7/6から9日間、渋谷で昆虫食からモビリティまで100年先の未来にワクワクする夏祭り『ナナナナ祭2019』を開催。パナソニックら3社が運営する実験区「100BANCH」による参加型イベント

パナソニック、ロフトワーク、カフェ・カンパニーの3社が運営する100年先を豊かにするための実験区「100BANCH(ヒャクバンチ)」が7月6日から9日間にわたって、複合型イベント『100BANCHナナナナ祭2019』を開催します。

『ナナナナ祭』期間中は、渋谷川沿いにある3階建ての建物と渋谷川前の遊歩道で、無料エキシビションや参加型のワークショップ、シンポジウム、音楽フェス、渋谷ツアーイベントなど様々なプログラムを実施予定です。

会期中は今注目の昆虫食、モビリティ、シェアリングエコノミー、ウェルビーング、STEM教育、サーキュラーエコノミー、アート、コミュニティなど、多様なテーマで40を超えるプログラムを展開。35歳未満の次世代リーダーが思い描く未来のあり方を世に問いかけ、来場者とともに深めていきます。創造力がみなぎる祭りをぜひ体感してください。

100BANCHナナナナ祭2019 開催概要

特設サイト: http://100banch.com/nanananasai/2019
開催期間:2019年7月6日(土)〜7月14日(日)
開催場所:100BANCH(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1)
入場料:無料(一部有料、チケット制)
主催:100BANCH ナナナナ祭実行委員会
協力:パナソニック株式会社/株式会社ロフトワーク/カフェ・カンパニー株式会社

ナナナナ祭の楽しみ方

シンポジウムやアクティビティ、ワークショップは事前申し込み制となっておりますので、Webサイトの各イベントページよりお申し込みください。また、エキシビションなどは、事前申込なしで何度でもご鑑賞いただけます。

■イベント
http://100banch.com/events_keyword/nanananasai2019/
※要事前申し込み。各イベントページの末尾に申込フォームへのリンクがあります。
 情報は随時アップデートしていきます。

■屋内エキシビション
http://100banch.com/events/18117/

■屋外エキシビション
http://100banch.com/events/18136/

 

未来をつくる実験区「100BANCH」とは

「100年先の世界を豊かにするための実験区」というコンセプトのもとに、これからの時代を担う若い世代とともに新しい価値の創造に取り組む活動です。パナソニック株式会社が創業100周年を迎えることを機に、「常識にとらわれない若いエネルギーの集まりが、100年先の未来を豊かにしていく」という思いから、株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社と共同で2017年7月7日に設立。そして、この2年間、「100BANCH」は、野心的な若者が未来を創造していく一歩を、24時間365日実験可能な場所とともに、年間約200のイベントをはじめ、SXSWやSlush、CESなどの大型展示会での発信の機会を提供して支援。活動場所などのハード面と、各分野の第一人者であるメンターによる知見というソフト面の両面から、累計125のプロジェクト(2019年5月末現在)の加速支援を行ってきました。

そんな「100BANCH」では常識にとらわれない野心的な若者達が、昼夜を問わずさまざまな活動を繰り広げています。100BANCHのミッションは、彼らとともに「つくりたい未来」「100年先を豊かにする未来」を創造すること。そして「100BANCH ナナナナ祭」は、何かに「発症」したように、ひたすら自らのつくりたい未来を追求している次世代リーダー達の熱気とその活動内容を体験いただける複合型イベントとなっています。
 

ナナナナ祭りの会場でもある「100BANCH」は、再開発の進む渋谷川沿いの倉庫を1棟リノベーションして作られた空間です。1階は未来に向け新たな食の体験を探求するカフェスペース「KITCHEN」、2階は35歳未満の若者リーダーがプロジェクトを推進するワークスペース「GARAGE」、ワークショップやイベントが行われるコラボレーションスペース「LOFT」-という3フロアから構成されています。また、2018年9月に整備された渋谷川沿いの遊歩道「渋谷リバーストリート」にも染み出して、一部プログラムを実施します。

SHARE

東京のまんなかで風疹の流行を止める!

​パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区 100BANCH」で活動しているストップ風疹ワゴンプロジェクトは、風疹の啓発活動や職場での風疹ワクチン接種の助成のためクラウドファンディングを開始しました。
風疹とは発熱や発疹、首のリンパ節の腫れなどの症状が出る、とても感染力の高い病気で、妊婦さんに感染してしまった場合、高い確率で赤ちゃんにも様々な影響(耳の病気90%、目の病気45%、心臓の病気)が出てしまう可能性があります。
ストップ風疹ワゴンプロジェクトは「東京で流行している風疹をとめること」をミッションに「総合診療医」、「産婦人科医」、「小児科医」や看護師などの医療従事者と、デザイナーや実際に企業で働いている会社員などの非医療従事者が集結したプロジェクトチーム。小さなワゴンを引いてコーヒーを配り、啓発活動を行うことから活動をスタートしました。
今回のクラウドファンディングでの支援は、啓発活動や職場での風疹ワクチン接種のために使用、妊婦さんや生まれてくる子どもたちにとって風疹の不安のない社会の実現を目指します。

