレッドや野菜と合わせて食べることでよりチーズの味が引き立つのが特徴だ。

 

試食会では、実際にこのプレートを味わいながらお茶を選定した。「teplo」の河野辺さんは「試食会にはいくつかお茶を持って行ったが、試食することで非常にクリアになった。チーズも種類ごとに個性があり、お茶の個性と合わせるのが楽しかった」とその日を振り返った。

コロナ感染症対策を万全に行った会場レイアウトを構築

 

イベント当日、なんと名古屋から足を運んでくれた方も。これにはカフェ担当者も「新しいお客さんを呼び込める企画にしたかったが、まさか関西圏以外からも来てくれるとは」と驚いていた。

 

シャンパングラスに注いだスパークリングティーでおもてなし

 

まずは、驚きのお茶体験からスタート。参加者は春の日差しで気温が上がる日にピッタリのスパークリングティーを試飲。初めて飲む人も多く、一気にお茶への関心度が高まった。

 

普段はお酒を飲むようなグラスがずらりと並んだ

 


お茶をサーブする河野辺さんの姿は、まるでワインのソムリエのよう

 

そして、いよいよ「teplo ティーポット」を使ったお茶の抽出を実施。お茶とチーズのイベントだと思って参加した人も、「teplo」に興味があって参加した人も、初めて見るこのティーポットに興味津々。お茶を淹れる実演では、写真を撮ったり、じっと抽出の様子を見つめたり、参加者が思い思いにお茶が抽出される時間を楽しんでいた。

 

各テーブルに配置されたteplo

 

参加者からは「こんなにもお茶とチーズって合うんですね!」「お茶の解説もとっても良かった」とうれしいコメントも。お茶のストーリーや「teplo ティーポット」の新規性は今までにないお茶体験となり、まさに「teplo」が提案する「ようこそ新しいお茶の世界へ」を体現したイベントとなったのではないだろうか。

 

新しいお茶の世界へ

 

イベントを振り返り「Re-Life ON THE TABLE」の担当者は、「コロナの影響でキャンセルするお客さんが出てしまったのが残念だったが、新たな客層の獲得や、新たな食の体験を発信することは、カフェのリニューアル後にやりたかったことだったので、何とか実現できてよかった」と胸をなで下ろした。

 

また、「teplo」の河野辺さんは「大阪で『teplo』を発信する機会があまりなかったので、今回こういったイベントを実施できてよかった。これを機に関西圏で『teplo』を広げていきたい」と抱負を語った。

 

今後、同カフェでは「teploティーポット」で抽出したお茶の試飲提供を期間限定で実施する予定だ。お茶とチーズのマリアージュをぜひ体験してほしい。

 

Re-Life ON THE TABLE

HP:https://www.panasonic.com/jp/corporate/center-osaka/about/re-life_table.html

 

WRITER

100BANCH編集部

#FOOD