1トンの砂を敷いた展覧会『砂の街』を開催し、砂へのまなざしを更新する。

LESS THAN 10 DAYS

Emptiness town in a handful of sand

プロジェクト概要

私はこれまで、四畳半の部屋に砂を200キロ敷いた「砂の部屋」に暮らしながら、砂の上に人を招き、そこでさまざまな空間を展開してきました。もしもそれらの空間を一面の砂の上に同時に展開することができたら、それは街のようになるのではないか。この景色を実現する試みとして、砂の部屋の展覧会となる『砂の街』を開催します。
会場には1トンの砂を敷き、そこに異国の街のような空間を展開します。そして、訪れた人々の砂への思い出やまなざしを更新します。

TAG

  • #アート

  • #体験

CONTACT

動機

2016年11月、私は渋谷区にある四畳半の一室に砂を200キロ敷いた「砂の部屋」に暮らし始めました。そこに100を超える人を招き、様々な砂にまつわるエピソードを聞いてきたのですが、その多くの砂の記憶は子供の頃の思い出の中に留まっていました。私はそこにまっさらな想像の余地を感じ、そしてそれは、あらゆるものが飽和しているように感じられた現代の都市生活において泉のように思えました。

仮説

絆とまでは呼べなくても、ただ同じ地続き上に誰かが存在しているというだけで和らぐ孤独もあるのではないか。
一握りの砂は、私たちが同じ地続き上に存在しているという実感をもたらします。『砂の街』に訪れる人々には、最後に敷かれている砂を一握り持ち帰ってもらいます。『砂の街』での体験をした後に手にするその砂は、最後には消えてなくなる街の断片であり、他にも砂を分かち合った人々とのエンプティネスな繋がりとなります。
渋谷を出発点として、今後この取り組みを世界中のあらゆる場所で行う中で、一握りの砂を通した繋がりは広がっていきます。それは、多様性とは一言で括り切れないほどの人々の間を包括します。

実験

100BANCHの3階の空間を借り、そこに1トンの砂を敷いた展覧会『砂の街』を開催します。その1トンの砂は、現在私が暮らしている砂の部屋に敷かれている砂をはじめとした、これまでに敷いてきた780キロの砂と、新たに加える220キロの砂によって構成されます。それらの砂を一面に敷き、その上で屋台のようなかたちの作品群を展開します。そして訪れた人には最後に一握りの砂を持ち帰ってもらいます。

目標

『砂の街』のすべての砂が尽きた時、そこには街があった場所だけが残るが、砂の街は流出した砂によって存在し続けます。街は砂に溶け、広く流出し、人々の記憶や街の記録、そしてまなざしによって浮かび上がることになります。このようにして、一握りの砂へのまなざしを更新することを目指します。

未来

砂は100年後にも残り続けます。私ができることは、100年後に残るものをつくるよりも、100年後にも存在している砂へのまなざしを更新することだと考えています。そして、そのまなざしの先に見出せる可能性の広がりを、私は「想像力」と呼びます。それは、物事の空白を読み取る力であり、他者との関係の間を想うことでもあります。物事を捉えるまなざしが変われば、自然とその先に現れる行動や結果も変わってきます。人間のまなざしの先に少しでも彩を添えられるようになれば、それは100年先の人にも通じるものになると感じています。

リーダーインタビュー(井手尾 雪)

  1. 「あなたはどんな風に育ちましたか?」
    都心に近いマンションに囲まれたベッドタウンで生まれ育ちました。これといった地域色も不便もないところで、その分どこの地域から来た人も馴染みやすく、今でも人口が増え続けているようなフラットな街です。そんな土地で生まれ育ってきたことは、今私が砂に至るルーツの一つだと感じています。
  2. 渋谷の街のエピソード
    ”砂を敷けること”だけを条件に物件を探した結果、渋谷区にある部屋にたどり着きました。そこから、渋谷区の中でほぼ完結したような生活をおくっていますが、有象無象の人々がなんだかんだ同じ土地にいるような、そんな渋谷が好きです。
  3. メンバーたちの意外な一面
    ぽんちゃんの特技は、UFOキャッチャーでポケモンのぬいぐるみをとることです。
    かんちゃんの特技は、セーラームーンのポーズをとることになる予定です。
  4. 意気込みをお願いします!
    1トンの砂を敷いた景色をみられることを楽しみにしています。そして終わった後の掃除を頑張ります。

PROJECT TEAM

井手尾 雪

砂の主人

渋谷区にある四畳半の部屋に砂を200キロ敷いて暮らし、これまでに100人以上を招く。現在までに敷いてきた総重量は780キロ。今回のプロジェクトを機に1トンに到達する。

ぽんちゃん

砂のコックさん

食卓から世界をのぞけるようなごはんをつくる。旅をしながら、その土地の文化や風土を反映させたコロッケもつくる。砂の料理店のコックさんでもある。

かんちゃん

砂の図書委員

存在が無色透明。ニュージーランドで羊飼いになるため休学したが、羊の自立が想像以上に早く、世話することがなくなり帰国。裏方と呼ばれる作業は、すべて完璧にこなすことができる。

mentor江渡 浩一郎

国立研究開発法人産業技術総合研究所主任研究員/ニコニコ学会β交流協会会長/メディアアーティスト。東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。博士(情報理工学)。産総研では「利用者参画によるサービスの構築・運用」をテーマに研究を続ける。主な著書に『ニコニコ学会βのつくりかた』(フィルムアート)、『進化するアカデミア』(イースト・プレス)。*プロフィール写真 撮影:栗原洋平