風疹について

みなさんは風疹という病気をご存知でしょうか?風疹とは発熱や発疹、首のリンパ節の腫れなどの症状が出る、とても感染力の高い病気です。感染は飛沫(くしゃみや咳)で拡大し、感染力はインフルエンザの3〜6倍と言われています。

風疹の感染が大きな問題である理由は、妊婦さんに感染してしまった場合、高い確率で赤ちゃんにも様々な病気(耳の病気90%、目の病気45%、心臓の病気)が出てしまうからです。そして、その赤ちゃんは一生その病気と向き合っていかなければなりません。
2018年は風疹に感染した人は2013年に次いで2番目に多く、2806人でした。集団感染の多くが職場であり、特に風疹の感染は、20〜50代の男性が多いです。
企業で風疹についてもっと理解してもらいたいという医療者の想いからこのプロジェクトが始まりました。
 

クラウドファンディングの目的

ストップ風疹ワゴンプロジェクトでは、風疹ワゴンでコーヒー等を配って街を歩いて風疹の啓発活動のほか、企業での風疹抗体検査やワクチンの任意接種*の助成を行います。(*任意接種=希望された方のワクチンを接種)
今回のクラウドファンディングではみなさんからいただいた支援で企業での最低30人分のワクチン接種代金の助成に使用させていただきます。

 

・支援者へのプレゼント

3000円の支援から風疹啓発用のオリジナルクラフトタグをプレゼントします。
クラフトタグには風疹の病気や流行状況について、風疹ワクチンが接種できる医療機関のGoogle mapのQRコードなどが印刷されており、ペットボトルやお菓子につけて誰にでも渡しやすい形状になっています。

10000円の支援で風疹啓発用オリジナル絵本をプレゼント。
患者さんやそのご家族の取材をもとに絵本を作成します。素敵なイラストを添えた、大人の方に読んでもらいたい絵本です。

□クラウドファンディング
https://wonderfly.jp/cf/ideas/930

ストップ風疹ワゴンプロジェクトについて

「東京で流行している風疹をとめること」をミッションに「総合診療医」、「産婦人科医」、「小児科医」の先生や看護師さんなどの医療従事者と、デザイナーや実際に企業で働いている会社員などの非医療従事者が風疹の流行をとめるために協力してできたプロジェクトチーム。 
風疹ワクチンの巡回診療を行っている医療機関が少なく、この活動を普及させることにより風疹対策のために巡回診療が可能な全国の医療機関を増やすことを目指しています。
http://100banch.com/projects/16228

 

代表:西澤俊紀プロフィール

1992年愛知県生まれ。都内で総合診療医として勤務。2019年2月「ストップ風疹ワゴンプロジェクト」で全日本空輸株式会社よりPRIZE WINNERを受賞。2019年3月に佐賀県と佐賀大学医学部が主催した歩く仕掛けコンテストで小林遼と発表した「歩くオーディオガイダンス」が優秀賞を受賞。
 

SHARE

GarageProgramは7月入居プロジェクトを募集中

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社が共同で開設した100BANCHは、100のプロジェクトを生み出す「未来をつくる実験区」。核となるプログラム『Garage Program』では未来を追求する35歳未満の若者たちに、活動場所とメンターによるサポートを提供し、4月現在、118のプロジェクトが未来へ向けたそれぞれの実験に取り組んでいます。プロジェクトの100BANCHでの活動期間は3ヶ月、4月は7プロジェクトが入居しました。
地域での観光をテーマに新たな働き方を提案する『attender』、現役の研修医が中心となり風疹の啓発活動を行う『ストップ風疹ワゴンプロジェクト』や誰もが楽しめるかくれんぼの開発を目指す『Seek new game ; Hidden in the future』など100BANCHで活動するプロジェクトもさらに広がりを見せています。(7月入居のプロジェクト応募は5/27(月)23:59まで。)
また、4月に卒業するプロジェクトが「実験報告会」(4/25)にて100BANCHでの活動の成果を発表します。ぜひご参加ください。

4月入居プロジェクト

attender / 宮城 浩
「観光案内人」という新しい働き方!全国の知られざる魅力を発掘し観光をアップデート

▼プロジェクト概要
地方格差をなくす「観光案内人」という新たな働き方を創りだします。地方が好きだからこそ、その想いが「観光」に生まれ変わると考えます。「案内人×スポット」で、地方の知られざる魅力を発掘し、地方経済の活性化の一翼を担います。
http://100banch.com/projects/15862/

