100年先の未来は、どんな景色だろう。
まだ誰も見たことのない世界をつくるのは、いつの時代も若者達だ。

100BANCH(ヒャクバンチ)は、パナソニックが創業100年を迎えることを機に構想がスタート。その後、パナソニック、ロフトワーク、カフェ・カンパニーの3社が手を組み、2017年7月7日、渋谷に誕生しました。

ここでは、常識にとらわれない野心的な若者達が、昼夜を問わず活動を繰り広げています。100BANCHのミッションは、そんな彼らとともに「つくりたい未来」「100年先を豊かにする未来」を創造すること。24時間365日実験の場を提供し、年間約200のイベントを開催、さらにはSXSWやSlush、CESなど国内外での活動の機会も設けています。

多種多様な実験を、100BANCHから渋谷の街へと滲ませ、世界に拡げる。そうして100を超えるプロジェクトと、100年先の未来の景色をつくっていきます。

READ ENGLISH

MESSAGE

Panasonic

則武 里恵

パナソニック株式会社
コーポレート戦略本部
経営企画部 未来戦略室

パナソニックの創業者 松下幸之助は15歳の頃、電灯に照らされた大通りを走る電車を見て、電気を生業とすることを心に決めたと言います。大きな夢と野心をもって自宅の 「ガレージ」で創業したのが23歳の頃。そこから100年を迎えたこの時代にも、若い世代の野心的な挑戦から、次の「あたり前」が生まれてくるはず。そんな思いから100BANCHをつくりました。
どんどん発展する渋谷の街に未来の兆しを捉え、エネルギーの赴くままに大胆に挑戦する。意欲的な若者たちとの挑戦 を楽しみにしています。

loftwork

林 千晶

株式会社ロフトワーク
代表取締役

未来は、予想しようとすると遠ざかる。でも、どんな未来がいいか素直に想像すると、急に視界はひらけ、どんどんイメージが広がっていく。そんな存在ではないだろうか。100BANCHは、未来をつくる実験場。どの実験が成功するかは、誰もわからないし、問題でもない。大切なのは、やってみること。持てる限りの力で、挑戦すること。一人一人のエネルギーが、大きなうねりを作って、欲しい未来を形づくる。そう信じている。

CAFE COMPANY

楠本 修二郎

カフェ・カンパニー株式会社
代表取締役社長

僕たちの未来はどんな社会なのだろう。あなたは、人口減少をはじめとする様々な課題に対して、落胆し、希望を見出さない側で生活するのか? それとも、課題先進国としての自覚を持って変化の時代をチャンスと捉えて生きるのか? さあ、人生としてどちらを選びますか? 日本はこれからの時代、ライフスタイル立国として世界からリスペクトされる大きなチャンスが来ると思っています。ただ単に「食」にとどまらず、食べることを通じた新しい生活提案や生き方、新しい未来へのケーススタディ、そんなコトを創っていきたいと思っています。

パナソニックの創業者 松下幸之助は15歳の頃、電灯に照らされた大通りを走る電車を見て、電気を生業とすることを心に決めたと言います。大きな夢と野心をもって自宅の 「ガレージ」で創業したのが23歳の頃。そこから100年を迎えたこの時代にも、若い世代の野心的な挑戦から、次の「あたり前」が生まれてくるはず。そんな思いから100BANCHをつくりました。
どんどん発展する渋谷の街に未来の兆しを捉え、エネルギーの赴くままに大胆に挑戦する。意欲的な若者たちとの挑戦 を楽しみにしています。

未来は、予想しようとすると遠ざかる。でも、どんな未来がいいか素直に想像すると、急に視界はひらけ、どんどんイメージが広がっていく。そんな存在ではないだろうか。100BANCHは、未来をつくる実験場。どの実験が成功するかは、誰もわからないし、問題でもない。大切なのは、やってみること。持てる限りの力で、挑戦すること。一人一人のエネルギーが、大きなうねりを作って、欲しい未来を形づくる。そう信じている。

僕たちの未来はどんな社会なのだろう。あなたは、人口減少をはじめとする様々な課題に対して、落胆し、希望を見出さない側で生活するのか? それとも、課題先進国としての自覚を持って変化の時代をチャンスと捉えて生きるのか? さあ、人生としてどちらを選びますか? 日本はこれからの時代、ライフスタイル立国として世界からリスペクトされる大きなチャンスが来ると思っています。ただ単に「食」にとどまらず、食べることを通じた新しい生活提案や生き方、新しい未来へのケーススタディ、そんなコトを創っていきたいと思っています。

GARAGE Program

百(たくさん)の実験が交差し混じり合う

100BANCHのBANCHは、英語で「束」を意味する「BUNCH」に由来しています。エネルギー溢れる若者たちが、束のように集まり交差し混じり合う。その象徴ともいえる100BANCHのプログラムが「GARAGE Program」です。
U35の若者を対象に、次の100年につながる実験ブロジェクトを公募。毎月、各分野のトップランナーであるメンターが審査を行い、誰か一人でも応援すると言えば採択が決定。採択されたプロジェクトには「プロジェクトスペース」「トップランナーのメンタリング」「多様なネットワーク」を提供しています。

2019年1月、「GARAGE Program」で採択されたプロジェクトの数は100を超えました。

GALLERY

1/100BANCH BOOK

 

100BANCHの1年目、2017年7月〜2018年8月の活動やその設計思想を纏めた『1/100BANCH BOOK』。100BANCHの誕生秘話から、進行中の実験の数々が多数掲載されています。若者との共創を目指す「未来をつくる実験区」の裏側とはー?
100BANCHで購入できる他、amazonでも販売しています。ぜひご覧ください。

詳細はこちら→https://100banch.com/1-100banch-book/