INFORMATION

100BANCH street!! member pitch

100BANCH

2018.Sep.16(Sun)

無料

100人

Sep.

16(Sun)

100BANCH

100BANCH street!! member pitch

18:00-20:00 (開場 17:30) 
無料
定員100名

100BANCHでは、GarageProgram(3ヶ月間のアクセラレーションプログラム)を卒業するメンバーたちが活動をプレゼンする成果報告会を毎月実施しています。

今回は9/13日の渋谷に新しくオープンする商業施設『渋谷ストリーム』の開業と同時に、100BANCH前の遊歩道がオープンすることに合わせた特別バージョンです!

当日は朝から夜まで10以上のプログラムを実施するお祭り「100BANCH street!!」を開催。こちらに合わせて是非お越しください。

————————————-

開始:18:00(開場17:30)
終了:20:00
参加費:無料
参加対象:
・Garage Programへの応募を検討されている方
・発表プロジェクトに関心のある方
・100BANCH自体に興味のある方

イベント内容
・100BANCH & GARAGE Program 概要説明
・プロジェクト成果報告会
・100BANCH street参加プロジェクトピッチ

成果発表プロジェクト
・BUS HOUSE
・MATERIA
・Mirai Table Meeting
・Braille Neue
・NIHONGO
・Papertype×Shibuya
・Criket ramen
・Brain Hack Session

100BANCH street参加プロジェクトピッチ
・Tearoom
・180mg/dl
・lightful

発表PJの詳細は100BANCH WEBサイトから確認ください。
URL|http://100banch.com/projects/

※100BANCH Street!!の詳細は後日100BANCH WEB上で発表されます。

GUEST

BUS HOUSE

青木大和

CEO

株式会社アオイエ代表取締役CEO

1994年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科在学中。2012年に若者と政治を繋ぐ活動を開始。その後、法人化し、18歳選挙権実現の立役者となる。その後若い世代の夢を描き、誰しもが表現できる場を創るために 2016年にアオイエを立ち上げる。2017年に法人化し、代表に就任。コミュニティを再定義し、価値観を変え、思想を変え、生き方を変えることを目指す。

NIHONGO

永野 将司

代表

ダブルスクールで日本語教師資格を取得し、大学在学中の2007年から日本語を教え始める。これまでに国内外の大学・日本語学校などで1,000人以上の外国人に日本語を教えてきた。昨今の在日外国人の生活状況に危機を感じTokyo Startup Gareway 2017に応募し、ファイナリストに選ばれた。

MATERIA

戸塚 佑太

概念・プロジェクト全体のディレクション

1993年岡山県倉敷市生まれ。
「感情の振幅を最大化するコーヒーブランド」プロジェクト代表。
大学在学時1年間アフリカへの滞在でコーヒーと出会う。Web系の会社のインターンを数社経たのち、OneBox株式会社を同社CTOとして創業。
同社役員退任後、Colored Life Coffee高円寺の立ち上げ・経営後現在のコーヒーブランドの事業の立ち上げを始める。

Mirai Table Meeting

福留千晴

プロジェクトマネージャー

鹿児島県鹿屋市出身。早稲田大学国際教養学部卒業後、カナダ・モントリオールにて映画学を専攻、10カ国以上へのバックパッカー経験を持つ。広告会社を経て、現在は民間企業におけるマーケティング&商品開発や、地方自治体におけるコミュニティ形成を起点としたクリエイティブ人材育成やブランディング・PR発信を企画運営。また実家が鹿児島の本格芋焼酎の原料芋(黄金千貫)農家であることから、酒造の海外マーケティング&販路開拓などを展開中。

Braille Neue

高橋 鴻介

Founder / Designer

2016年に慶應義塾大学を卒業。専門分野はグラフィックデザインとプロダクトデザイン。100BANCH主催のアップサイクルハッカソンにてペットボトルのキャップをボルト・ナットとしてアップサイクルする「CAPNUT」プロジェクトが優秀賞を受賞。DESIGNART2017にて展示を行うなど、日常に浸透した文脈を応用し、「あたらしい普通」となるデザインを模索中。

菊永ふみ

代表

ろう者。福祉型障害児入所施設で聴覚障害児の生活支援に携わる。企業の社会貢献活動の一環として社員と聴覚障害児との交流企画を担当、2015年、異言語脱出ゲームを発案。謎制作も担当。

LIGHTENED

奥田 亮史

代表

東京大学工学部3年。

これまで政府や民間企業、大学等の数多くのプログラムに参加し、世界20の国と地域を視察。 

2017年にはニュージーランド・オークランド大学ビジネススクールに留学し、社会起業について学ぶ。

これまでの経験から日本には多様性が必要だと強く思い、留学中に一時帰国して、2017年11月に株式会社ライテンドを創業。

日本社会により多くの高度外国人材を送り込むことで、日本の国際化を図っている。

Cricket ramen

篠原祐太

Cricket ramen プロジェクトリーダー

1994年、地球生まれ。慶應大学卒業。昆虫食伝道師。現在は、虫料理の創作から、ケータリング、ワークショップ、執筆、講演と、幅広く手掛ける。中でも世界初の「コオロギラーメン」は大反響を呼び、お店開業に向け準備中。メディア出演も多数。狩猟免許や森林ガイド資格保持。

Brain Hack Improvisation

天野真

プロジェクトマネージャー

1997年、福岡県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部所属。音楽の中で行われる演奏者同士のコミュニーションの可視化方法を模索する。

Papertype × Shibuya

和田由里子

プリンター/ タイプデザイナー

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後スイスバーゼル造形学校在籍中の2009年から紙活字の制作をはじめる。 2015年に紙活字を発表し2016年からPaper Parade Printingとして紙活字作品制作やワークショップなどの活動をしている。 固定概念をこわし、多様なものと掛けあわせながら新しい可能性をつくる冒険中。

Tearoom

岩本 涼

代表

株式会社TeaRoom代表取締役。裏千家茶道での茶歴は11年を超え、2017年には米国へ渡り、茶会を開催した実績を持つ。米国にてITスタートアップ、リクルートなど、多数の大手・ベンチャー企業を経験。その後株式会社TeaRoomを創業。『日本の「茶」で人類の「和」を創るを掲げ』日本茶をはじめ、日本の伝統財を扱い、事業を展開している。

丸山亜由美

国境や業界を横断するボーダレスなグラフィック・デザイナー。日本と海外、メディカルサイエンスとアートの境目に、新たなコミュニケーションのきっかけを作っています。北里大学 医療検査科と武蔵野美術大学 基礎デザイン科を卒業、ニュージーランドで英語・ドイツでデザインを学ぶ。主なクライアントにNew Zealand大使館やEU広報局など。

田中あゆみ

lightful代表 浪人生

品川女子学院を卒業、絶賛浪人生。高校時代は映画を媒介としたイベントを企画・運営。現代の教育制度や現場の実情など、自分が体験してきたことからプロジェクトを発起する傍らで苦手な英語と向き合う毎日を送る。

HOSTED BY

100BANCH

INFORMATION

100BANCH street!! member pitch

2018.Sep.16(Sun)

100BANCH

無料

100人

100BANCH 
東京都渋谷区渋谷3-27-1

TICKET

参加はPeatixより申込みをお願いします。