Scrap and Build / 日髙 成樹
社会の“当たり前”を壊し、自分の意思で決断できる未来を創造する。

▼プロジェクト概要
多様性が求められながら、“普通ではないこと”が否定される事もまだ多い現代社会は、むしろ多くの若者を混乱させてるかもしれない──。
Scrap and Buildは、環境や文化、特定の批判に惑わされずに意思決定するには「自分の思想」が必要だと仮定しました。この仮定を検証するため、独自の道を切り開いてきた先駆者へのインタビューを実践します。彼らがどんな過程でどんな思想を持つようになり、どんな意思決定を行ったのか、映像と文章を用いて掘り下げます。
http://100banch.com/projects/16352/

ストップ風疹ワゴンプロジェクト / 西澤俊紀
東京のまんなかで風疹の流行をとめたい。ストップ風疹ワゴンプロジェクト。

▼プロジェクト概要
企業で50人以上の職員に麻疹風疹ワクチン接種を行うため、2019年4月末〜6月末までANA WonderFlyでクラウドファンディングを開始します。この期間、渋谷で屋台を引いて医療者が街歩きし、風疹の啓発活動やイベントを行いたいと思っています。
http://100banch.com/projects/16228/

Fashion Revolution Japan / 鎌田 安里紗
ファッションの街・渋谷から、これからの服の生産と消費について考える。


▼プロジェクト概要
私たちが日常的に触れているもので、生産と消費のあり方を問い直されているものが大きく分けて3つあります。それがエネルギー、食料、ファッションです。最初の2つは現在大いに研究されていますが、今度はファッションの番であると考えます。渋谷区の基幹産業であるファッションを通して地球環境や労働環境の問題を考え発信していくことで、日本、そして世界中のファッション業界に影響を及ぼすことが期待できます。
http://100banch.com/projects/16249/

 

blindsoccer × movie / 岩崎 淳一
あなたも映画づくりの一員に!“奇跡の実話”を1万人の力で映画化させる!

▼プロジェクト概要
2010年に出版された『サッカーボールの音が聞こえる』という書籍を映画化するプロジェクトです。そのプロセスは単なる映画づくりではなく、1万人のサポーターの力を集結して映画化を実現させます。この映画を通じて、2020年の東京にて障がい者競技会場に足を運んでくれる人たちを増やし、「世界中のアスリートや障がい者を応援する」ことや共生社会の実現を目指していきます。『日本ブラインドサッカー協会公認』プロジェクトです。
http://100banch.com/projects/14248/

PROEC / 孫 寛貴
フィットネス人口を増やして、活き活きとした世界をつくる


▼プロジェクト概要
パーソナルトレーナー検索サイト「PROEC」(  https://www.proec.jp/ )により、日本のフィットネス人口を増やしたいと思っています。現在フィットネス市場は伸びていますが、多くの健康に対する課題が点在しています。これらの悩みを解決するサービスを創り上げ、世の中の人々が健康で幸せな人生を送られる世界を実現させます。
http://100banch.com/projects/16275/

未来のかくれんぼ / 高山 勝
日本をかくれんぼ大国にします。

▼プロジェクト概要
100BANCHでは、未来のかくれんぼを作ることを目標に活動します。具体的には、現代社会~未来社会のニーズに合う新しいかくれんぼを考える会議のようなハッカソンと、プレーパークで実戯する機会を1セットとしたワークショップを2つのイベントで1セットとし、3か月で3セットのイベントを行います。イベントには大きく「参加者」、「道具」、「場所」といった各テーマに沿って進行し、(5歳児と80歳が同じ戦力で共闘し遊べるルールとは何か? / 位置情報と音声スピーカーを使うならならどんなかくれんぼが楽しいか、折りたたみで使える隠れ場所を作れるか / 道路、商店街、マンション、森の中で、安全に遊ぶためには…等)イベントまでの常時は、ワークショップで出来上がったルールの世界観やストーリー作り、安全面の強化、開催可能場所の拡張、新しいおもちゃ(道具)の開発を行います。3か月後3つのイベント後のアウトプットには誰でも、どこでも遊べる新しいかくれんぼのルールブックと、おもちゃのプロトタイプを披露します。
http://100banch.com/projects/16327/

GARAGE Program説明会&実験報告会

GARAGE Programの応募を検討しているU35の方に向けて、プログラムの説明と100BANCHを観ていただけるイベントを開催します。また、入居プロジェクトの3ヶ月の実験報告会も同時に開催します。

▼内容
・100BANCH & GARAGE Program 概要説明
・プロジェクト実験報告会
<成果発表プロジェクト>
Colonb’s/zoojo/Capsules of artists/VEGETABLE BENTO/Papertype × Manga/e-kickboard sharing/Tokyo Re-cycle Projects 2021/Create Artists of Streaming Era/ANICAL
・100BANCH応募相談
・2F Garage見学会

