INFORMATION

GARAGE Program応募者向け見学説明会&プロジェクト成果報告会

3F LOFT

2018.May.16(Wed)

参加費無料(ワンドリンク付き)

100人

May.

16(Wed)

3F LOFT

#オープンハウス

#オープンハウス

GARAGE Program応募者向け見学説明会&プロジェクト成果報告会

19:30〜21:30(開場:19:00) 
参加費無料(ワンドリンク付き)
定員100名

GARAGE Programの応募を検討しているU35の方に向けて、プログラムの説明と100BANCHを観ていただけるイベントを開催します。また、入居プロジェクトの3ヶ月の成果報告会も同時に開催します。

開始:19:30(開場19:00)
終了:21:00
参加費:無料
参加対象:
・Garage Programへの応募を検討されている方
・発表プロジェクトに関心のある方
・100BANCH自体に興味のある方

イベント内容
・100BANCH & GARAGE Program 概要説明
・プロジェクト成果報告会
・100BANCH応募相談
・2F Garage見学会

成果発表プロジェクト
・NIHONGO
・MUKU
・Nodoka
・Culture ShockS

GUEST

NIHONGO

永野 将司

代表

ダブルスクールで日本語教師資格を取得し、大学在学中の2007年から日本語を教え始める。これまでに国内外の大学・日本語学校などで1,000人以上の外国人に日本語を教えてきた。昨今の在日外国人の生活状況に危機を感じTokyo Startup Gareway 2017に応募し、ファイナリストに選ばれた。

MUKU

松田 崇弥

代表

1991年5月8日生まれ。岩手県出身。双子の弟。東北芸術工科大学 企画構想学科卒。本業は小山薫堂率いる企画会社オレンジ・アンド・パートナーズ、プランナー。MUKUの企画・プロデュース全般を担当。@muku_takaya

洪 秀日

Japan Expo日本支社にて日本企業の海外進出支援、伝統と現在の日本文化を様々な側面から紹介すると共に人的交流の促進、新しい市場開拓を目的とした展示会、イベントの企画・運営に携わる。東日本大震災後、NPO法人 PLAY FOR JAPANスタッフとして活動。2013年より拠点をニューヨークに移す。2016年NODOKAを立ち上げる。

Culture ShockSプロジェクト

安村 侑希子

出版社プロデューサー/Salmons メンバー

1987年愛知生まれの愛知&フィリピン育ち。一橋大学社会学部卒。大学卒業後、病院コンサルタント会社でのイラクやトルコ担当を経て、現在は出版社のプロデューサー。その傍ら「アフリカに心奪われる瞬間をプロデュース」をコンセプトに 3 人組ユニット Salmons(サーモンズ)として活動してきた。好きな言葉はチヌア・アチェベの「他人の物語が気に入らないのなら、自分の物語を書け」。

HACO

東出 風馬

株式会社Yoki 代表取締役社長

株式会社Yoki 代表取締役社長。1999年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部1年。2016年秋、高校2年 のときに東京都主催の「TOKYO STARTUP GATEWAY」に応募。テーマ「能動的かつ直感的なロボットで今までの情報端末の限界を超える。」で優秀賞を受賞。獲得賞金等で、 2017年2月、AI IoT時代にもっともユーザーフレンドリーとなる情報端末をつくることを目指し株式会社Yokiを創業。ミッションは、「このうえなく優しい情報端末をつくる」こと。現在は、HACOというカスタマイズ性の高いロボットを開発している。孫正義育英財団会員。

HOSTED BY

100BANCH

INFORMATION

GARAGE Program応募者向け見学説明会&プロジェクト成果報告会

2018.May.16(Wed)

3F LOFT

参加費無料(ワンドリンク付き)

100人

100BANCH 
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1 JR渋谷駅 新南口 徒歩2分

TICKET

参加はPeatixより申込みをお願いします。

UPCOMING