「伝統」「文化」の形はひとつじゃない。
日本茶を、もっと自由に楽しむために。

LESS THAN 70 DAYS

NODOKA- ORGANIC JAPANESE TEA

プロジェクト概要

NODOKA(ノドカ)は日本茶をまるごと「食べる」ことが出来るオーガニック日本茶・抹茶パウダーです。ブランド名のNODOKAは「長閑(のどか)」からきています。安心安全を追求し、無農薬有機栽培で育てられた100%国産茶葉をぜいたくまるごとパウダーにしました。粉末加工することで、手間暇掛けて育てられた上質な茶葉本来の美味しさ、健康成分を余すことなく楽しむことができます。パウダー状なので飲んで楽しむだけでなく溶いて料理に使ったりお菓子に入れたることもできます。本プロジェクトではこのNODOKAを使ってワークショップや新しいお茶レシピの考案を行い、現代の感覚で伝統ある日本茶に新しい魅力を発見していきます。「伝統」に固執しすぎることなく、しかしその伝統が培ってきたよき「文化」の世界にもっと多くの人々を誘うことができるような試みを、この100BANCHで行なっていきます

TAG

  • #食

  • #グッドデザイン賞

  • #茶

  • #2F:GARAGE

CONTACT

スケジュール
  • 11月 LAND Seafoodでの新メニュー開発・試食試飲会開催
  • 12月 新レシピ開発・試飲試食イベント開催
  • 1月 お茶粉末を使った料理教室・ワークショップ開催 

PROJECT TEAM

洪 秀日

Japan Expo日本支社にて日本企業の海外進出支援、伝統と現在の日本文化を様々な側面から紹介すると共に人的交流の促進、新しい市場開拓を目的とした展示会、イベントの企画・運営に携わる。東日本大震災後、NPO法人 PLAY FOR JAPANスタッフとして活動。2013年より拠点をニューヨークに移す。2016年NODOKAを立ち上げる。

mentor楠本 修二郎

1964年福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、リクルートコスモス入社。93年大前研一事務所入社、平成維新の会事務局長に就任。その後、渋谷・キャットストリートの開発等を経て、2001年カフェ・カンパニーを設立、代表取締役社長に就任。店舗の企画運営、地域活性化事業等を手がける。