▼概要
日時:2019年4月25日(木)19:30〜(開場19:00)
参加費:1000円(35歳未満の方は無料)
[参加特典]
参加者の皆さんは通常2,000円の1/100 BANCH BOOKを半額の1000円(税込)でご購入いただけます。
申し込み:こちらから→https://peatix.com/event/627251
詳細:http://100banch.com/events/16413/

​未来をつくる実験区「100BANCH」とは

「100年先の世界を豊かにするための実験区」というコンセプトのもとに、これからの時代を担う若い世代とともに新しい価値の創造に取り組む活動です。再開発の進む渋谷川沿いの倉庫を1棟リノベーションして作られた空間で、1階はカフェ・カンパニーが企画・運営する未来に向け新たな食の体験を探求するカフェスペース「KITCHEN」、2階は35歳未満の若いリーダーのプロジェクトを推進するアクセラレーションプログラム「GARAGE Program」などがメインで行われるワークスペース「GARAGE」、3階はパナソニックが次の100年を創り出すための未来創造拠点であり、夜や休日にはワークショップやイベントが行われるコラボレーションスペース「LOFT」から構成されています。
http://100banch.com/

SHARE

ダチョウ卵黄抽出物配合のキャンディ『花粉への挑戦状』発売!安全に食べられるダチョウ卵黄フードで健康に革命を起こす

ダチョウの卵から特殊な精製方法を経て得られる「ARSBULIN/アルスブリン」で人類に健やかな生活を!

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区 100BANCH」で活動しているVitaLonga株式会社は、日本の国民病となった花粉症に挑むべく、ダチョウ抗体の開発者・塚本康浩博士と共同でダチョウ卵黄から抽出されたオーガニックな成分「アルスブリン」を含むキャンディ「花粉への挑戦状」を発売しました。
「花粉への挑戦状」には気軽に食品に入れられるようになったダチョウ卵黄アルスブリンを配合、花粉アレルゲンを喉粘膜でブロックします。キャンディは化学甘味料などを用いない優しい黒糖味。花粉が多く飛んでいる環境に行かれる際にぜひお試しください。 
VitaLonga株式会社では誰もが気軽・安全に健康管理をできる社会を目指し、これからもダチョウ卵黄フードを提供していきます。

『花粉への挑戦状』について

ダチョウ抗体の生みの親である塚本康浩博士との共同開発によって商品化された、花粉が舞う季節に頑張る方へのキャンディ(アメ)です。
アメの中に入っているダチョウ卵黄抽出物のアルスブリンが喉粘膜を保護し、花粉アレルゲンをブロックします。 
スギやヒノキ、イネ、ブタクサなどに対応。 
花粉が多く飛んでいる環境に行かれる際におすすめ。 味は化学甘味料などを用いない優しい黒糖味です。

▼販売サイト
『花粉への挑戦状』 https://vitalonga.thebase.in/

▼代表取締役:井上雄介のインタビュー
http://100banch.com/magazine/16401/

抗体とは

 病気を防ぐための免疫システムでつくられるタンパク質の一種で、ある特定の病原体や物質など(これを抗原と呼ぶ)に反応して結合することで、その感染力をブロックしたり毒素や酵素を無毒化し、体を守ってくれます。
 身近な抗体活用の例ではインフルエンザのワクチン接種が挙げられます。簡単に言えば不活性化したウイルスを体内に取り込み人間の免疫に抗体を作らせて防御するのです。 
  抗体は免疫システムを利用するため、人間の体が多くの病原菌やウイルスに対応できるように、幅広い病原菌やウイルスに対抗でき、多くの病気から人類を守ることができる可能性があります。 

なぜダチョウなのか

動物抗体の世界を変える可能性があるのがダチョウです。 ダチョウは、平均寿命60年の長生きをするほど生命力に優れ、他の鳥類に比べて免疫力があって病気の感染に強い鳥です
 そんなダチョウの卵黄から作り出す抗体は、ウサギやマウスから作る抗体よりも、ウイルスや細菌などの病原体や、毒素や酵素を無害化する効力が高いと目されています。 
 また、ダチョウは世界最大の鳥で巨大な卵を産み、卵から抗体を抽出でき、問題となっていた大量生産やコストをクリアすることができます。 
 ダチョウ卵黄「アルスブリン」はオーガニックな成分です。卵アレルギーの原因となる卵白アルブミンが含まれておりません。

ダチョウ抗体の生みの親:塚本康浩氏

1968年京都生まれ。獣医学博士。京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授。ダチョウを用いた新規有用抗体の低コスト・大量作製方法の開発の研究を行っており、大学発ベンチャー「オーストリッチファーマ(株)」を設立。約500羽のダチョウを飼育し、卵から様々な抗体を精製、実用化を日々研究中。2009年産学官連携功労者表彰「文部科学大臣賞」受賞。「ダチョウ抗体マスク」をはじめ様々な製品開発に成功している。
http://dachou-koutai.com/

