INFORMATION

昆虫食解体新書 #0 「味覚」+「情報」+「思考」

3F LOFT

2018.Apr.20(Fri)

2,500円

100人

Apr.

20(Fri)

3F LOFT

#ワークショップ

#ワークショップ

昆虫食解体新書 #0 「味覚」+「情報」+「思考」

19:30 - 21:30 
2,500円
定員100名

「昆虫食解体新書」

2018年春、冬籠りの虫が這い出る啓発の日に東京・渋谷にて昆虫食を美食及びアートとして昇華させることを目的とした実験家集団「Bugology」を結成。そんなBugologyが主催するイベント「昆虫食解体新書」を4月20日(金)に開催! 昆虫食をゲテモノ料理や食糧問題解決のいち手段だけではなく、「おいしい」の視点から昆虫にアプローチします!

「昆虫食解体新書」とは
食糧危機や環境問題の課題解決の未来の食材の手段として注目されている「昆虫」。「昆虫食解体新書」では様々なバックグラウンドや知識をもつゲストをお呼びし、カジュアルな形態に「昆虫食」を解体。新しい視点から彼らがもつ食材としての「おいしさ」をテーマに、おいしい、美しい「食」としてデザインし、彼らがもつ隠された魅力や可能性を複眼的に考える実験的なイベントです。

「味覚 (食)」+「情報 (生態)」+「思考 (デザイン)」 「昆虫」を解体する。

「味覚(食)」
おいしい「昆虫食」を考える

「情報(生態)」
情報から昆虫の輪郭を探る

「思考(デザイン)」
昆虫の構造を観察する

 
#0のプレイベントでは昆虫食のデザインをテーマに活動されている「高橋 祐亮」、FabCafeにて食に関する企画やリードバリスタとして活躍する「大西 陽」、京都でnokishita711やThe Roots of all evil.を手掛けるドリンクディレクター「セキネトモイキ」、徳島県立農林水産総合技術支援センターの「渡邉崇人」をゲストとしてお呼びし、「昆虫食」を解体。彼らがもつ隠れた魅力や可能性を「味覚(食)」・「情報(生態)・「思考(デザイン)」をテーマに実食とトークを交えて開催。昆虫を食材として食し、生物として知り、デザインやアート作品のように観察し、一緒に「昆虫」に秘められた魅惑を探ります!
Bugology /バゴロジー 【名】 常用外:Bug(虫)-ology(学問)

Bugologyとは
昆虫食を美食及びアートとして昇華させることを目的とした実験家集団。
高橋祐亮(デザイナー)、大西陽(プロデューサー、バリスタ)、セキネトモイキ(バーテンダー)によって2018年結成。
2018年春、当時高橋が常備していたタガメの魅惑的な香りに大西、セキネが引き寄せられ、そのまま意気投合。 それ以降「昆虫食がいかなる美食になりうるのか」を虫をむしゃむしゃ食べながら模索し「昆虫食解体新書」と名付けたイベントを4月20日に企画。 このイベントを皮切りに様々な業種、分野と昆虫食のマッチングを図ったイベントを定期的に開催予定。 業種、分野の垣根を昆虫という常軌を逸したテーマを介することで超克し、美食という身近なコンテンツに落とし込むことで興味の裾野を広げることを目指す。 テーマやや内容はあえて制限を設けないことでその都度、予想だにしていなかったことが起こる場を創造する

attention

イベント購入前に必ず以下のご注意事項をお読みください。

【アレルギー等の注意事項】
本イベントでは食用の「昆虫」を提供致します。アレルギー等へのご対応についてはご参加者様にてご判断、ご対応をお願いします。
※昆虫食には甲殻類(カニ、エビなど)等のアレルギーの可能性が含まれております。イベントで使用される食材へのアレルギー等に関して、ご不明、不安な点がございましたら、「info@fabcafe.com」までご相談をお願いいたします。

【飲酒に関する注意事項】
お酒をご提供するイベントとなります。
※未成年者のご入場は固くお断り申し上げます。
※年齢確認のため身分証明書をご提示いただく場合がございます。
※お酒をご提供するイベントになりますので、飲酒運転防止のためお車でのご来場は固くお断り申し上げます。
※飲酒運転は法律で禁止されています。電車・バスなどの公共交通機関をご利用ください。
※妊娠中や授乳期間中の方はご参加いただけません。

GUEST

セキネ トモイキ

Nokishita代表 / ドリンク ディレクター

京都市内で『クラフトジンとボタニカルカクテルの研究所』nokishita711、京都タワー地下に『The Roots of all evil.』を手掛ける。クラフトジンやクラフトカクテルの魅力に取り憑かれ、クラフトジンを広めるイベントの開催や、新しいジンの輸入、バーやカクテルのディレクションなどにも積極的に携わる。常に新しきを求め、様々な素材を用いた未知のカクテルを生み出す現代の傾奇者。

大西 陽

FabCafe Tokyo / リードバリスタ

ヨーロッパでデザインを学ぶも幅広い視点や思考を学ぶため2013年来日。多種多様なコミュニティを持つFabCafeに興味を抱き、2014年からバリスタとして勤務。様々な視点/経験を生かして多方面から食にアプローチをかける。食べること、実験的なことが大好き。
味覚デザイン研究所 : https://www.facebook.com/MikakuDesignLab/
FabCafe : https://fabcafe.com/tokyo/

HOSTED BY

F.I.E

高橋 祐亮

リーダー

デザイナー。東京芸大大学院デザイン専攻(慶應義塾大学SFC)。こんにちは!高橋祐亮と言います。慶應義塾大学SFCオオニシタクヤ研究室で昆虫食のデザインをはじめ、東京芸大大学院デザイン専攻須永剛司研究室に移った今も制作を続けています。昆虫食を単にゲテモノとして消費していくのではなく、「未来の一般食」にするために日々様々なアプローチから昆虫食をデザインしています。今回は未来の昆虫料理を制作します! 乞うご期待!

INFORMATION

昆虫食解体新書 #0 「味覚」+「情報」+「思考」

2018.Apr.20(Fri)

3F LOFT

2,500円

100人

100BANCH 
〒150-0002 
東京都渋谷区渋谷3-27-1 
JR渋谷駅 新南口 徒歩2分

TICKET

受付はPeatixで行います。

UPCOMING