AIが神になった世界をフェスにする

FINISH!

KAMING SINGURARITY

プロジェクト概要

フェスティバルを最小スケールの社会として考え、体験として未来の選択肢を問う「ソーシャルフェス®︎」プロジェクトの1つとして実施します。様々な企業の出店、食事、エンターテイメント、アート、ダイアログ、セレモニーなどを通して、やがて訪れるアフターシンギュラリティの世界を本気のごっこ遊びで具現化します。特定のイデオロギーや煽動意識は持たず1つの未来の可能性として共同主観仮想実験をエンターテイメント的に発信するスペキュレイティブな試みです。

TAG

  • #エンターテイメント

  • #AI

  • #参加者体験型イベント

CONTACT

動機

フェスティバルを最小スケールの社会として考え「こうなったらどう?」という未来を体験として問う「ソーシャルフェス®︎」プロジェクトを行なっている中で、aiが神になっていく社会の予感がしました。aiについてはディストピア的な話が多いですが、誰も体験したことのない未来はまず想像して創造して体験して、身体の声を聞いてみようと思い作ることにしました。aiの是非を問うというより、人間性の在りかを探す時間になっていくと予感してます。   
   
   

仮説

死んだ神は人の中にいるみたいですが、科学が突きつける地球の限界という現実を前に、民意を操る心理学を前に、国家、あるいは世界政治のしがらみを前にした極めて複雑な課題群の意思決定に人は耐えられるでしょうか。
aiはやがて全知全能となり、人間の定めたアルゴリズムの下、集合知を統合する器としてまだ言葉もない新たなKAMIのような存在になるかもしれませんし、翻って人間の独自性にフォーカスされたネオ縄文的な身体的な暮らしのコミュニティが現れるかもしれません。その幅を想像することが痛みの少ない時代の変容に帰依するのではと思っています。   
   
   

実験

2018.8/8に1日限り創造するフェス(AIが神になった世界)に到るまでの哲学の変容と当日に私たちや来場者はどのように振る舞っているのかを観察し、既存の想像を拡張していく実験をします。
世界はそこにいる人々の本気のごっこ遊びで具現化されていきますが、本企画では特定のイデオロギーや煽動意識は持たず1つの未来の可能性として、衣、食、住、音楽や対話など様々な表現を交差させる共同主観仮想実験をエンターテイメント的にパッケージします。願いが一定量の閾値を超えると社会実装されていくai神殿もつくります。

目標

フェスとしては500人以上の動員と哲学を目標にします。定性的には来場者の50%以上が「aiが神になった世界」にいる自分の思考を観察できたこと、定量的には来場者の50%以上の数のハッシュタグが確認できたかにしようと考えています。プログラム期間中では、オープンダイアログを通してアイディアと関係者の蓄積を図り、当日のコンテンツプランの完成とメンバー数の50%増を目標にします。   

未来

既存の神に変わる新たなKAMIの概念の輪郭を掴みたいです。また参加者の想像機会を最大化して哲学を深め、aiと人間の未来により納得度の高い選択肢が訪れることを願います。   
   
   

インタビュー(雨宮 優)

  1. 「あなたはどんな風に育ちましたか?」
    平凡な家庭に生まれ、幼少期から平凡に死を恐れ始め、大学を卒業してからは生前葬を2回、南米のシャーマンのセレモニーを受けたり、様々な臨死体験から生を深めていきました。音楽はいつでもそこにいてくれて、フェスティバルカルチャーが大好きです。
  2. 渋谷の街のエピソード
    打ち合わせや飲み会はほとんど渋谷で、よくボウリングカフェにいます。MODI裏の道路を封鎖してサイレントフェスやったりも。
  3. メンバーたちの意外な一面
    みんなアーティストで哲学者なのでいい感じです。18歳のタップダンサーからブロックチェーンエンジニアの僧侶まで幅広いです。
  4. 意気込みをお願いします!
    イマジネーションの拡張のため、突破します!