▼VitaLonga株式会社
古代ギリシアの医学者、『医学の祖』ヒッポクラテースの著書「箴言」の一節
“Ars longa, vita brevis(術は長く、命は短し)”にもあるように
「人の寿命は人生を満喫するには短すぎる」という現状を変えるべく、
「世界の人々の健康寿命を伸ばし、誰もが長く健やかな人生を送れること」に貢献します。
植物の力を給ぶ、得る。

お問い合わせ:info@vitalonga.jp
会社HP:http://vitalonga.jp/
twitterアカウント
https://twitter.com/VitaLonga_Japan
@VitaLonga_Japan

SHARE

『発酵ウコン味噌』本日(4/1)発売ー山梨県の甲州味贈+石垣島のウコンで日本のソウルフード「味噌」をアップデート

日本の伝統的な薬草文化を伝えるTABEL株式会社が甲州味噌・五味醤油と共同で製作

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区 100BANCH」で活動しているTABEL株式会社は、山梨県の甲州味贈を、石垣島のウコンと一緒に醸した『発酵ウコン味噌』を4月1日に発売します。山梨県甲府市で150年に渡り地元に愛される五味醤油さんと日本の伝統的な薬草文化を伝える食卓研究家・新田理恵(TABEL株式会社)が2年をかけて挑戦したこの味噌は、爽やかな香りが特徴の疲れた身体にも優しい逸品。新田が沖縄で出合った味噌をヒントに甲府味噌を醸造している五味醤油さんとのコラボレーションで新しい味噌作りに挑戦し、昔ながらの製法で、時間をゆっくりかけて丁寧に仕込みました。

◆ウコン味噌って?
ウコン味噌は、味噌にウコンを混ぜたものが一般的。今回は、味噌を仕込む段階でウコンを混ぜて一緒に発酵しているため、栄養成分のクルクミンも高まっています。
爽やかな香りのお味噌と、最高に栄養価も風味も高いウコンの奇跡的な出会い。ほっと一息、じんわりいたわりたい時におすすめです。

◆ウコンについて
鬱金/ウコン/Turmeric ショウガ科
性質:涼性/味:辛・苦/癒す五臓:心・肺・肝
この味噌では石垣島で育ったオレンジ色のスーパー秋ウコンを使用。
石垣島にある沖縄県の最高峰・於茂登山(おもとやま/標高526m)の麓で、農薬・化学肥料不使用栽培で太陽をたっぷり浴びながら育ちました。珍しい品種で、従来のウコンと比べて、なんと栄養成分のクルクミンは7〜20倍に高まり、根茎が濃いオレンジ色をしていることが特徴です。苦みなどが抑えられた香り高い風味が好まれ、収穫量も多いことから注目されています。

◆種類と販売サイト
◎甲府の発酵ウコン味噌:ノーマル 200g 860円(税別)/400g 1300円(税別)
お味噌汁にぴったり!

◎甲府の発酵ウコン味噌:特濃 200g 1600円(税込)/400g 1980円(税別)
ウコンがノーマルの10倍

https://tabeljpn.stores.jp/

 

▼伝統茶{tabel}

植物の力を給ぶ、得る。
{tabel}は在来ハーブをテーマにしてローカルの自然に即した生きる知恵を発掘し、おいしさと慈しみ、作り手や風土の魅力をお届けするブランドです。
北海道から沖縄までリサーチに出掛け、根付いた薬草文化と出会い、薬草茶などの商品を提案する伝統茶{tabel}を2014年より始めました。
西洋と東洋、伝統と科学の視点から一つ一つ検証し、からだで味わいながら、未来につなげたい仕事の在り方、健やかに暮らすことを探ります。
https://tab-el.com/

▼五味醤油
明治元年創業の五味醤油さんは甲府市にあり、150年以上、地元から愛され続けている天然醸造の味噌蔵。昔ながらの製法で、時間をゆっくりかけて丁寧にお味噌を仕込んでいます。
代表の五味仁さん、洋子さん兄妹が「日本のてまえみそ文化を残していくお手伝いができるみそ屋でありたい」という想いではじめた手前みそ教室も毎年人気!発酵デザイナーの小倉ヒラクさんも加わった3人のユニット「発酵兄妹」として、FM山梨で番組・COZY TALKも放送中。
・甲州味噌のこと
甲州味噌は米麹と麦麹をだいたい半分ずつミックスした合わせ味噌です。さぱりした米麹の味に、まろやかな甘みの麦麹の味わいが加わります。甲府の豊かな風土と知恵がぎゅっと詰まって生まれた、この土地ならではのお味噌です。
http://yamagomiso.com/

