INFORMATION

これからのコミュニティ

3F:LOFT

2018.Jul.01(Sun)

無料

100人

Jul.

01(Sun)

3F:LOFT

#シンポジウム

#シンポジウム

これからのコミュニティ

14:30-17:00 (開場 14:00) 
無料
定員100名

地縁から知縁へ。コミュニティのあり方が大きく変わりつつある現代において、ミレニアル世代はどのようにつながりを構築し、どんな関係性の中で生きていこうとしているのか?渋谷区の長谷部区長をゲストに迎え、これからのコミュニティのあり方を探る。

イベント概要

日程:7/1(日)

時間:14:30~17:00(開場14:00)

定員:100名

参加費:無料

タイムライン

第一部:シンポジウム

登壇者

  • 渋谷区|長谷部区長
  • biotope|松島宏佑
  • yadokari|柴田大輔
  • 東京銭湯|後藤大輔
  • BUSHOUSE|青木大和

 

第二部:TOKYO銭湯企画

Coming Soon

 

100BANCHナナナナ祭

「未来をつくる実験区 100BANCH」の1周年を記念して、夏の文化祭『100BANCH ナナナナ祭』を開催。 「次の100年へ」をテーマに、イベントやエキシビションなど30を超える様々なプログラムを一般公開します。1年間の軌跡、そして今を、ぜひその目でお確かめください。

GUEST

長谷部 健

渋谷区長

原宿生まれ、原宿育ち。(株)博報堂退職後、ゴミ問題に関するNPO法人greenbirdを設立したほか、NPO法人シブヤ大学、NPO法人ピープルデザイン研究所の創設にも携わる。2003年に渋谷区議会議員に初当選。以降、3期連続トップ当選を果たす。2015年4⽉27日、渋谷区長に就任。生まれ育った大好きな街、渋谷区のために汗をかく。

柴田大輔

コミュニティビルダー

幼少の頃から、家族・学校・社会のコミュニティに疑問を抱く。鎌倉を拠点にシェアハウスやゲストハウスを運営。また、カフェ・バル・家具屋に関わりながら、街のコミュニティーづくりを実践する。2017年4月よりBETTARA STAND日本橋のコミュニティービルダーになり、映画上映・まちづくり・地域と連携した飲食のイベントなど年間200本以上の運営・企画を行う。2018年5月よりTinys Yokohama Hinodecho のコミュニティビルダーとなる。

松島 宏佑

株式会社 biotope system designer

宮城県白石市出身。物理学科卒業後、島根県にある人口 2400人の島、海士町に移住。田舎ベンチャー企業にて新規事業開発に従事した後、東日本大震災で地元の宮城へ。コミュニティー支援や人材育成事業を行うNPOを設立。その後、東京の組織コンサルティングファームで活動し、宮城と東京の二点地居住を経て、戦略デザインファーム biotope に参画。表の顔として企業向けのビジョンデザイン支援を行いつつ、裏の顔として詩を書き続ける日々。

TOKYO SENTO

後藤 大輔

取締役番頭

「Tokyosento Inc.」取締役番頭。「Tokyosento Inc.」の経営する銭湯『喜楽湯』のマネージャー及び東京銭湯全体の会社運営を行う。新卒でNTTデータに入社。火消し役として数々のプロジェクトに参画し完遂。退社後は「Tokyosento Inc.」での活動だけでなく、フリーランスとしてベンチャー企業のPMO、学生支援PJのファシリテーター、SDGsの推進など。銭湯では「温冷浴」というお湯と水風呂を交互に入る入浴スタイル。

BUS HOUSE

青木大和

CEO

株式会社アオイエ代表取締役CEO

1994年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科在学中。2012年に若者と政治を繋ぐ活動を開始。その後、法人化し、18歳選挙権実現の立役者となる。その後若い世代の夢を描き、誰しもが表現できる場を創るために 2016年にアオイエを立ち上げる。2017年に法人化し、代表に就任。コミュニティを再定義し、価値観を変え、思想を変え、生き方を変えることを目指す。

HOSTED BY

100BANCH

INFORMATION

これからのコミュニティ

2018.Jul.01(Sun)

3F:LOFT

無料

100人

100BANCH 
〒150-0002 
東京都渋谷区渋谷3-27-1 
JR渋谷駅 新南口 徒歩2分

TICKET