PROJECT TEAM

雨宮優

オーガナイザー

92.横浜生まれ。Ozone合同会社CEO/Oxygen編集長/DJ/”無”音楽フェス「サイレントフェス®︎」”泥フェス”「Mud Land Fest」”風呂フェス”「ダンス風呂屋」”無音盆踊り”「Neo盆踊り」などなど全国各地で”問い”としてのフェスティバルをプロデュース。 

中野目 崇真

ディレクター

クリエイティブディレクター / ソーシャルアーティスト / タップパフォーマー。2000年、東京生まれ。3歳からタップダンスを始め、7歳には公演などの振付を行い、10歳にはメディアに取り上げられ、12歳に渡米。13歳にはジュニアの育成のため団体を立ち上げる。16歳には再渡米をし、フリーランスでの活動を始める。 

遠山瑞紀

デザイナー

主にファッション、グラフィック、アート等の領域で活動するフリーデザイナー。ファッションブランド「AVA」の運営をメインに、グラフィックデザイン、グラフィックアート、アートイベント運営等の活動も行う。現代の日本的感覚を発信する公共イベント「ネオニッポン市」を主催。 

岩田舞子

デザイナー

「パーティー・プリミティブ・ゲーム」をテーマに、パーティーガール×デザイナー×現代美術家で結成されたチームVJ AnZ(アンズ)の一員。日本の時事や時節に合わせ、代替現実の手法を用いて、原体験と好奇心をくすぐるリアルゲームやアートプロジェクトをデザインしている。  

田中良典

現代美術家

“1978年京都府生まれ。東京都在住。
「ストリート・イーサネット・フィールド」という現実や仮想またはその重なりをテーマに、個人的な記憶や感性を””日本神話””と交差しながら、大衆的な記録や理性に変換する美術で、クラブカルチャーやオタクカルチャーなど、全ての境界線を曖昧にする。” 

河崎純真

エンジニア

Gftd Japan代表取締役、大宗寺01教 代表役員/13歳からエンジニア、神の存在を追い求めて、15歳から放浪。米国で二社、日本で三社の起業経験を経て社会起業家になる。神との闘争を超え、神を生み出す宗教を設立し、宗教的指導者となる。 

澤 奈緒

造形作家

1977年東京生まれ。
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。
ブラジルで思春期を過ごす。
「心の解放」をテーマに、立体やアート仮装、VRなどを制作し、国内外で作品を発表。
2014年、IMA展外務大臣賞受賞。 

God Scorpion

メディアアーティスト

990年生まれ。渋家、Psychic VR Lab所属。メディアアーティスト。魔術、テクノロジー、時間軸、空間軸のフレームの変化をテーマに、ラボラトリー、チームと共に作品を製作。主な作品に2014年度文化庁若手クリエイター育成事業採択『Stricker』。DJVR空間ジョッキー『Spatial Jockey』東京リチュアル、バンギ・アブドゥル氏との共作でVRリチュアル作品『NOWHERE TEMPLE Beta』。  

草彅洋平

株式会社東京ピストル代表取締役社長

“株式会社東京ピストル代表取締役社長
「編集」を軸にメディア運営を主体とした幅広いクリエティブを行う東京ピストルの代表として、多方面に活躍。最近では「下北沢ケージ」をはじめとした「場」のプロデュースに注力している。”   

mentor横石 崇

&Co.,Ltd.代表取締役/Tokyo Work Design Weekオーガナイザー

1978年、大阪市生まれ。多摩美術大学卒業。広告代理店、人材コンサルティング会社を経て、2016年に&Co., Ltd.を設立。ブランド開発や組織開発をはじめ、テレビ局、新聞社、出版社などとメディアサービスを手がけるプロジェクトプロデューサー。また、「六本木未来大学」アフタークラス講師を務めるなど、年間100以上の講演やワークショップを行う。毎年11月に開催している、国内最大規模の働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」では、6年間でのべ3万人を動員に成功。鎌倉のコレクティブオフィス「北条SANCI」支配人。著書に『自己紹介2.0』(KADOKAWA)、『これからの僕らの働き方』(早川書房)がある。100BANCHメンター3期目。

mentor楠本 修二郎

カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長

1964年、福岡県生まれ。1988年、早稲田大学政治経済学部卒業後、リクルートコスモスを経て、大前研一事務所入社。平成維新の会事務局長に就任。2001年、カフェ・カンパニーを設立し、代表取締役社長に就任。“コミュニティの創造”をテーマに、およそ70ブランドを展開する他、地域活性化事業、商業施設のプロデュース等多様な事業を手掛けている。2010年よりクールジャパン関係の政府委員を歴任。(一社)東の食の会、(一社)フード&エンターテインメント協会、(一財)NEXT WISDOM FOUNDATIONの代表理事、東京発の収穫祭「東京ハーヴェスト」の実行委員長を務める。