SHARE

WHAT IS ナナナナ祭

ナナナナ祭は「未来をつくる実験区 100BANCH」の夏の文化祭です。

文化祭の主役は未来をつくる野心的な若者たち。彼らのビジョンと個性が入り混じる、試作展示やイベントなど、実験的プログラムが繰り広げられます。

なかには、何度見ても何度聞いても理解できないものもあるでしょう。考えたことのないもの、フィクションと思えることもあるかもしれません。そんな不可解で非常識な実験を、間近で体験してください。

http://100banch.com/nanananasai/2019

2018のナナナナ祭ダイジェスト

開催概要

  •  イベント名:100BANCH ナナナナ祭
  • 開催期間:2019年7月6日(土)〜7月14日(日)
  •  開催場所:100BANCH(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1) 1F LAND/2F GARAGE/3F LOFT 
  • 入場料:無料(一部有料、チケット制)
  •  主催:100BANCH ナナナナ祭実行委員会
  •  協力:パナソニック株式会社/株式会社ロフトワーク/カフェ・カンパニー株式会社

SHARE

サンゴ礁を人工的に飼育し、海に返す体験をー。100BANCHで『渋谷にサンゴ礁を作ろう!』を開催

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区 100BANCH」で活動している『イノカ』がサンゴ礁ウィーク2019に参加し、『渋谷にサンゴ礁を作ろう!』を開催します。
「人と魚が寄り添う社会」を目指すイノカが実施するこのイベントはサンゴの小さいかけら『フラグ(fragment)』 を人工的に大きく育てて海に返すという、サンゴ礁の保全活動を体験するもの。参加者には親株のサンゴを折ってできたフラグを岩にくっつけ、 イノカが100banchで管理している水槽に入れていただきます。
水槽に入れたサンゴのかけらたちは、100BANCHの水槽で大きく育てて海に返すことで渋谷で育ったサンゴたちが自然にかえっていくまでを体験。参加者の方は、水槽でのサンゴの成長過程をオンラインでいつでもご鑑賞いただけます。
 
 
イベント開催にあたって

綺麗な海から離れた、東京という場所に住む方たちに、サンゴの生体を身近に感じてもらい、サンゴがどのように育つのか、どれほど「成長が遅いのか」を実感してほしい。サンゴ礁を破壊すると、元に戻すにはとても時間がかかるということを知っていただき、環境への意識を少しでも変えるきっかけになればとこのイベントを企画しました。ぜひご参加ください。

詳細はこちらご覧ください

http://100banch.com/events/15466

 

SHARE

様々な視点から「昆虫食」を見つめる5プロジェクトによる発表、展示、実食で「食」をアップデート!

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区 100BANCH」で冬籠りした虫が這い出る「啓蟄の日」に昆虫食がもつ隠された魅力や可能性、社会的な影響を複眼的に考える『昆虫食解体新書 #啓蟄祭』を開催します。
いまだにゲテモノ料理として食べることに違和感や抵抗を持たれることが多い昆虫食ですが、様々なジャンルのクリエイターが「昆虫」という未知な食材をそれぞれの視点から解体し、様々なカタチへとデザインされています。
3月6日の「啓蟄の日」は冬籠りしていた虫が這い出るとされる日。昆虫にとっての「生誕」、「目覚め」、「出発」の区切りとなる日に昆虫食をテーマに活動する5プロジェクトを招き、発表&展示・実食や交流を行うMeetUpイベントを実施。
実験的なアプローチでそれぞれが取り組むプロジェクトの展示&実食や今後の活動内容の発表と交流を通し新しいアイディアが生まれる場となることを目指します。

 
詳細はこちらのページをご覧ください。

SHARE

100BANCHで活動するORQUESTをはじめ、“映画館ではない場所” での映画の楽しみ方を提案する7団 体が登壇

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来 をつくる実験区 100BANCH」で活動している『ORQUEST(株式会社ポルトレ)』が“映画館ではない場所” での新しい映画の楽しみ方を提案するフォーラム型イベント「ニューシネマサミット~オープンイノベーショ ンで作る新しい映画体験~」を、株式会社ビジュアルボイスとの共催で開催します。 このイベントでは砂浜や森の中のキャンプ場、博物館や老舗レストラン、ドライブインシアターなど映画館で はない場所での上映イベントを企画している7団体の主催者による活動紹介やクロストークを通し、新しい映 画体験の価値や課題を共有するとともに、新しい映画体験の更なる発展を目指します。 さらに登壇するフロントランナーの皆さんと、これから上映活動を始めようとされている方や、上映ができる 場所をお持ちの方、何かの形でコラボレーションを考えている方々との間につながりを作るネットワーキング セッションも実施。コミュニティ運営に課題をお持ちの皆さん、「映画上映会」というアプローチを考えてみ ませんか?

