マンガ×紙活字。活版印刷の次の100 年の可能性を発信していく。

Papertype × Manga

プロジェクト概要

Papertype×Mangaは紙製の活版印刷である紙活字と漫画を融合することによって生まれる表現の可能性の拡張を目指しています。
漫画のデジタルメディア化が進んでいる潮流の中で、改めて原画や紙媒体に目をむけ、そこから今までにない表現や発信の仕方を考え、見つけていきたいと考えています。漫画は本来、より多くの人に届ける為、大量印刷に適した独自の進化を遂げてきました。
そんな漫画の表現と紙活字が融合したときにどんな表現が可能になるのかを挑戦します。

  • 食メイカーズ
  • #活版印刷
  • #温故創新
  • #アート
  • #紙活字
  • #デザイン
  • #マンガ
  • #11期
動機

これまで紙活字を使って紙や印刷の可能性をTOKYOのカルチャーの中心である渋谷で発信していく活動をしてきました。

紙活字の可能性を追求していく中で、漫画とコラボすることでこれまでに見たことのない印刷や紙の在り方が生まれる瞬間がみたい。

仮説

漫画と紙活字させることは多くの可能性があり、漫画の印刷だけ切り取っても、大量生産を目的とした印刷手法から漫画を描く上での独自の表現が確立されています。(トーン、効果線など)近年ではその表現が印刷上の制約としてではなく、漫画表現として多くの場面で使われるまでになっています。

漫画の持つ可能性と紙活字をコラボレーションさせることで、これからくる小量多品種の時代の新たな表現を生み出せると考えています。

実験

1.紙活字と漫画とコラボレーションするうえで、紙活字のフォント自体をマンガを表現する原稿として拡張する。(漫画活字専用書体の開発)

2.漫画家さんとコラボレーションする。紙活字をキャンバスとし、漫画と活字のコラボの方法をさぐる。(マンガ活字)

3.マンガ活字のアウトプットとして印刷に落とし込む。大量生産が起源の漫画表現が少量多品種のメディアとしての可能性を探る。

4.様々の実験から出てきた可能性を集約し、メディアアートとして発信していく。

目標

マンガ活字をつかったBOOKや展示会など、3ヶ月の研究結果の成果を形にする。

マンガ活字が自分たちの表現だけでなく、多くの人が参加できるようになるようなフォーマットになるような土台を構築していく。

マンガ活字を新しいカルチャーとして渋谷から世界に発信していく。

未来

マンガ活字や紙活字など新しい表現を提案し、紙と印刷が100年後の未来でも時代に合わせながら進化していく。

これからどんどんデジタルメディアになっていくであろう未来だからこそ、紙と印刷がよりかっこいい表現として定着していく。

リーダーインタビュー(守田篤史)

  1. 「あなたはどんな風に育ちましたか?」
    普通に育ちました。デザイナーを志してからは、4浪したり、就職せずフリーランスになったり、事務所が火事になったりと割と波乱に満ちてます。
  2. 渋谷の街のエピソード
    渋谷はあこがれ
  3. メンバーたちの意外な一面
    和田さんは意外でしかないです。よくわかんない。
  4. 意気込みをお願いします!
    いっぱい作ります。とにかくもので表明します。

プロジェクトメンバー

  • アートディレクター/プリンティングディレクター守田篤史

    アートディレクターと並行してフリーランスのプリンデングディレクターとしても活動している。 印刷・紙加工とデザインのそれぞれの領域を越境しながら新しい表現を模索していく中で、2016年にPaper Parade Printingに参加。 また2013年からコーヒーとクリエイティブの領域を越境することをコンセプトにしたコーヒーブランド moi coffeeを運営している。

  • 和田由理子|プリンター/タイプデザイナー

    多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後スイスバーゼル造形学校在籍中の2009年から紙活字の制作をはじめる。
    2015年に紙活字を発表し2016年からPaper Parade Printingとして紙活字作品制作やワークショップなどの活動をしている。
    固定概念をこわし、多様なものと掛けあわせながら新しい可能性をつくる冒険中。

メンター

  • 一般社団法人マンガナイト代表理事
    山内康裕

    1979年生まれ。法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科修了後、税理士を経て、マンガを介したコミュ二ケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し、マンガ専門の新刊書店×カフェ×ギャラリー「マンガナイトBOOKS」を文京区にオープン。また、マンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」を設立し、“マンガ”を軸に施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。「さいとう・たかを劇画文化財団」理事、「これも学習マンガだ!」事務局長、「東アジア文化都市2019豊島」マンガ・アニメ部門事業ディレクター、「国際文化都市整備機構」監事も務める。共著に『『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方(集英社)』、『人生と勉強に効く学べるマンガ100冊(文藝春秋)』等。

    山内康裕さんのページを見る

Papertype × Mangaをシェアする

  1. TOP
  2. PROJECTS
  3. Papertype × Manga

100BANCH
で挑戦したい人へ

次の100年をつくる、百のプロジェクトを募集します。

これからの100年をつくるU35の若きリーダーのプロジェクトとその社会実験を推進するアクセラレーションプログラムが、GARAGE Programです。月に一度の審査会で採択されたチームは、プロジェクトスペースやイベントスペースを無償で利用可能。各分野のトップランナーたちと共に新たな価値の創造に挑戦してみませんか?

GARAGE Program
GARAGE Program エントリー受付中

2月入居の募集期間

11/29 Tue - 12/26 Mon

100BANCHを応援したい人へ

100BANCHでは同時多発的に様々なプロジェクトがうごめき、未来を模索し、実験を行っています。そんな野心的な若者たちとつながり、応援することで、100年先の未来を一緒につくっていきましょう。

応援方法・関わり方