・イベント概要

■日時:2月15日(金)18:30~21:30(開場18:00)
■会場:100BANCH 3F LOFT(渋谷区渋谷3-27-1/JR渋谷駅新南口から徒歩約2分)
■参 加 費:事前申込 2,000円/当日券 2,500円 ※満席の場合は立ち見でのご案内となります
■申込方法:https://sst-online.jp/magazine/3557/
■主催:株式会社ビジュアルボイス/ ■共催:株式会社ポルトレ

・タイムテーブル

18:30〜19:00 イントロダクション・ショートフィルム上映
19:00〜20:20 セクション1:ゲスト活動紹介
20:30〜21:00 セクション2:クロストーク
21:00〜21:30 セクション3:ネットワーキングセッション

 

・ゲストプロフィール

有坂塁(ありさか・るい)/移動映画館「キノ・イグルー」代表

フィンランド映画界の鬼才アキ・カウリスマキから直々に名付けられた「キノ・イグルー(kinoiglu)」、日本語訳で「かまくら映画館」の意。2003年に中学校の同級生である渡辺順也とともに設立。映画館やカフェ、本屋、雑貨屋、学校など様々な空間で、世界各国の映画を上映。映画のイメージにあわせた、コース料理やデザート、ライブ、写真展、イラスト展なども開催し、作品から広がる世界を表現している。
http://kinoiglu.com/ 

石原 弘之(いしはら・ひろゆき)/(株)ポルトレ「オフィスDEえいが」代表

1987年生まれ。愛知県江南市出身。フィルムメーカー。2015年(株)ポルトレを設立。2017年に浅草の老舗パン屋の商売哲学に迫った『74歳のペリカンはパンを売る。』を企画製作・配給し全国22館ロードショーを実現。中国での配給を実現。2018年にウガンダの子供達がミュージカルに挑戦する『シンプル・ギフト はじまりの歌声』を配給宣伝。好きな言葉は「故きを温ねて新しきを知る」好きな食べ物はうなぎ。
http://portrait-c.com/ode/

 

伊藤 大地(いとう・だいち)/株式会社ハッチ シアターイベント事業部

「Do it Theater」代表 “あたらしいシーンは、Theaterからはじまる”をテーマにイベントを企画プロデュース。累計3万人以上が来場する「品川 オープンシアター」や横浜赤レンガ倉庫を舞台とした「シーサイドシネマ」、ロックバンドSuchmosとタッグを組んだ 「DRIVE IN THEATER Suchmos」など、あらゆるスタイルの体験を意欲的に作り出している。
https://www.ditjapan.com/

 

唐品 知浩(からしな・ともひろ)/「ねぶくろシネマ」実行委員長

2015年12月より日本全国の遊休空間を活用して38回開催している「ねぶくろシネマ」の実行委員長。別荘専門の不動産 サイト「別荘リゾートネット」の運営をしながら、「ねぶくろシネマ」を主催する地元・東京都調布市の父親たちで結成 した街をリデザインする会社・合同会社パッチワークスのアイディア係長兼営業担当。
https://www.nebukurocinema.com/

 

ちゃっぴー(祖山 裕史)/「旅する映画館 café de cinéma」主宰

映画業界に憧れ、文化施設のコンサルタントからデジタルビジネスを経て、幾つかの企業で映画を中心としたVODサー ビスの立ち上げや企業の立ち上げに参画。現在はsimplpelplus合同会社を設立、主に映画のデジタル関連のライセンスやビジネスに携わる。café de cinémaはライ フワークとして、もっと映画を楽しみ語らうサロン的な雰囲気と場所を目指し、映画だけではなく上映場所や“何か”を合 わせた、気軽な上映会を日々開催している。
https://www.facebook.com/cafedecinema/

 

長島 源(ながしま・げん)/逗子海岸映画祭実行委員長、CINEMA AMIGO館長

1978年神奈川県逗子市生まれ。モデル、ミュージシャンとしても活躍。2009年、30歳の時に志津野雷(CINEMA CARAV AN 代表)と生まれ育った逗子にカルチャー発信型の映画館CINEMA AMIGOを立ち上げる。開館9年目のCINEMA AMIG Oは映画だけでなく逗子、葉山、鎌倉エリアの音楽、食、アートの発信基地として地元に愛される存在となっている。
https://zushifilm.com/

 

三宅 恭平(みやけ・きょうへい)/株式会社Construct film works代表取締役

香川県にてミニシアターの再建に従事し、2013年上京。2014年に上映企画宣伝配給会社として Construct film worksを個人事業としてスタート。野外シネマフェス『MUJINTO cinema CAMP』、イベ ント『NEW CINEMA DINING』などをスタート。2016年12月1日株式会社Construct film worksを設立。 代表取締役に就任。2017年11月に池尻大橋にてWhims coffee and barをオープン。『映画の生態系を つくる』をテーマに活動中。
http://constructfilmworks.com/

 

志津野 雷(しずの・らい)/CINEMA CARAVAN代表

1975年生まれ鎌倉育ち。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。幼い頃より自然に囲まれ、いつしかその尊く美しい様子 にファインダーを向け始める。近年、活動の場を国内外に拡げ、訪れた場所の背景にある文化やそこで暮らす人々に着目 し独自の視点で写真を撮り続けている。ANA機内誌「翼の王国」等雑誌、Ron Herman等広告撮影の他、現代美術作家栗 林隆氏、騎馬劇団『ZINGARO』ドキュメンテーションの撮影などARTISTとのコラボレーション制作にも力を注ぐ。201 6年には初の写真集「ON THE WATER」を発表。2017年には初監督作品「Play with the Earth」発表。逗子海岸映画祭を 立ち上げ移動式野外映画館『CINEMA CARAVAN』を主宰し、国内外で活動するなど、その活動は写真家の域を超えて多 岐に渡る。
https://www.raishizuno.jp/
http://playwiththeearth.com

 

<司会>
大竹 悠介 (おおたけ・ゆうすけ)/「ブリリア ショートショートシアター オンライン」

編集長 大学院でジャーナリズムを専攻した後、広告代理店勤務を経て現職。「映画体験の現代的な価値」をテーマに全国の取り 組みを継続取材中。ショートショートではWEBマネージャーやクリエイターコミュニティの運営を兼務。
https://sst-online.jp/

—————————————-

当プレスリリースURL
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000034018.html

100BANCHのプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/34018

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
100BANCH事務局 広報担当:則武・小仲
メールアドレス: press@100banch.com

SHARE

100BANCHのGARAGE Programに入居中の『アイカサ』がメガネスーパー都内30箇所にて導入、渋谷を飛び出して都内に進出を果たします。
現在渋谷区を中心に約90箇所で展開している『アイカサ』は1日70円で傘をレンタルできるシェアリングサービス。『アイカサ』を利用することで午後から雨予報の日でも傘を持たずに外出でき、一時的な雨のために傘を無駄に購入するようなこともなくなります。
春先にはメガネスーパー100店舗でのサービス拡大も検討中。好きな時に借りどこでも返せる、傘を持つ必要がない社会を目指します。
このたび、メガネスーパー導入を記念して2/28(木)まで利用料金3日間分(210円)が無料に!この機会にぜひご利用ください。
 
<サービス導入の背景>
ただでさえ視界の悪くなる雨の日。メガネを着用されているお客様からの『雨でメガネが濡れると凄く不快。拭いても水滴が取れず、視界が悪いままで、とてもストレスに感じる』という声をもとに、『アイカサ』の導入を提案し実現に至りました。メガネ着用者は勿論、メガネと普段は縁のない地域の方に向けても、メガネスーパーの店舗を通し『快適な雨の日ライフ』を提供します。
 
<メガネスーパー導入記念!利用料金無料キャンペーン>

2月1日(金)から、2月28日(木)までのアイカサ利用料金3日間分(210円)が無料に!
期間:2月1日(金)〜2月28日(木)
対象スポット:全てのアイカサスポット

<メガネスーパーより>
今回の提携は、お客さまの利便性の更なる向上のため導入いたしました。またメガネ、コンタクトレンズ、補聴器のお買い物やメンテナンスといった目的以外でも近隣の皆様との接点を創出し、お役に立つことで、当社店舗のご利用に繋がればと考えております。

導入店舗
三鷹コラル店/阿佐ヶ谷パールセンター店/高円寺パル店/MSCL大宮DOM店/永福町店/三軒茶屋店/溝ノ口本店/武蔵小杉店/吉祥寺ダイヤ街店/横浜西口店/新宿メトロピア店/池袋マルイ店/五反田エキナカ店/秋葉原駅前店/神田西口店/新橋外堀通り店/高田馬場本店/王子店店/渋谷松濤店/八重洲日本橋店/水道橋店/上野広小路店/カラール広尾店/麻布十番店/メガネスーパーコンタクト渋谷店/新宿中央東口店/四ツ谷駅前店/門前仲町店/神楽坂店/ビジョナリーホールディングス本社
 

傘のシェアリングサービス『アイカサ』とは


「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の傘のシェアリングサービスです。突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が上がった際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるサービスです。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし「雨の日のモビリティーサービス」としてのインフラを構築し完全に傘をシェアする社会をミッションにしています。
http://100banch.com/projects/13854/
https://i-kasa.com/

メガネスーパーとは
全国約389(グループ連結店舗数平成31年1月末日現在)店舗にて、お客様1人ひとり異なる眼のお悩みや生活環境に応じたアイケアサービス・商品を提供。メガネスーパーの強みは、累計1,000万人を超えるお客様の情報に基づいた「眼」に関する豊富な経験と知識、そして、長年研鑽を重ねてきたスタッフ達の技術水準の高さです。これらを活かして、当社は、お客様1人ひとり異なる眼のお悩みや生活環境に応じたアイケアサービス商品を提供。さらに、お客様のQOL(Quality of life/生活の質、人生の質)の向上につながるアイケアの可能性に挑戦し続けています。
https://www.meganesuper.co.jp

SHARE